銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

美容点滴の頻度はどれくらいが最適?代表的な4種類を例に詳しくご紹介

美容点滴 頻度

毎日サプリメントを欠かさず飲んでいるけど、いまいち思うような結果が出ない、そんな悩みを持つ女性は多いと思います。

毎日の食生活やサプリメントだけでは、身体に取り入れるには十分ではなく、限界があります。

そんな方のお悩みを最速で解決に近づけることが可能な美容点滴は、美白や美肌などの美容成分を、血管内に直接送り込む、高い効果が期待できる「治療」です。

しかしその美容点滴、打ち続けなければ効果が消えるのか、ペースは一定なのか、いつまで効果が出せるのか、コスト面など、十分検討しなければ、取り入れるのは難しいですよね。

クリニックそれぞれに用意されている美容成分は様々ありますが、ここでは、代表的な美容成分別に、効果を得るために必要な頻度、そしてその頻度で続けていくための予算など、詳しくご紹介します。

最近化粧ノリが悪い、シワが増えてきた、など、気になる症状に対抗する選択肢の一つにしてくださいね。

美容点滴について

美容点滴 頻度

女性にとって、肌の調子というのはその日1日のモチベーションを決める重要なファクターです。

そんな肌の悩みを解決する美容点滴について、特に知っておくべきポイントをご紹介します。

美容点滴のメリットとデメリット

美容点滴は高濃度の有効成分を直接血管に送り込むので、顔だけでなく身体全体にその効果が比較的早く表れます。

中には、気になる部分に即効で成果が表れる成分もあります。

しかしメリットばかりではありません。

血管に針を打ち、血管内に高濃度の有効成分を入れるので、針跡が赤くなったり、吐き気やめまい、頭痛などの症状が稀に現れたりと、全く副作用がないとは言い切れません。

有効成分に対してアレルギーを起こしたことがある場合は受けることができませんし、持病がある場合は医師と相談が必要であるなど、あくまでも医療行為と考えた方が安全でしょう。

相談は気軽にできますが、施術については医師とよく相談し、安心して治療を受けましょう。

美容注射と美容点滴、違いは何?

同じような治療に「美容注射」がありますが、点滴とは違いがあります。

使われる成分や出てくる効果には特に違いはありませんが、注射は1アンプル(1種類)ずつしか打てないのに対し、点滴は注射と同じ頻度で打っても数種類の成分を一緒に打つことが可能です。

数分で終わる注射に対し、成分を混ぜることができて打つ量も多くなる点滴は30分程の時間がかかり、その分効果が出やすく長持ちしやすいと言われています。

時間がない時は注射、結果をできるだけ早く出したい時は点滴という風に使い分けると便利です。

自由診療である

美容点滴と言えど「治療」となれば医師が携わりますが、美容点滴は自由診療になり、健康保険が適用できませんので、費用は高めになります。

有効成分や必要頻度により、納得する効果が得られるまでのコストはそれぞれ違います。

支払方法もそのクリニックによりますので、十分相談して計画的に支払いましょう。

代表的な美容点滴は主に4種類

美容点滴 頻度

高い効果が期待できる代表的な美容点滴は、以下の4つがよく知られています。

  • 高濃度ビタミンC点滴
  • 白玉点滴
  • プラセンタ点滴
  • αリポ酸点滴

まずはこれらの美容点滴について、詳しくご紹介します。

4つの美容点滴で得られる効果や頻度

美容点滴は、それぞれのクリニックで様々な成分を独自の配合で提供していますが、効果を発揮したい悩みについてはどこもほぼ同様です。

  • 美白したい、美肌になりたい
  • 顔のシワが気になる
  • 肌荒れが気になる
  • アンチエイジングしたい
  • 肝機能が落ちて、疲れやすくなった
  • むくみを取りたい
  • 便秘・二日酔いをどうにかしたい

以上のような肌の悩みを持つ方に是非試してほしい4種類の美容点滴について、見やすい一覧表にまとめてみました。

  高濃度ビタミンC点滴 白玉点滴 プラセンタ点滴 αリポ酸点滴
主成分 ビタミンC グルタチオン 胎盤(ヒト・豚・馬など) チオクト酸
効果 コラーゲン生成を促進・メラニン生成を抑制・抗酸化作用
健康促進 抗アレルギー作用

肝機能向上

更年期障害の改善 ヒアルロン酸の分泌を促進

肝臓の代謝を改善

ダイエット

解毒作用

頻度 最初の2ヶ月は週1回

その後は月1回

即効性がある

1〜2週間に1回

5~10回程で効果が出てくる

その後は月1回

最初の1ヶ月間は週1~2回

その後は週1回

(症状による)

