銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

マッサージピールはやりすぎるとどうなる?リスクと効果的な頻度

マッサージピール やりすぎ

マッサージピール(コラーゲンピール)は専用の薬剤でマッサージしながら肌に馴染ませ、拭き取る施術です。

剥離を引き起こしながら皮膚表面にアプローチする従来のピーリングとは異なり、真皮にまで浸透するためシミ・くすみ・肝斑など幅広いお悩みに対応しています。

しかし、マッサージピールはやりすぎると皮膚トラブルにも繋がります。マッサージピールを考えている方や自宅でセルフマッサージピールを試そうとしている方は是非参考にしてください。

マッサージピールとは?特徴と効果

マッサージピール やりすぎ

マッサージピールとは薬剤をマッサージしながら浸透させ、拭き取る施術です。

押し込むように塗るだけで皮膚の深い部分にまで浸透します。肌の弾力を司る線維芽細胞を活性化させることで、従来のピーリング効果に加え、細胞レベルでの効果が期待できます。

ここでは、マッサージピールの特徴や比較されやすいケミカルピーリングとの違いをご紹介します。

マッサージピールの特徴

マッサージピールはピーリングの一種で、真皮層に薬剤を浸透させ、細胞を刺激することで様々な美肌効果が期待できます。

マッサージピールに使用する「PRXT-33」という薬剤は新しいピーリング剤として開発されたもので、これまでのピーリングで懸念されてきたデメリットを克服した薬剤を使用しています。

強いピーリング効果と真皮まで作用するポイントは、「PRXT-33」の主成分であるトリクロロ酢酸(TCA)にあります。ニキビ跡や毛穴改善に使用されてきた成分であり、ピーリング効果や炎症反応、痛みも強くなるため約1週間程のダインタイムを要していました。

マッサージピールには、このトリクロロ酢酸が33%配合されています。高濃度でありながら独自配合の過酸化水素の働きで、強いピーリング効果はそのままに炎症反応のみを抑えている特徴があります。

また、強い美白効果が期待できるコウジ酸も配合されているので、美肌効果も得られながらダウンタイムは軽減できるのも魅力の一つです。

マッサージピールの効果

マッサージピールの主な効果は、以下の通りです。

  • ハリ
  • 毛穴の開き
  • シミ・肝斑
  • 肉割れ・妊娠線

真皮層にまで作用するマッサージピールは、皮膚内で細胞を刺激します。この刺激によってコラーゲンなどが増殖することで肌に弾力が増し、ハリ不足や小じわ、たるみによる毛穴の開きも改善が期待できます。

マッサージピールの薬剤に配合されているコウジ酸はメラニンの抑制効果があり、シミや肝斑、そばかすなどのメラニン生成による皮膚トラブルに効果を発揮します。

また、妊娠線や肉割れを薄くする効果も期待できます。

急激な体形の変化で皮膚が引き延ばされて起きる肉割れや妊娠線は真皮層に大きなダメージがかかります。マッサージや保湿などでのケアが良いとされていますが、できてしまった症状に対しては効果が期待できません。

真皮層に働きかけるマッサージピールは、ダメージにより断裂した肉割れや妊娠線を薄くする効果も期待できるでしょう。

マッサージピールとケミカルピーリングの違い

ピーリング効果が高い成分が高配合されているマッサージピールですが、一般的に知られているケミカルピーリングとはアプローチできる皮膚の層や効果・ダウンタイムも異なります。

ケミカルピーリングは、専用の薬剤を顔に塗布することで古い角質を剝がれやすくする施術です。ターンオーバーが乱れた肌はトラブルのある皮膚も表面に残った状態になり、自力で剥がれ落ちるには時間がかかります。

古く肥厚した皮膚に薬剤を用いて物理的に剥がすことで、ニキビ跡やごわつく肌などに効果をもたらします。

表皮層までに効果をもたらすケミカルピーリングは、表面に抱えるトラブルに効果的ですが剥離などのダウンタイムを考慮する必要があります。

一方マッサージピールは、表皮の更に深い部分にある真皮層にまで薬剤が浸透します。真皮層には皮膚の弾力には欠かせない成分を生み出す線維芽細胞があり、薬剤によって細胞を刺激することでヒアルロン酸やコラーゲン・エラスチンといった成分を生み出すので、別名コラーゲンピールとも言われています。

