銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

アゼライン酸の効果が出るまでどのくらい?副作用などを詳しく解説!

アゼライン酸 効果出るまで

顔にできると、かゆみや痛みといった症状だけではなく、顔の印象も変化させてしまうニキビ。

ニキビの治療薬にはさまざまな種類がありますが、ものによっては肌に塗ることで皮が剥けてしまったり痛みを感じたりと刺激が強い場合があります。

アメリカをはじめとする世界の国々でニキビ治療薬として一般的なアゼライン酸は、他の治療薬よりも刺激が少ないので敏感肌の方にも使用でき、色素沈着が起こってしまったニキビ跡にも効果があると言われています。

今回は、アゼライン酸の効果を中心に、どのくらい使用すれば効果がでるのか、副作用や使用方法など、アゼライン酸を詳しく解説していきましょう。

アゼライン酸の効果

アゼライン酸 効果出るまで

アゼライン酸は、小麦などに含まれる天然由来の成分で、普段から私達が摂取している成分でもあることから刺激が抑えられ体への負担が少ないので、安全性が高い成分の1つです。

海外では約30年前からニキビの治療薬として用いられており、日本でも近年、ニキビをはじめ酒さや脂漏性皮膚炎などの治療薬として使われるようになりました。

アゼライン酸は、下記のような方にオススメの治療薬です。

  • ニキビ治療をしたい方
  • 酒さによる赤ら顔に悩んでいる方
  • 妊娠中や妊活をしている方
  • 敏感肌で刺激の強い治療薬を使えない方
  • 色素沈着してしまったニキビ跡がある方

アゼライン酸は水に溶けにくい成分であるため、クリームタイプの薬として使われることが多く、外用薬として患部に直接塗布します。

妊娠中や妊活中の方は胎児への影響などが関係していることから、使用できる薬が普段より限られてしまいますが、アゼライン酸は妊娠中でも使用でき、刺激が強い治療薬を使えない敏感肌の方でも使えます

また、、肌に優しいだけではなく炎症などを改善するさまざまな効果があります。

毛穴のつまりを解消

アゼライン酸には、ニキビの原因ともなる毛穴のつまりを解消する効果があり、ニキビなどの進行を抑えます。

皮脂の分泌を抑制

余分な皮脂の分泌を抑制し、ニキビが悪化するのを防ぐだけではなくニキビ予防効果もあります。

美白効果

もともと、アゼライン酸はニキビ治療薬としてではなく、メラニンの生成を抑制する効果があるため美白剤としての開発が進められていましたが、その最中にニキビを改善する効果が発見されニキビ治療薬として使用されるようになりました。

そのため、アゼライン酸にはメラニンの生成の抑制作用があり、美白効果やニキビ跡の色素沈着などにも効果を発揮します。

抗炎症・抗菌作用

アゼライン酸には炎症をおさえる効果があるので、赤ニキビや酒さなどの赤ら顔の改善にも効果があります。

また、殺菌や抗菌作用もあるので、皮膚の常在菌であるアクネ菌の増殖を抑制し、ニキビの改善や予防に効果を発揮します。

抗酸化作用

アゼライン酸には、活性酸素による肌の酸化を防ぐ抗酸化作用や肌の水分量を保持する効果もあるので、肌の老化を予防する効果も期待できます。

アゼライン酸はどのくらいで効果が出る?

アゼライン酸 効果出るまで

アゼライン酸の効果が出るまでには、個人差はありますが約1ヶ月〜2ヶ月かかると言われています。

そのため、使用する期間が1ヶ月程度だと短く、炎症などに十分効かない可能性があるので、アゼライン酸の効果をしっかりと実感するためには最低2ヶ月は使い続ける必要があります。

また、アゼライン酸は他のニキビ用治療薬やスキンケア用品などと併用して使える場合が多いので、アゼライン酸だけではなく他の治療薬と一緒に使うことで、よりニキビなどの肌症状を改善させる効果が期待できます。

アゼライン酸と併用できる治療薬などはクリニックで医師の診察を受けて相談し、ご自身の症状にあう効果的な組み合わせを見つけるのが良いでしょう。

アゼライン酸に副作用とは

アゼライン酸 効果出るまで

アゼライン酸は、副作用がほとんど出ないのが大きな特徴の1つです。

アゼライン酸は、小麦などに含まれる天然由来の成分なので肌への刺激が少なく、同じような効果を持つトレチノインなどと比べても副作用の症状が軽いものが多いので、痛みに弱かったり肌が敏感であったりしても比較的安心して使用できます。

