銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

ダーマペンは毛穴に効果あり?いちご鼻に効果を発揮する理由と併用すべきセルフケア

ダーマペン4

いちご鼻は、小鼻の毛穴がポツポツと黒ずみ、いちごの種のように見える肌トラブルです。メイクで隠そうとすると、ファンデーションが毛穴に入り込んで余計に目立ってしまうため、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

毛穴の詰まりを押し出したり、鼻用の剥がすパックをしたりして対処する方もいますが、それらの対処法は間違っており、いちご鼻をひどくしてしまう原因でもあります。

実際のところ、セルフケアのみで治すのは難しいケースもあるため、そのような方は美容医療の力を借りて治療を行うのが効果的です。

そこでおすすめなのが、毛穴治療として近年注目を集めている「ダーマペン」です。その最新機器である「ダーマペン4」は、従来よりも美容成分を肌の深いところへ浸透させられることで人気があります。

この記事では、鼻の毛穴が目立つ原因、ダーマペン4の詳細といちご鼻に効果を発揮する理由、併用すべきセルフケアについてご紹介します。いちご鼻にお悩みの方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

鼻の毛穴が目立つ原因

ダーマペン4

顔の中心にある鼻の毛穴は、どうしても目につきやすくお悩みの方も多いです。自分で気をつけてはいるものの、加齢や生活習慣などの影響もあるため、改善するのは非常に難しいものです。ではそもそも、なぜ鼻の毛穴が目立つようになってしまうのでしょうか。

ここでは、鼻の毛穴が目立つ原因についてご紹介します。

角栓

角栓は、ターンオーバーの乱れによって皮脂や古い角質などが詰まることで作られます。

正常な肌は、新しい細胞が下から少しずつ古い細胞を押し上げて剥がれ落ちていくことで、ターンオーバーが行われます。しかし、なんらかの原因でターンオーバーに乱れが生じると、未成熟な細胞が皮膚表面に増え、自然に剥がれ落ちなかった細胞が毛穴の中に残るという現象が起きてしまうのです。

以下は、ターンオーバーが乱れる原因の例です。

  • 不規則な睡眠
  • バランスの悪い食生活
  • 皮膚のバリア機能の低下
  • ホルモンバランスの乱れ

出来上がった角栓が毛穴に詰まり、酸化して黒ずむことでいちご鼻になってしまいます。角栓ができることで毛穴が開き、さらに皮脂や汚れがつまりやすくなるという悪循環も起こってしまうのです。

乾燥

一般的に脂性肌の方が、いちご鼻になりやすいイメージがあります。しかし実は、水分が不足している乾燥肌の方も注意が必要です。

肌にはもともと乾燥させないために、皮脂の分泌を促してうるおいを補い、水分の蒸発を防ぐ役割があります。皮脂が過剰に分泌されるということは、その分肌の水分量も少なくなっているということです。

水分量の少ない肌は硬くなり、毛穴も開きにくく皮脂が外に出にくい状況になってしまうため、ターンオーバーが乱れて角栓ができやすくなってしまうのです。

紫外線

紫外線はシミやそばかすの原因になるだけでなく、毛穴のつまりや黒ずみにも深く関わってきます。

紫外線を浴びると、肌にハリやツヤをもたらすコラーゲンやエラスチンなどの保湿成分の生成を滞らせ、肌の水分量を低下させるため、皮脂が過剰に分泌して角栓ができやすい状況になってしまいます。

また、そのダメージを放置してしまうと、毛穴が涙型に広がった「帯状毛穴」となる可能性も。肌内部の水分や弾力が不足して肌がしぼむと、毛穴をギュッと締める存在がなくなってしまい、毛穴が涙型に広がってしまいます。そしてその涙型に広がった毛穴同士がつながり、帯状毛穴になってしまうのです。

ダーマペン4の詳細といちご鼻に効果を発揮する理由

ダーマペン4

毛穴は一度広がってしまうとなかなか元に戻すことは難しく、セルフケアで黒ずみを除去するつもりが、間違ったケアで余計に毛穴を大きくしてしまう可能性があります。

そこでおすすめなのが、いちご鼻に効果的といわれている美容医療「ダーマペン4」です。

ダーマペン4は、極細の電動針で肌に穴を開けることで肌の自然治癒力を引き出すため、通常よりも多くのコラーゲンやエラスチンが分泌され、施術前より綺麗な肌を作り出します。

ここでは、ダーマペン4の詳細といちご鼻に効果を発揮する理由についてご紹介します。

ダーマペン4の特徴

ダーマペン4は、先端に16本の細い針がついたペン型の機器です。従来の機器では12本だった針を16本に増やし、これまでよりも施術時間が短縮されました。

ボタンを押すと振動する仕組みになっており、髪の毛よりも細い針が、肌へ1秒間に約1920個もの目に見えない小さな穴を開けます。

以下は、ダーマペン4の特徴です。

  • 痛みや出血、ダウンタイムが少ない
  • 一人ひとりの肌に合わせて針の深度や治療速度を調整できる
  • オプションで目的に合わせた美容液をダイレクトに浸透させられる
  • 小鼻などの細かい部分にも当てやすい形状
  • 従来のダーマペン3よりも多くの穴をムラなく素早く空けられる