2~3回で効果が出てくる

1~2週に1回

即効性はなく、数か月かけて緩やかに効果が出る

持続期間 長くても1週間 数日から1週間 2~3日 数日から1週間
副作用 発赤・腫れ・動悸・血管痛・痺れ・だるさ・悪寒・口渇・頭痛・発疹・掻痒感・ むくみ・発熱 頭痛・吐き気・出血・痛み・痒み・熱感 注射特有の痛みや赤み、内出血 吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、倦怠感、不眠
相場 1回約10~25g   8,000円~25,000円

クリニックによって1回の設定量や費用はバラバラ

600mg約5,000円前後~1,200mg約10,000円弱など

1回毎の金額だったり、200mgずつ追加可能だったり設定はそれぞれ

1A(0.4mg)あたり1,100円から

週に2~4本をすすめるクリニックもある

「1本550円で4本まで」から、1回10,000万円越えなどまで、クリニックによって大きくバラつきあり
その他 がん治療にも利用されている 海外セレブや芸能人などに人気 内科などでも取り扱いがある ビタミンC・Eのおよそ400倍の強抗酸化力

使用済みビタミンをリサイクル可能

※美容点滴の副作用に関しては、重篤に至るケースは滅多になく、副作用はほとんど無いか軽症と言われています。

※表示の費用の他に、初診料や問診料、オプション料金なども加算されます。

コラーゲン生成が促進されると、肌の弾力が戻り、ハリやツヤに繋がります。

メラニン生成の抑制は美白効果があり、抗酸化作用は老化防止、つまりアンチエイジングになります。

美容点滴は大抵この3つの効果がある上に、それぞれの成分独特の効果も期待できる優れものですが、点滴で身体に取り込んだ成分は、大体3日で体外に排出されてしまいます。

上記一覧でも分かるように、大体1週間に1回の間隔で打つのが効果的で、止めると約1週間ほどで効果が切れてしまいます。

効果が出るまで時間がかかる白玉点滴やαリポ酸点滴に関しても、急に元に戻るというものではないですが、推奨される頻度で打つことで、効果が継続します。

毎日でも打てる美容点滴もある

美容点滴の成分の中には1日に打てる限度がある成分があり、その量を超えることで、通常であれば滅多に出ることのない副作用が現れるケースや、またその一方でプラセンタのように、特に限度量がなく、毎日打っても問題ないとされている美容点滴もあります。

病気の治療として様子を見ながら増やしていき、美容目的で設定されている以上の量の投与が許可されている成分もあれば、上述したように、すぐには効果が出ない代わりに止めてもすぐ元に戻るわけではない成分もあります。

美容点滴はそのほとんどが、効果を長く保つために週一回程度の投与を推奨されますが、せっかく勇気を出して美容クリニックに相談しても、アレルギーや持病などで打つことができないものもあるなど、その取り扱いについてはデリケートな部分が意外と多いのです。

しかしそういった部分があるからこそ、安全に投与し、効果が期待できる最適な頻度で美しさを手に入れて頂くために、経験と知識が豊富な医師が相談を受け、施術することになっています。

美容点滴を続けたい方の為の支払方法

ある程度の頻度で通うことで効果が持続する美容点滴ですが、美しさを長く保つためには先立つものが必要です。

希望の成分を組み合わせると、1回の相場が上記で紹介した以上の金額になるケースもある美容点滴を、適正な頻度で続けていくために、様々な支払い方を用意しているクリニックも多くあります。

セット割や家族割、誕生月割りなどの各種割引制度や、現金・クレジットカード・医療ローンなどは一般的に用意されていて、最近ではサブスクリプション(定額制)を取り入れているクリニックもあります。

後払い制でお給料日前でも頻度を崩さず受診したり、前払い制で前もって予定を抑えられたりと、自分に合った支払い方ができるクリニックを選ぶのも、美容点滴の頻度を守る方法といえるでしょう。

まとめ

美容点滴の頻度について、代表的な4種類の点滴を例にご紹介しましたが、いかがでしたか?

どの点滴を選ぶかも大切ですが、最適な頻度を守りつつ継続することが、美しさを保つためのもう一つの大切なポイントだということが分かって頂けたかと思います。

女性には、忙しい日々を生きていくために必要な、数々の強みの中に「美しさ」を加えることができます。

そして、それは誰もが持てる訳ではなく、例えばこの「美容点滴」を知っているということで、それを持つ条件を満たすことに繋がるのではないでしょうか。

いうなれば「特別」である特権を、美容点滴で手に入れてみませんか?

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ほくろボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。