銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

フォトRFは2回目の施術で変化を感じにくい?効果を高める3つの方法を紹介

フォトRF

年齢を重ねた肌は、シミやたるみ、小じわなどのさまざまな症状が現れます。それらのお悩みに対して現在多くの美肌治療が存在し、日々進歩し続けています。

最近の美容医療業界では、肌の若返りを意味する「リジュビネーション」という言葉がよく使われるのをご存知ですか?シミや肌のくすみ、小じわなどを改善し、肌のハリやツヤをアップすることで、肌全体の若返りを図るのがリジュビネーションです。

光によるリジュビネーションは、フォトフェイシャルという名称で人気の治療法ですが、近年「フォトRF」という新しい治療法が誕生し、さらなる進化を遂げています。

ただ、このフォトRFは「1回目の治療では大きな変化を感じられたが、2回目はあまり効果を感じられなかった」という声があるのも事実です。

そこでこの記事では、フォトRFの詳細と2回目の施術で変化を感じにくい理由、フォトRFの効果を高める3つの方法をご紹介します。これからフォトRFを受けようと思っている方や、2回目の施術効果に疑問を感じている方はぜひ最後まで読んでみてください。

フォトRFとは

フォトRF

フォトRF(オーロラ)とは、光と高周波で肌を若返らせる画期的な美肌治療です。フォトRFの施術を調べるとよく「オーロラ」と表記されていますが、これは施術に使用される機器の多くがオーロラという名前であるためです。

従来の光治療で用いられていた、IPLという光エネルギーをさらに進化させたAPL(アドバンスト・パルス・ライト)と、RF波という高周波エネルギーの組み合わせにより、肌の真皮層まで効率的に働きかけます。

これまでの治療法よりも奥深くまで熱エネルギーを浸透させられるため、肌の表面にできたシミやそばかすだけでなく、たるみや小じわまで改善します。

以下は、フォトRFの主な効果です。

  • シミやそばかすの改善
  • たるみや小じわ改善
  • ニキビ、ニキビ痕改善
  • 肌の赤み改善
  • 毛穴の引き締め
  • キメを整える
  • 肌のハリをアップ
  • 細い毛の脱毛効果

フォトRFは、施術による火傷防止システムを搭載し、アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)に承認されている安全な治療法です。

肌にダメージを与えることなくメラニンの排出を促進し、それと同時に真皮層のコラーゲンの産生を促進。美肌へと導きます。痛みやダウンタイムもほとんどないので、はじめて美容医療を受ける方にもおすすめです。

フォトRFの2回目の施術で変化を感じにくい理由

フォトRF

フォトRFは光を超えたスキンケアといわれ、シミやそばかすだけでなく肌のハリやツヤ、小じわなどの肌悩みまで改善します。

はじめて施術を受けた方は、その効果の高さに驚かれることがほとんどです。しかし2回目の施術を受けた方の中には、はじめてのときほど効果を得られなかった方もいるようです。

ではなぜ2回目の施術では、1回目ほどの変化を感じられなかったのでしょうか。

1回目の方が高い効果を得られるから

一般的にフォトRFは、1回目の施術により効果を実感できます。その理由は、まだフォトRFを受けたことのない肌は全体的にくすんでいるため、弱い出力の施術でも反応するからです。2回目の施術では1回目ほどの変化を感じられないと思うかもしれませんが、実感はなくても確実にシミは薄くなっています。

2回目の施術を受けるとコラーゲンの産生がさらに促進するため、シミの改善効果よりも肌のハリが1回目の施術後よりもアップしたり、小じわが減ったりといった効果を感じられます。

肌の奥にあるシミやそばかすが出てくるから

シミは、肌の中に層のようにできています。そのため、1回目の施術後に消えたと思っていても、時間の経過とともに肌の奥にあるシミの層が表面に出現します。

1回目の施術時には肌の表面に存在しなかったシミやそばかすが、レーザーを打った瞬間から出てくるため、2回目の施術後の方が肌が汚くなってしまったように感じられることもあるでしょう。