ダーマペン4にはオートマチックバイブレーション機能が搭載され、従来よりも痛みや不快感の少ない施術が可能です。施術で空いた針穴は、数分から数時間で塞がります。皮膚の損傷も少なく、より安全に施術を行えるうえに、しっかりと効果を感じられます。

ダーマペン4の効果

ダーマペン4は、いちご鼻などの毛穴を改善できる治療として評判です。しかしダーマペン4の効果はそれだけでなく、以下のような肌悩みに効果を発揮します。

  • 毛穴の開き、いちご鼻
  • 小ジワ
  • シミや肝斑
  • たるみ
  • ニキビ、ニキビ痕
  • 傷跡、クレーター
  • ハリやツヤ、キメの回復
  • くすみ

また、再生医療としての効果だけでなく、目的や症状に合わせた美容液をプラスすることで効率よく美容成分を肌に浸透させ、さらなる美容効果も得られます。

ダーマペン4がいちご鼻に効果を発揮する理由

ダーマペン4は、肌の細胞を再生し、元の細胞よりもよい状態に生まれ変わらせる施術です。

ダーマペン4で空けた穴が再生されることで、皮膚のコラーゲンやエラスチンの生成を促進。そして、ターンオーバーを活性化して肌の水分量を回復します。皮脂の過剰分泌を抑え、毛穴に詰まった皮脂の排出を促進します。

これによって毛穴に角栓ができにくくなり、開いてしまった毛穴を引き締めて毛穴レスな肌へと導くのです。

ダーマペン4は、複数回施術を受けることでいちご鼻を改善できます。回数については個人差があるため一概にはいえませんが、平均すると5回程度の施術で効果を実感できるケースが多いようです。より高い効果を得るためには、ダーマペン4の施術を受ける前にピーリング治療などで肌を柔らかくしておくとよいでしょう。

併用すべきセルフケア

ダーマペン4

ダーマペン4は、いちご鼻の改善に効果を発揮する美容医療の施術です。しかし、あくまでも肌の自己再生能力を利用して毛穴を引き締めるものなので、セルフケアも併用して根本的な原因を改善していくことが大切です。

ここでは、ダーマペン4と併用すべきセルフケアを3つご紹介します。

クレンジングと洗顔

いちご鼻は、角栓の原因となる角質や皮脂を蓄積させないことが大切です。また、そこにホコリやチリ、メイク汚れなども角栓を固くする原因になります。せっかくダーマペン4で綺麗になった毛穴を保つためにも、正しいクレンジングと洗顔を併用するようにしましょう。

ただし、毛穴を綺麗にすることを意識しすぎて、クレンジングや洗顔をしすぎるのもよくありません。角質には肌の潤いを保つ保湿成分も含まれているので、必要な分まで洗い落としてしまうと、余計に皮脂が分泌される恐れがあります。

クレンジングと洗顔は、ゴシゴシと力を入れずに優しく洗うようにしましょう。

しっかりと保湿をする

クレンジングと洗顔で毛穴の汚れを綺麗に落としても、しっかりと保湿しなければ肌が乾燥して皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

化粧水や乳液は効果なものを使用しなくて構いませんが、たっぷりと使うことが重要です。そして、化粧水で補ったうるおいを逃さないように、必ず乳液やクリームで蓋をしましょう。

食生活や睡眠の見直し

せっかくダーマペン4の施術を受けても、日頃の食生活や睡眠など生活習慣に気をつけなければ、皮脂が過剰に分泌されてすぐにもとのいちご鼻に戻ってしまいます。

普段からファーストフードや揚げ物、スナック菓子などの脂っこい食べ物を控え、体の中からケアを行うようにしましょう。角栓を作らないようにするには、とくにビタミンCやビタミンA、ビタミンEなどを意識して摂取することをおすすめします。

また、睡眠時間をしっかりと確保し、早寝早起きを心がけることも重要です。適度な運動を取り入れるなどして、ぐっすりと眠れるようにしましょう。

まとめ

鼻の毛穴が目立つ原因、ダーマペン4の詳細といちご鼻に効果を発揮する理由、併用すべきセルフケアについてご紹介しました。

ダーマペン4は、肌が傷を治そうとする力を利用してコラーゲンやエラスチンなどの生成を促進する美肌治療です。毛穴を引き締める効果が期待できるため、気になるいちご鼻の改善にも効果を発揮します。

1回の施術でもある程度の効果を感じられますが、十分な効果を実感するためには、数回にわたって施術を受けると同時に、セルフケアを併用することが重要です。

いちご鼻を本気で改善したい方や、ダーマペン4の施術を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。