銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

ニキビ

根本を改善して健康肌へ
皮膚科でのニキビ治療

ニキビの種類は、その状態により様々です。
原因は、ホルモン、皮脂分泌の増加、毛穴の詰まり、アクネ菌の増殖が関係しています。
どんな状態かによって治療のアプローチも異なります。
一人一人のニキビの症状に応じて安全な治療をご提案します。

原因と治療方法

ニキビの種類

ニキビには様々な種類があります。

白ニキビは、毛穴に詰まった皮脂が白っぽく見える段階です。まだ炎症は起きていません。
ポツンとした小さな白い点に見えますが、見逃してしまう場合もございます。
皮膚の内側では、毛根を包む組織である毛包が広がるとともに、アクネ菌が増え始めます。ファンデーションや洗顔石鹸を変えたり、普段気を付けていても、白ニキビの治りが悪い場合はピーリングをお勧めしています。不要な角質や、毛穴に詰まった老廃物を取り除くことでお肌を改善していきます。

黒ニキビは、先ほどの白ニキビの毛穴が開き、メラニン色素や毛穴に詰まった皮脂の酸化によって黒く見える状態です。こちらもまだ炎症は起きていません。黒ニキビは、正しい洗顔を行うことで改善していきます。
強い洗顔料でごしごし洗ったり、粘着力の強い毛穴パックで肌に刺激を与えることは、逆効果です。

あまり肌に強い力をかけて毛穴の汚れを取り除こうとすると、逆に毛穴が大きく開いてしまい、余分な皮脂や汚れを溜めこみやすくなり悪循環となります。より目立つ黒ニキビや、悪くするとクレーターのような穴が開いてしまう場合があるので要注意です。

赤ニキビは、白ニキビが悪化し、炎症が起きた状態です。
毛包では、増殖したアクネ菌が盛んに活動しています。
毛穴の中でアクネ菌が増殖して炎症を起こした段階です。痛みやかゆみが伴うこともあります。
赤ニキビは炎症がひどくなってしまったり長引かせるといわゆるクレーターのような、後々まで残る傷跡になってしまう可能性もあります。


黄ニキビは、先ほどの赤ニキビが進行し、化膿して膿が溜まった段階です。
中心に黄色い膿が見えるので、黄ニキビといわれています。
皮膚の内側では、アクネ菌が作った酵素のリパーゼが薄くなった毛包の壁を壊し、炎症を起こす物質が一気に毛包の外へ出てしまい、ニキビの炎症がまわりに広がってしまいます。
さらに、重症化すると、ニキビ跡ができてしまうおそれがあります。

 

治療方法

ニキビ跡

ニキビ跡は、ニキビの炎症や化膿が肌の奥にある真皮層にダメージを与え、傷跡として残ってしまう状態をいいます。
また、何度も繰り返すニキビの炎症の悪化や、ニキビを潰してしまうことも要因の1つです。

初期段階でご来院いただければ、短い期間での治療も可能ですが、ニキビ跡は特別な治療が必要となるため、長めの期間で計画を立てて改善していくことが大切です。

ニキビ跡やお肌の凸凹など、お肌の状態やお悩みに合わせた最適な治療をご提案いたしますので、ぜひご相談ください。

治療方法

難治性ニキビ内服薬 ロアキュタン®

重症の炎症性ニキビに効く薬を処方しています
難治性ニキビ内服薬 ロアキュタン®は、アメリカでは難治性ニキビの第一選択薬とされており、重症の炎症性ニキビ、難治性ニキビに対して高い効果が期待できるお薬です。

皮膚の皮脂腺からの皮脂の分泌を強力に抑えて、ニキビの炎症を沈静化することで重症のニキビを短期間で改善します。抗生剤の内服で改善が見られない方におすすめです。

皮脂の分泌抑制作用、角化抑制作用、アクネ菌に対する抗菌作用、抗炎症作用に優れているためニキビが劇的に改善します。
重度のニキビでお悩みの方はもちろん、中等度のニキビを早期に改善したい方にもおすすめします。
皮脂腺のサイズを小さくしたり、毛穴の引き締め、ニキビ跡の凸凹を滑らかにする効果も期待できます。

よくあるご質問

ニキビ治療は何回くらい施術が必要でしょうか?
ニキビは放置して悪化してしまうと深刻なニキビ跡になってしまうことがあります。状態にもよりますが、ニキビ跡の治療には肌の再生を促すダーマペンを3~5回行っていただくと改善されていきます。ニキビは生活習慣とも深い関わりがあります。生活リズムの改善や内服薬・点滴といった体の中からのアプローチもお勧めしております。