銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

目の下のたるみに効くレーザー治療と失敗例や対策を紹介

たるみ

目の下のたるみは、男女問わず年齢を重ねるとともに気になってくるパーツとして、多くの方が「老けて見える…」と悩んでいることでもあります。

目元は第一印象を左右するパーツであるため、久しぶりに会った友人に印象が変わったと思われたり、メイクを落として鏡を見たときに自分自身でびっくりしたりしてしまうことも少なくありません。

とくにマスク生活が当たり前になっている状況において、目元の若々しさを保つことは重要となっています。

メイクで隠しきれない目の下のたるみを改善するには、美容医療によるレーザー治療がおすすめです。

しかし、顔の中でも皮膚の薄い目元への施術は、失敗してしまうのではないかと不安を感じている方も多いですよね。

そこでこの記事では、目の下がたるむ原因、目の下のたるみに効くレーザー治療、レーザー治療の失敗例と対策をご紹介します。

目の下のたるみが気になっていて、美容医療で改善させたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目の下がたるむ原因

たるみ

一気に老け顔に見えてしまう原因となる目の下のたるみは、若いうちから悩んでいる方も多いパーツでもあります。

まずは、目の下がたるむ原因をご紹介します。

眼輪筋の筋力低下

目の下には、眼窩脂肪と呼ばれる脂肪と、眼輪筋と呼ばれる筋肉があります。通常は、眼科脂肪が前に出てこないように眼輪筋が眼窩脂肪を覆っている状態です。

しかし、加齢による眼輪筋の筋力低下により、筋肉が衰えてしまうと、目の下の眼窩脂肪が眼輪筋を押しのけて目立つようになり、目の下のたるみとなって出現します。

実は、メイクでわざわざ作る方も多い涙袋は眼窩脂肪なので、もともと涙袋が大きい方は目がたるみやすいという特徴があります。

眼輪筋が眼窩脂肪を支えられなくなる現象は、加齢だけではなく、長時間スマートフォンやパソコンを見ることによってまばたきの数が減ることでも起こります。

まばたきの数が減ると、眼輪筋の筋力低下を招き、加齢によるたるみと同様に眼輪筋が眼窩脂肪を支えられなくなってしまいます。

皮膚のハリや弾力低下

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層で構成されており、そのなかでも真皮にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、ハリや弾力を保つための役割を担っている部分です。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、真皮にある線維芽細胞によって作られますが、加齢や紫外線のダメージによって線維芽細胞の働きが低下することで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成する機能を低下させてしまいます。

とくに肌のハリや弾力に効果を発揮するのはコラーゲンですが、肌内部のコラーゲンが減少することで、弾力を失った皮膚はゆるみ、眼窩脂肪を支えきれなくなって目の下のたるみを引き起こします。

間違ったスキンケア

目の周りをメイク落としの際にゴシゴシ強く洗っている方は、皮膚がたるみやすい状態になるため注意が必要です。

スキンケアは肌をこすらないように行うのが鉄則ですが、とくに目の周りへのクレンジングは力が入ってしまったり、何度もこすってしまったりする方が多く、その行為は目の下のたるみを引き起こす原因となります。

とくにアイメイクは、メイク落としをくるくると優しくなじませていくことが重要です。クレンジングだけでアイメイクを落とすのが難しいときは、アイメイク専用のリムーバーを使用するなどの工夫をしてみましょう。

また、花粉症などのアレルギーによって目のかゆみが発生し、かゆみが原因で目をこすってしまう行為も、同様に皮膚への強い刺激を与えることとなるため注意しましょう。

目の下のたるみに効くレーザー治療

たるみ

目の下のたるみ治療は、従来はメスを使用して手術をするという方法が一般的でしたが、医療機器の進歩によりレーザー治療が可能となっています。

ここからは、目の下のたるみに効くレーザー治療をご紹介します。

ウルセラ

ウルセラはHIFU(高密度焦点式超音波)のなかでも、たるみに効く治療として唯一FDAの承認を得ている機器です。

HIFUは、超音波エネルギーを約1㎣の部位に集中させるため、ピンポイントで狙った部位に照射することが可能で、施術部位以外の周辺組織にダメージを与えることがありません。

