銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

しみ

シミの原因を追求し
より有効なアプローチで
改善に導きます

年齢を重ねるごとに、濃く浮き上がってくるシミ。子供のころからずっと気になっていたそばかす。
シミは、紫外線やホルモンバランスの乱れなどによって刺激を受け、過剰に生成された後、肌の中に残ったメラニン色素です。
カウンセリングを通してそれぞれのシミの原因を徹底究明し、お肌の状態に合った美肌へ導く治療をご提案します。

原因と治療方法

しみ(老人性色素斑)

一般的には、肌内部で過剰に生成されたメラニン色素の沈着によって起こるものを指します。
加齢と共に皮膚再生のサイクル、ターンオーバーが鈍ってくると、古い角質と同様、沈着した色素が肌に蓄積されてシミが色濃く浮き出てくるようになります。
紫外線を長年浴び続けてきた人ほどできやすいため、早めの対策が有効です。
色素斑のシミには、トリニティプラス(SR)によるレーザー治療が最もおすすめです。

治療方法

そばかす(雀卵斑)

そばかすは、遺伝的な要素でできるものを指します。
小さなシミが、鼻の周りを中心に散らばるように現れます。
子供のころから出はじめ、年齢を重ねるごとに薄くなる傾向がありますが、強い紫外線を浴びると濃くなる場合があります。
お顔全体に効果的にアプローチできるトリニティプラス(SR)での治療がおすすめです。

治療方法

肝斑

目の周囲を除いた頬の高い位置や額などに左右対称で現れます。
30代から40代に多く見られ、女性ホルモンが大きく関与していると言われています。
その他に妊娠やピル・心理的原因・皮膚への過剰刺激・そして紫外線など原因は様々に考えられます。
肝斑はレーザー治療などの強い刺激をあたえると悪化してしまう場合がございます。
トラネキサム酸等の美白内服薬の服用や、高濃度ビタミンC点滴など、根気よく治療を続けていくことが大切です。

治療方法

炎症後色素沈着

ニキビ、日焼け、やけど、怪我など皮膚がダメージを受けた場合、強い炎症により色素細胞が活性化され、色素沈着を起こしたものです。
通常は半年~1年以内には自然消失するのが一般的な認識ですが、受けたダメージの状況や、アフターケアの仕方によっては長く残存してしまうこともあります。そうならないために、必要に応じてアフターケアをしていくことが重要です。
当院では、トリニティプラス(SR)によるレーザー治療、ピーリングでの治療をおすすめしております。

治療方法

よくあるご質問

しみの種類が分からないのですが...
肝斑などはご自身では見分けがつきにくい場合もございます。カウンセリングで医師がしみの状態を確認し、お一人一人に合った適切な治療をご提案いたしますので、ご安心ください。
レーザー治療に痛みはありますか?
トリニティプラスは、軽い痛み程度なので麻酔も必要なく安全に治療ができます。痛みの弱い方は、ご相談ください。
日頃のケアで気を付けることはありますか?
しみは紫外線を浴びると再発しやすくなりますので、外出時は必ず日焼け止めを塗りましょう。
こするなど肌に刺激を与えないように注意してください。
また、ホームケアとして美白に効果的な内服薬の服用をお勧めしております。