刺激が少ないことで肌や体への負担が抑えられるので、妊娠している可能性がある方や妊娠中、授乳中の方も使うことができます。

アゼライン酸の副作用として、主に、熱感とかゆみが挙げられます。

アゼライン酸は副作用が生じにくいですが、使いはじめてすぐの場合は塗布した場所に部分的な熱感とかゆみが生じてしまうこともあります。

しかし、熱感やかゆみは一時的なもので、副作用が生じた場合でも1〜2週間程で肌が慣れていくので、個人差はありますが副作用を自覚するのは比較的短期間で済みます。

万が一、副作用の症状が強く出てしまったり、なかなか収まらなかったりする場合は、処方してもらった医師に早めに相談をして、使用する量や使用頻度の調節、他の治療薬に変更するなど治療方法を改善してみましょう。

アゼライン酸は紫外線に注意

アゼライン酸を使用するときには、紫外線対策をしないと患部の症状を悪化させてしまう可能性があります。

アゼライン酸を塗ったところを日光に直接が当たってしまうと、発疹や発赤などの炎症を起こしてしまうこともがあるので、アゼライン酸を塗った後は低刺激の日焼け止めを塗って日焼け対策をするのが重要です。

アゼライン酸の使用方法

アゼライン酸 効果出るまで

アゼライン酸は、水に溶けにくい成分なのでジェルやクリームタイプの治療薬に配合されており、炎症が起こっている部分に直接塗布して使います。

アゼライン酸を塗る順番は、洗顔→保湿→アゼライン酸の塗布→UVケアで、1日2回朝と晩に塗布します。

それでは、アゼライン酸の使用方法について、詳しく解説していきましょう。

洗顔

まずは、洗顔をします。メイクをしている場合は、クレンジングをしてしっかりとメイクを落とします。

顔への刺激を避けるためにも、なるべく顔をこすらないようにたっぷりと洗顔料を泡立ててから洗いましょう。

保湿

洗顔後は、化粧水や乳液などで保湿ケアを行い、肌を整えていきます。

ご自身に合うスキンケア用品であれば問題ありませんが、アゼライン酸を使用している時には、ニキビの原因を誘発する成分を含まないノンコメドジェニックのものを使うのがオススメです。

アゼライン酸の塗布

化粧水などがしっかりと肌に馴染むまで少し時間をおいた後、アゼライン酸を塗布していきます。

ニキビ跡など気になる部分、もしくは、顔全体に優しく塗っていきます。

UVケアをする

アゼライン酸は朝と晩、2回塗布するので、朝に塗布した後は日焼け止めを塗りUVケアを行います。

アゼライン酸を塗布した部分は直接日光を浴びてしまうと、紫外線から受ける刺激の影響で、顔が赤くなってしまったり発疹が出てしまったりと治療中の肌が炎症を起こしてしまう可能性があります。

肌荒れを起こさないためにも、朝アゼライン酸を塗布した場合は、必ず、日焼け止めを塗って紫外線対策を行いましょう。

アゼライン酸を使用するときの注意点

アゼライン酸 効果出るまで

アゼライン酸は刺激が少ない成分ではありますが、治療薬として使用する時に注意しなければならないことがあります。

アゼライン酸を使用するときは、下記のことに注意して使用しましょう。

  • 傷やかぶれ、湿疹、はれものなどの異常がある部分への使用は控える
  • 目の中に誤って入らないように注意し、万が一、入ってしまった場合は水やぬるま湯で洗い流す
  • 衣服についた場合、材質によっては落ちにくいので付着したときには洗剤で丁寧に洗い流す

また、下記のような場合は、症状が悪化してしまう可能性があるので、速やかに医師の診察を受けましょう。

  • アゼライン酸を使用した部分に赤みやかゆみ、腫れが生じた場合
  • アゼライン酸を塗布した部分に日光を浴びた際に赤みやかゆみなどが生じた場合
  • 目の中に入って洗い流しても異常がある場合

アゼライン酸は、医師の指示に従って用法と容量を守れば、安心して使いやすい治療薬ですが、ご自身の肌症状や体質に合わないことも考えられるので、気になる症状がでた場合はクリニックを受診しましょう。

まとめ

今回は、アゼライン酸の効果を中心に解説しましたが、いかがでしたか?

アゼライン酸の効果はニキビ改善効果をはじめ、美白効果や抗酸化作用など、さまざまありますが、他の治療薬と比べても低刺激なので肌が敏感な方にも安心して使うことができます。

十分な効果を実感するまでには1ヶ月以上は時間がかかるので、まずは2ヶ月アゼライン酸での治療を続けてみましょう。

また、アゼライン酸を使用した後に熱感やかゆみが生じた場合は、使用する回数や量を調節すれば副作用の症状を抑えられることもありますが、万が一、今までと違った炎症などが起こった時には、早めにクリニックで医師に相談することが大切です。

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。