炎症反応を抑える特徴もあるので、ケミカルピーリングと比べダウンタイムも短い傾向にあります。

マッサージピールのメリット

マッサージピール やりすぎ

皮膚を剥離させずにコラーゲン生成を促すマッサージピールの施術を受けるメリットをご紹介します。

同じような効果が得られる他の施術と迷われた時などにご参考ください。

ダウンタイム・痛みの軽減

強いピーリング効果がある成分が高配合しているマッサージピールですが、独自配合されている過酸化水素の働きにより炎症反応が抑制されダウンタイムや痛みが少ないというメリットがあります。

真皮層にまでのアプローチはレーザーや針を使用した痛みが生じる施術が多い中、痛みやダウンタイムも短いことは魅力です。

稀に隔離が起きた場合でもスキンケアやメイクで隠れる程度であることがほとんどのため、ダウンタイムが取れない方にもおすすめの施術です。

施術時間が短い

マッサージピールの施術内容は、専用の薬剤を塗布し拭き取るという内容です。薬剤塗布時間は長くないので、施術時間は約10~15分程で完了します。

ダウンタイムが短い上に施術時間も短いので予定の調整がつけやすく、隙間時間にも受けられる施術としておすすめです。

マッサージピールはやりすぎるとどうなる?危険性と副作用

マッサージピール やりすぎ

マッサージピールをやりすぎだと感じる施術ペースや症状はどんなものでしょうか?施術頻度や効果をご紹介します。

マッサージピールはやりすぎると危険?

マッサージピールはダウンタイムが短く、剥離なども起きにくい施術です。

しかし、短期間のうちに何度もマッサージピールをやりすぎると、肌の負担になりさまざまなトラブルにつながる可能性があります。

やりすぎた時に起きる肌の症状は以下の通りです。

  • 乾燥
  • 炎症
  • ビニール肌

剥離が少ないとはいえ、ピーリング効果もあるマッサージピールをやりすぎると、肌の乾燥に繋がる恐れがあります。極度に乾燥することで起きる皮膚トラブルも考えられますので注意が必要です。

また、マッサージピールをやりすぎると、皮膚表面にあるバリア機能低下につながることも。肌のバリア機能には、有害物質から身体を守ってくれる働きがありますが、この機能が正常に働かないことで紫外線などから皮膚を守ることが出来なくなり、シミができやすくなります。

角質層が薄くなることでキメがなくなり、ビニール肌になることもあります。

ビニール肌は、一見ビニールのように凹凸のないツルツルした肌のようにも見えますが、皮膚が薄くなることで起きる現象なのでこの状態もバリア機能が低下していることを示しています。

全て皮膚を過剰に薄くした結果として考えられる症状なので、マッサージピールのやりすぎには注意が必要です。

マッサージピールの副作用

マッサージピールで起こることがある副作用は、以下の通りです。

  • 赤み・ヒリつき
  • かさぶた
  • 剥離
  • 極度の乾燥
  • 膨疹

剥離や痛みなどが少ないといわれているマッサージピールですが、個人差によって症状が起きる場合もあります。

これらの症状は薬剤に過剰に反応したり、体調や皮膚状態によって起こることがあります。薬剤を塗布した時や浸透の過程でピリピリ感や火照ったように感じる場合も考えられます。施術中にこのような症状は自然に落ち着きますが、痛みやほてりが強い場合はすぐ相談しましょう。

施術後、稀にかさぶたができることがありますが、無理に剥がさすと色素沈着になる可能性もあります。

また、蕁麻疹のような赤みに浮腫みが重なったような膨疹といわれる症状も副作用の一つとして考えられます。

副作用やなかなか治まらない場合や、気になる症状が見られた場合は早めにクリニックに相談しましょう。

マッサージピールを受ける適切な頻度・間隔

マッサージピールをやりすぎると肌に負担がかかり、効果も下がってしまいます。

マッサージピールは1~3週間ほど空けると施術が可能で、薬剤を用いた医療施術としては短いスパンで受けられます。

このペースで5回程繰り返すことを1クールとして推奨していることが多く、その後はメンテナンスに1~2か月に1回のペースに施術ペースが変わります。

ただし、一人ひとりの肌状態によっても異なるので、信頼できる医師に相談して、適切な間隔で施術が受けられるようにしましょう。

まとめ

ダウンタイムや施術時間も短く、負担が少なく受けられるマッサージピールですが、やりすぎると逆に肌の負担になり、トラブルにつながる可能性があります。

推奨されている施術頻度や回数、肌の状態を考慮した上で、自分に合った施術が受けられるよう医師としっかり相談しましょう。

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。