銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

PRP療法の具体的な失敗例とは?修正法と施術を受ける前のリサーチが大切な理由

PRP 失敗例

近年、SNSなどでも美容医療についての投稿が増え、徐々に美しくなることや年齢に伴う変化を緩やかにする施術に対する認識が変わりつつあります。とくに女性の美への関心は高く、さまざまな雑誌でも特集が組まれるほどです。

これまでは、美容医療と聞くと顔や体にメスを入れるような手術を行うイメージが強く、人にはなかなか言えないものでした。しかし最近では、メスを使用せずに注射やレーザーのみでさまざまなお悩みを解消できる施術がたくさん登場しています。

その中でも、アンチエイジングに興味のある方々から「PRP療法」という施術が人気を集めているのをご存知ですか?

しかし、人気に伴って「PRP療法で失敗した」という声も聞かれるようになり、施術を検討している方の中には、不安で施術をためらっている方もいるようです。

そこでこの記事では、PRP療法の詳細と具体的な失敗例、失敗したときの修正法、施術を受ける前のリサーチが大切な理由についてご紹介します。

PRP療法とは

PRP 失敗例

PRP療法とは、患者さん自身の血液を採取して加工し、注射をすることによってシワやたるみを改善する治療法です。

日本語では、多血小板血漿といい、血液を遠心分離機にかけることによって血小板を取り出し、薬剤を加えるなどした後に患者さんの皮膚へ直接注入します。人間が生まれながらにして持っている自然治癒力を利用するため、安全性が高く、美容医療や整形外科分野でなどで広く活用されています。

以下は、PRP療法の美容分野における効果の例です。

  • 肌に弾力やハリを出す
  • 小ジワやシワの改善
  • ニキビ跡の凹みを改善
  • 目の下のたるみやクマの改善

PRP療法は、血小板の止血作用や細胞を治す働きを利用して、血管新生や線維芽細胞活性化、コラーゲン産生を促進するなどさまざまな効果をもたらします。額や眉間、目元、頬の凹みやほうれい線、首などいろいろな部位に適応するため幅広いお悩みの改善が期待できます。

PRP療法の具体的な失敗例

PRP 失敗例

PRP療法には患者さんの血液から抽出した血小板のみを使用する方法や、成長因子などの成分を添加してさらに効果を高める方法があり、クリニックによってさまざまな方法があります。

では、PRP療法の失敗には、具体的にどのような例があるのでしょうか。ここでは、成長因子を含まない方法と含む方法の失敗例をそれぞれご紹介します。

成長因子を含まないPRP療法の失敗例

成長因子を含まないPRPは、患者さんから採取した血液より抽出した多血小板血漿です。非常に安全性が高く、アンチエイジング効果も得られることで話題となっています。

しかし、成長因子を含まないPRPを用いた施術では、患者さんから採取した血小板の質によって、効果の現れ方に差が生じます。そのため、場合によっては思ったような効果が得られず、満足のいく結果を得られないことも。

深いシワがある場合、注入するPRPの質によっては改善が見込めないケースもあるので、その場合は成長因子を含むPRP療法を検討してみるのも一つの方法です。

また、PRP療法は効果が現れるまでに2〜3ヶ月ほどかかるため、時間が経過するにつれて徐々にシワやたるみが改善されます。効果が現れるまで、焦らず気長に待つとよいでしょう。

成長因子を含むPRP療法の失敗例

患者さんの血液から抽出した血小板にも成長因子は含まれています。それだけでも効果は十分にありますが、さらに高い効果を得たい場合は、患者さん自身の血小板に成長因子を添加したPRPを用いて施術を行うことで、効果を最大限に感じられるようにします。

ただ、成長因子を含むPRP療法では、予想以上に効果が高く出てしまうケースもあるので注意が必要です。

予想以上に効果が高く出てしまう

成長因子を含むPRPの注入量や濃度の見極めを誤ると、注入した部分が膨らみ過ぎてしまったり、しこりができたりするケースもあります。

薬剤を注入した肌の内部では、成長因子などが線維芽細胞を刺激してコラーゲンを増生し、内側からシワやたるみを押し上げてくれます。しかし、どのくらい効果が現れるのかを予測することは非常に難しく、予想以上に効果が高く出てしまう可能性もあるのです。

