銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

飲む日焼け止め「ヘリオケア」の効果とは?よくある質問も紹介

飲む日焼け止め 効果

近年、紫外線の影響が肌などに及ぼす影響について理解が深まってきたことから、日ごろから紫外線対策をしっかり行っているという方も多いですよね。

そんな紫外線対策の一つとして、SNSなどで話題になっている「飲む日焼け止め」をご存じですか?

医療機関専売品の飲む日焼け止め「ヘリオケア」とは一体どのようなサプリなのでしょうか。

この記事ではヘリオケアの効果や成分について、ヘリオケアについてのよくある質問をご紹介します。

紫外線対策でヘリオケアを購入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

紫外線が人体に及ぼす影響

紫外線にはUVAとUVBが存在しますが、それぞれ以下のように人体に影響があります。

UVAの影響

UVAは紫外線A波と呼ばれるもので、地上に届く紫外線の約9割を占めます。肌の奥まで侵入して蓄積的なダメージを与え、老化を促進させるとされています。

具体的にどのような影響があるのか、以下をご覧ください。

影響する場所 内容
皮膚への影響 ・ゆっくり蓄積的かつ長期的なダメージをもたらす
・コラーゲンやエラスチンなどを変性させて将来的なシワやたるみの原因となる
・紫外線による光老化が老化の原因の8割をいわれている。
アレルギーの原因 光線過敏症の原因となり、かゆみや発赤、むくみ、熱感などが現れる
目への影響 網膜まで到達して炎症を引き起こす
活性酸素 さまざま細胞器官に影響する

UVAは、長い時間をかけて気付かないうちにダメージを与える紫外線です。雲や窓ガラスも通り抜ける性質をもっているので、曇りの日や家の中でも対策が必要です。

UVBの影響

長時間太陽の光を浴びて、肌が赤くなる日焼けの原因になるのがUVB(紫外線B波)です。

UVBは以下のような影響を及ぼします。

影響する場所 内容
皮膚への影響 ・日焼けを引き起こす
・皮膚表面だけではなく遺伝子にも影響を及ぼす
目への影響 角膜へ影響を与え、白内障の原因となる
免疫系への影響 免疫機能が低下する

日焼けや白内障の原因となるUVBは、過度に浴びることでDNAに影響を及ぼすとされていて、免疫機能の低下にもつながります。

紫外線を浴びると生成されるビタミンDについて

紫外線は悪いところだけではなく、有用性も多くあります。例えば、生体リズムの調整を行ったり、血行を良くしたりするのも紫外線の有用性とされています。

ほかにも、紫外線に当たることで皮膚はビタミンDを生成します。ビタミンDはカルシウムの吸収を促進し、骨や歯の形成をする働きがあります。

過度に紫外線を避けることで、ビタミンD不足の状態となってしまうこともあるので注意が必要です。

飲む日焼け止め「ヘリオケア」とは?

 飲む日焼け止め 効果

肌を老化させる原因として、紫外線の影響が8割ともいわれるほど紫外線は肌に悪影響を及ぼします。年齢を重ねるごとにシミやしわ、たるみなどが気になってくる方が多いのですが、紫外線対策は若いうちからはじめる必要があります。

まずは、飲む日焼け止めヘリオケアについて、効果や配合成分、メリットや注意点など詳しいことをご紹介します。

ヘリオケアの効果

2002年にスペインのCantabria社から発売されたヘリオケアは、ヨーロッパや韓国の皮膚科で広く使用され、現在は34ヶ国以上で販売されています。

ヘリオケアには以下のような効果が期待できます。

  • 抗酸化作用
  • 免疫防御作用
  • DNA保護作用
  • 皮膚構造維持作用

ヘリオケアには強力な抗酸化作用があり、紫外線によるフリーラジカルや活性酸素の発生を抑制することができます。

また、肌の免疫機能を保つランゲンハンスの減少が緩和されて、肌の免疫機能防御作用が高まります。

紫外線はDNAを損傷させることでも知られていますが、ヘリオケアを服用することによってDNAを保護することも。

さらに紫外線による光老化を抑制し、MMP(マトリックス分解酵素)の形成を阻害。皮膚の弾力低下やしわの形成を防ぎます。

ヘリオケアの成分

ヘリオケアには以下の成分が含まれています。

  • フェーンブロック
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • リコピン
  • ルテイル

フェーンブロックは、ダイオウウラボシというシダ植物から抽出された成分で、PLエキスとも呼ばれています。日焼けによる赤みや炎症を防ぎ、光老化を防止したり、皮膚がんのリスクを軽減したりする効果が世界の皮膚科学会で認められています。