とくに若い頃から存在しているシミやそばかすは、年齢とともに肌の深い層に押し込められている状態になるので、定期的に施術を受けなければシミをなくすことはできません。

施術者が1回目と違う

フォトRFは、シネロン社というメーカーの医療機器を使用した美容医療の技術です。高出力での施術が難しく、施術者の技術によっては効果がしっかり出ない場合もあります。

一般的に、美容医療は痛みと効果が比例するといわれています。もちろん痛みが強すぎる施術は火傷などのリスクも高まるため危険ですが、痛みをまったく感じない場合は効果が薄いでしょう。

また、フォトRFはクリニックによって1回の施術で行うショット数が変わってきます。1回目とは異なるクリニックで2回目の施術を受ける場合、ショット数が少ないと1回目ほどの効果を感じられない可能性が高くなります。

フォトRFの効果を高める3つの方法

フォトRF

フォトRFは、フォトフェイシャルの進化版として、近年美意識の高い方たちの間で人気の施術です。高額になりがちな美容医療の中では、比較的手頃な費用で施術が受けられることもあり、美容医療デビューにもおすすめできます。

せっかく美容医療を受けるのですから、その効果を最大限に感じられるよう、ここではフォトRFの効果を高める3つの方法をご紹介します。

医療機関で施術を受ける

フォトRFを含む美容系の施術は、施設によって作用や効果がまったく異なるものです。よく費用が安いからとエステで施術を受ける方もいますが、医療機関で行われるフォトRFとは別物ですので注意しなければいけません。

エステでのフォトRFは、効果よりも安全性が重視されており、出力が極端に抑えられています。そのため、痛みや副作用のリスクなどもなく安全ですが、そのかわり効果も低いといえるでしょう。

一方、医療機関のフォトRFは、肌の仕組みなどをきちんと理解している医師が施術を行います。患者さん一人ひとりの肌の状態や要望に合わせた最適な出力で施術を行うため、非常に高い効果を感じられるのです。

せっかくのフォトRFの効果を最大限に感じるためにも、医療機関できちんと医師の診察を受け、最適な出力、打ち方による施術を受けるようにしましょう。

他の治療法と併用

フォトRFは、他の美肌治療法と併用することでより効果を発揮する施術です。患者さんの肌悩みによって適した組み合わせは異なりますが、以下のような治療法と併用されることが多いです。

  • ウルセラ
  • サーマクール
  • イオン導入
  • ケミカルピーリング
  • レーザートーニング
  • アンチエイジング点滴

同じ照射系の施術だけでなく、イオン導入やケミカルピーリングなどとの併用も人気があります。また、内側と外側の両面から美しくなりたい方は、アンチエイジング点滴などとの併用が非常に効果的です。

クリニックによっては、他の治療法とフォトRFを併用すると特別価格で施術を受けられる場合があるので、カウンセリング時に確認してみるとよいでしょう。

定期的に施術を受ける

フォトRFは、ほとんどの場合1回のみの施術でも効果を実感できますが、2回目、3回目と定期的に受けることでさらなる効果を発揮します。

これはそもそもフォトRFを含む光治療は、肌への負担を考慮して複数回施術を受けることが前提となっているためです。高過ぎない最適な出力での照射を複数回繰り返すことで、できるだけ肌への負担やダウンタイムを軽減させています。

シミやそばかす、たるみなどの年齢によるお悩みは、常に肌の中で新しく作り出されるものです。定期的にフォトRFを受けることで、いつまでも若々しい肌を保ちましょう。

ちなみに、フォトRFの費用相場は1回1万円から3万円程度です。クリニックによっては、5回や10回などのセット料金でリーズナブルに施術を受けられる場合もあるので、カウンセリングで確認してみることをおすすめします。

まとめ

フォトRFの詳細と2回目の施術で変化を感じにくい理由、フォトRFの効果を高める3つの方法をご紹介しました。

フォトRFは、光エネルギーと高周波の力によって高い美容効果が得られる次世代の治療法です。1回の施術で高いアンチエイジング効果が実感できると話題になっていますが、その一方で2回目の施術では効果があまり感じられないといった声も聞かれます。

たしかに1回目ほど目に見える劇的な変化はないかもしれませんが、実際には2回目、3回目と回数を重ねるごとにシミが薄くなっています。

しかし患者さんの肌の状態などによって個人差もありますし、クリニックによってもショット数や施術者の技術などで効果に差が出る場合もあります。

フォトRFを検討している方は、信頼できるクリニックで施術を受けられるように、事前の情報収集をしっかりと行うようにしましょう。

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。