しかも、効果の現れ方には個人差が大きいので、一般的に適切といわれる注入量や濃度のPRPを注入したとしても、膨らみやしこりができてしまうケースもあります。

そうならないためには、患者さん一人ひとりの症状や皮膚に適した注入量を見極める経験と、技術力を持った医師の施術を受けることが大切です。

稀にアレルギーや細菌感染を起こす可能性がある

成長因子を含むPRP療法は、患者さん自身の血液の中に含まれる血小板に成長因子を添加した薬剤を使用しますが、アレルギーや細菌感染の可能性が非常に低い安全な施術です。

しかし、血液採取後に人の手によって血小板を取り出す作業や、成長因子を添加する作業を行うこともあり、その段階で細菌に感染することもあり得ないとは言い切れません。

万が一、施術後に赤みや腫れ、過剰な皮膚の膨らみなどを感じた場合は、細菌感染やアレルギーなどが疑われます。おかしいと思ったら、我慢せずに医療機関を受診してください。

PRP療法で失敗したときの修正法

PRP 失敗例

PRP療法は、メスを使用せずにさまざまな肌悩みを改善できる最先端の再生医療です。

PRPを注入することによって、新しく細胞が作られるように働きかける作用のある成長因子が放出されるため、コラーゲンが増生され、肌の新陳代謝が促進されます。

症例数の多いクリニックで正式な手順を踏んだPRP療法を受ければ、ほとんど起こらないことですが、場合によっては効果が感じられなかったり、しこりや膨らみができてしまったりすることも。

万が一そのような事態になった場合には早急に医療機関を受診し、修正してもらうようにしましょう。ここでは、PRP療法で失敗したときに医療機関で行われる修正法をご紹介します。

ケナコルト注射を打つ

PRP療法でできたしこりや膨らみは、ケナコルト注射と呼ばれるステロイド注射によって修正できます。

ケナコルト注射は、瘢痕化した組織などに注入することでしこりを小さくする薬剤です。

副腎で作られるステロイドというホルモンには、局所の炎症を抑えたり細胞を萎縮させたりする効果があります。ケナコルト注射は、ステロイドが注入された箇所に2〜3週間とどまり、徐々に溶け出しながら吸収されていきます。

ステロイドは他にも種類がありますが、ケナコルト注射は局所にステロイドを24時間、数日間にわたり持続的に注入したのと同程度の効果が出るため、1度の注射でしこりや膨らみを修正する効果を得られるのです。

再施術を受ける

成長因子を含まないPRP療法を受けて思ったような効果を得られなかった場合、再施術を受けることで修正できる可能性もあります。様子を見ながら数回注射をすると、変化が現れるでしょう。

また上述の通り、高い効果を実感するためには、注入する血小板の質と濃度が重要です。早く効果を得たい場合は、成長因子を含むPRP療法への切り替えを検討するのも一つの方法だといえます。

クリニックによっては、効果が思ったように出なかった場合の再施術が保証の一環として含まれているところもあるので、施術を受ける前にカウンセリングなどで確認してみるとよいかもしれません。

PRP療法を受ける前のリサーチが大切な理由

PRP療法は、美容医療の施術の中でも比較的新しいものの一つです。そのため、クリニックによって技術力に差があり、効果に大きな差が出ることも。つまり、PRP療法を受ける前には、リサーチをしっかりとして慎重にクリニックを選ぶ必要があるということです。

PRP療法を受けるクリニックを選ぶ際には、以下の点に注意してリサーチを行いましょう。

  • PRP療法についての専門的な技術や豊富な症例数、研究データがある
  • 患者さん一人ひとりに合わせた細かい調整を行っているか
  • カウンセリングを受けたときの印象
  • 術後のフォロー体制がしっかりしているか
  • 料金設定がわかりやすいかどうか

PRP療法は、患者さん自身の血液を使用するため、本来失敗はほとんどないといわれている施術です。施術の効果に期待するのと同じくらい、不安をもつ気持ちも当然ですが、クリニック選びを間違えなければその不安は大きく軽減させられます。

安心して施術を受けられるように、クリニックを選ぶ際はしっかりとリサーチを行うようにしましょう。

まとめ

PRP療法の詳細と具体的な失敗例、失敗したときの修正法、施術を受ける前のリサーチが大切な理由についてご紹介しました。

PRP療法は、効果が高く安全性も高いことから、近年話題の美容医療です。

人気が高まるにつれて、「失敗した」「効果がない」などの声も聞かれるようになりましたが、クリニック選びをきちんと行えば失敗することはほとんどないといえるでしょう。

ただし、患者さんが施術を希望する部位やその状態、皮膚の質などによって、適切な位置や深さに適切な量を注入する必要があります。そのため、PRP療法の症例数が豊富なクリニックや医師のもとで施術を受けるようにしましょう。

PRP療法を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。