また、ビタミンDは腸からのカルシウムの吸収を高める大事な成分となりますが、食事から摂取する他、紫外線によってビタミンDを生成する必要があります。しかし、日焼け止めを塗ってしまうと皮下でのビタミンD産生率が5%に落ちてしまうとされているため、不足しがちなビタミンDを補うことができるのも特徴です。

効果はいつから?1錠の持続期間

ヘリオケアは、日光を浴びる30分前に服用することで、4~6時間の間効果が期待できます。そのため、長時間日光を浴び続けるような場合は、4時間後に再度追加でヘリオケアを飲むことをおすすめします。

紫外線防御作用の臨床実験では、2.5時間は確実に有効であったことが確認されています。塗るタイプの日焼け止めと違って汗で流れる心配もないため、塗り直しができないようなシチュエーションでの利用も可能。

また、ヘリオケアは毎日服用することでより効果が高まります。とくに夏の紫外線が強い時期などは、塗る日焼け止めと併用して紫外線を防御するほうがよいでしょう。

塗る日焼け止めについて、ゼオスキンヘルスのサンスクリーンを使用するのもおすすめです。

ゼオスキンヘルス

ヘリオケアのメリット

ヘリオケアには以下のようなメリットがあります。

  • 汗や水で流れる心配がない
  • 塗る日焼け止めのように塗りなおす必要がない
  • 塗り忘れる心配がない
  • 効果が長時間持続する
  • 天然の成分なので安全

ヘリオケアを服用することによって、従来の肌に塗るタイプの日焼け止めでは防ぎきれなかった紫外線のダメージを予防することが可能です。

仕事やレジャーで長時間日光を浴びる状況や、日焼け止めを塗り直せない状況のときでもヘリオケアであれば紫外線対策を行うことができます。

さらに、自分自身で日焼け止めを塗りにくい場所や、忘れてしまう場所への影響も防御できるのがメリットといえるでしょう。

ヘリオケアのデメリットや注意点

ヘリオケアには以下のようなデメリットや注意点があります。

  • 1日効果を持続させたい場合は2錠以上を飲む必要がある
  • 継続して利用するには値段が高価
  • 100%紫外線をカットすることはできない
  • シダ植物にアレルギーがある方は使用不可

前述したように、1日中ヘリオケアの効果を持続させたいと考えている方は、1日に2回服用する必要があります。さらに、ヘリオケアは30粒で5,000円ほどなので、継続して利用するとなるとコスパが悪いと感じる方も。

しかし、ヘリオケアは紫外線をガードするだけではなく美肌効果も期待できるサプリとなるため、アンチエイジング効果を期待して服用する方もいらっしゃいます。

ヘリオケアの服用をおすすめするタイミング

飲む日焼け止め「ヘリオケア」は、どのようなタイミングで服用するのが良いのでしょうか?ここからは、おすすめのタイミングについてご紹介します。

日焼け止めの塗り直しが難しい

日焼け止めは、通常2~3時間置きに塗り直すのが理想で、塗り直しをしないと汗や摩擦で落ちてしまい、効果を感じられなくなってしまいます。

しかし、頻繁にメイク直しをするのはなかなか難しいという人も多く、日焼け止めは朝塗った1度切という状態になってしまうことも。

ヘリオケアは、日焼け止めを塗り直すのが難しい場面で活躍します。塗り直しが難しいと感じるタイミングで、ヘリオケアを服用すると日焼け対策に役立ちます。

日焼け止めだけではケアしきれない部分をカバーしたい

頭皮や髪の毛、目なども紫外線の影響を受けると言われていますが、日焼け止めをそれらの場所に塗ることは難しく、対策ができていないという人も多いのではないでしょうか?