熱ダメージを与えることによって、創傷治癒作用によってコラーゲンの生成を促進し、皮膚の厚みや弾力が増すことで、リフトアップ効果を期待できる治療です。

さらに、ウルセラのトランスデューサー(変換器)は1.5mm、3mm、4.5mmの3種類が存在し、一番深い4.5mmはSMAS筋膜にまでHIFUが到達するため、重度のたるみの治療も可能な機器ですが、目元のたるみに照射する際は1.5mmか3mmを使用することができます。

照射後、1~3ヵ月かけて皮膚や眼輪筋が徐々に引き締まっていくのを感じることができます。

サーマクールアイFLX

サーマクールFLXとは、高周波RF(ラジオ派)で肌の深部に熱を与え、コラーゲンの生成を促すことで肌のたるみを改善する機器です。

サーマクールアイは、目元専用のチップを使用することによって、目の下のたるみ、シワ、ハリを改善できます。

従来の治療に比べて、サーマクールFLXは照射中のバイブレーション機能が向上しているため、痛みを軽減できるうえに、照射中に肌表面を冷却することで、熱感を抑えながら照射することが可能となっています。

治療の効果は1~3ヵ月後から徐々に感じることができ、その効果は約6ヵ月続くこともサーマクールFLXの特徴です。

レーザー治療の失敗例と対策

たるみ

レーザー治療は正しく施術が行われれば、失敗することはほぼない治療ですが、稀に失敗してしまったと感じる方も少なからずいらっしゃいます。

ここからは、レーザー治療の失敗例と対策をご紹介します。

効果がなかった

レーザー治療をしても効果がなかったと感じる原因は、レーザーの出力の問題や、たるみが重度であったために治療が効かなかったということが考えられます。

そのような事態を発生させないためには、事前のカウンセリングでたるみの症状を正確に把握する必要があります。

そのため、たるみ治療の実績が豊富なクリニックを選ぶことが非常に重要で、経験豊富な医師の判断のもとで治療を行うことが失敗を回避する手段となります。

さらに、前述したようにレーザー治療の効果が表れるのは、1~3ヵ月後がピークとなります。治療直後に効果がないと感じたとしても、徐々に効果が表れはじめるのがレーザー治療の特徴となるため、効果が表れるのを待つようにしましょう。

色素沈着が起こってしまった

レーザー治療のあとに、紫外線による刺激を受けることで、色素沈着が起こってしまうケースがあります。

レーザー治療後の肌は非常に敏感な状態となっているため、紫外線の影響を普段以上に受けやすい状態です。

そのため、日焼け止めを塗る、帽子をかぶるなどの紫外線対策を必ず行い、施術した部位に紫外線があたらないように気をつける必要があります。

さらに、摩擦も色素沈着を引き起こす原因となるため、施術後はとくにクレンジングやスキンケアの際に、肌への刺激をなるべく減らすように心がけましょう。

副作用がなかなか治らない

レーザー治療は機器や出力によって副作用の度合いも変わってきますが、出力が高い状態で治療を行うと、肌の赤みやざらつきが気になるケースもあります。

通常は数日で副作用が消失し、治療の効果を感じられるようになりますが、稀に副作用がなかなか改善されないこともあります。

副作用がなかなか治らないと感じたら、施術をしたクリニックに連絡をして対処してもらうようにしましょう。

また、事前のカウンセリングで副作用やアフターケアについて詳しく説明を受け、不明点などは施術前にクリアにしておくことも重要です。

まとめ

目の下がたるむ原因、目の下のたるみに効くレーザー治療、レーザー治療の失敗例と対策をご紹介しましたが、参考になりましたか?

目の下のたるみの原因は、眼輪筋の筋力低下や皮膚のハリや弾力低下です。

従来はリフトアップの手術を行うことでしか改善できなかった目の下のたるみ治療は、治療機器の進化によって切らない治療が可能となっています。

レーザー治療以外にも、点滴やヒアルロン酸注入を併用することでより高い効果が期待できるケースもあるため、クリニックでのカウンセリングで症状に合わせた最良の治療を選ぶようにしましょう。

切らない治療が主流となってきている美容医療によって、目元の美しさを維持することで若々しさを保つことができます。

目の下のたるみが気になっている、切らない治療を検討しているという方は、ぜひこの記事を参考にクリニックのカウンセリングを受けてみてください。

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。