頭皮の状態が気になる、髪の毛を綺麗に保ちたいと考えている方は、紫外線ケアを行ってみましょう。日焼け止めを塗るのは難しい部位に対して、ヘリオケアを飲むことで全身にアプローチすることができます。

海やプールなどのレジャー時

海やプールなどの外でのレジャー時は、もちろん日焼け止めをしっかり塗る必要がありますが、同時にヘリオケアを服用することで、より万全の体制を整えることができます。

海やプールでは日焼け止めがすぐに水や汗で流れてしまうため、頻繁に塗り直すことが必要ですが、ヘリオケアを飲むことで塗り直しの回数が少なくても安心です。

ヘリオケアのよくある質問

 飲む日焼け止め 効果

ヘリオケアは飲む日焼け止めとして効果のあるサプリメントですが、ヘリオケアに対して副作用はあるかなどの疑問を持っている方も多いですよね。

ここからは、ヘリオケアのよくある質問とその答えをご紹介していきます。

Q:子どもも服用できますか?

A:4歳以上のお子さんであれば服用可能です。

4歳未満のお子さんに対してはサプリメントを服用することが推奨されていませんが、4歳以上のお子さんであればヘリオケアを服用することができます。

とくにお子さんは日焼け止めを塗ることを嫌がったり、塗り忘れがあったりするため、プールなどの野外での活動時にヘリオケアを飲むと日焼け止め効果が期待できます。

Q:妊娠中も服用できますか?

A:副作用はないものの、推奨はしていません。

妊娠中や授乳中は通常の一般的な薬を服用することが推奨されていません。とくに妊娠初期は胎児の各器官が作られる大事な時期です。

その時期に母体が薬を服用することによって、胎児に影響を及ぼす可能性が否定できないことから、妊娠中に飲んでもよい薬は限られています。

同様に、副作用のないサプリメントであっても服用することによって胎児に影響を及ぼす可能性があり、授乳中を含めてサプリメントの服用は推奨されていないことを覚えておきましょう。

Q:副作用はありますか?

A:副作用は報告されておらず、安全性が高いサプリメントです。

ヘリオケアはシダ植物から抽出される成分によるサプリメントとなっており、昔から中央アメリカやヨーロッパにおいてアトピー性皮膚炎や白斑の患者さんに伝統的に使用されている成分です。

長い間使用されているにもかかわらず、副作用は報告されていないことから、安心して服用できるサプリメントだといえます。

紫外線防御効果があると、ビタミンDの生成を下げることにはなりますが、ヘリオケアにはビタミンDも一緒に配合されているため、その心配もありません。

Q:冬も紫外線対策は必要ですか?

A:UVAは季節や天候を問わず降り注いでいます。

地表に届く紫外線にはUVAとUVBという種類があり、そのうちUVAは雲やガラスも通過し曇っている日や屋内にも届くとされています。

UVAは急激に日焼けをするようなことはありませんが、真皮まで届いてシワやたるみの原因になるといわれている紫外線です。

さらに、オゾン量の減少によって、地表に到達する紫外線の量は増えているともいわれています。

冬でも紫外線は降り注いでいるため、季節や天候を問わず紫外線対策を怠らないようにしましょう。

紫外線の種類 UVA UVB
波長 320~400nm 290~320nm
地表への到達度 オゾン層でほとんど吸収されずに地表に到達する 一部はオゾン層に吸収されるが残りは地表に到達する
皮膚への影響 皮膚の奥まで届きシワやたるみの原因となる 肌への影響が強く、シミやそばかす、皮膚がんの原因となる
特徴 雲やガラスも通過するため日常的に対策が必要 屋外でのレジャーやスポーツで注意が必要

まとめ

日本ではまだまだ聞きなれない「飲む日焼け止め」ですが、塗るタイプの日焼け止めに比べるとメリットが多く、ヘリオケアはサプリメントとして子どもも利用できるため、家族で紫外線対策を行うことができます。

シミやそばかす、しわ、たるみの原因となる紫外線は、年中降り注いでいることや、窓を通過して室内でも対策が必要となることから、毎日日焼け止めを塗るという行為が億劫だという方にヘリオケアはおすすめです。

汗や水で流れることもなく塗りなおしも不要のため、海やプールといったレジャー時にも大活躍すること間違いなしのサプリメントです。

毎日の日焼け対策として、飲む日焼け止めを試してみたい、ヘリオケアを購入したいという方は、ぜひクリニックに足を運んでみてくださいね。

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術クマクリニック選びケミカルピーリングコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダウンタイムダリアブライダルコースデメリットトランサミントリニティ・プラストレンドニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射プラセンタプラセンタ注射ヘリオケアボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリフトアップレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法再生医療切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。