銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

高濃度ビタミンC点滴の8つの効果とは?オススメの方も紹介

高濃度ビタミンC点滴

ビタミンCは、体内で生成することができない成分でありながら、不足すると何かしらの不調をもたらすことがあり、食事やサプリメントで必要量を摂取するのはなかなか難しいという特徴があります。

高濃度ビタミンC点滴は、効率的に大量のビタミンCを血管内に直接投与することで、免疫力の向上や美肌効果といったさまざまな効果を得られる治療。

この記事では高濃度ビタミンC点滴の8つの効果と、高濃度ビタミンC点滴をオススメする方について詳しくご紹介します。

高濃度ビタミンC点滴を定期的に受けたいと考えている方、効果について詳しく知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

高濃度ビタミンC点滴の効果

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴とは、サプリメントやドリンクで経口摂取することに対して数十倍の量のビタミンCを体内に取り込める治療です。

静脈に直接注入することで、ビタミンCを各器官に行き渡らせ、高い美容効果やアンチエイジング効果が期待できます。

ここからは、高濃度ビタミンC点滴の8つの効果をご紹介します。

免疫力の向上

ビタミンCは、白血球の機能を強化して免疫力をアップさせることができます。とくに、リンパ球の働きを活性化させることで、抗ウイルス作用のあるインターフェロンを増やします。

ビタミンCはタンパク質が合成する際に必要な成分で、タンパク質からインターフェロンを作る際の協同因子として働くのです。

インターフェロンが増えることで、風邪やインフルエンザといった病気の諸症状を緩和させることもできます。

また、定期的にビタミンCを摂取することによって、風邪やインフルエンザにかかりにくくなるという予防効果も得られます。

美肌、美白効果

肌の弾力やハリを保つ成分は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった成分ですが、これらは紫外線や加齢の影響で減っていき、徐々に肌に弾力やハリがなくなったり、シワやシミができたりします。

ビタミンCは、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成する線維芽細胞の働きを活性化させる効果があることから、肌の弾力やハリを蘇らせる効果があります。

また、シミの原因となるメラニンは、紫外線の影響で生成され、ターンオーバーとともに排出されていきますが、生成される量が多かったりターンオーバーが正常に行われなかったりすると、肌にシミとして現れてしまいます。

ビタミンCはシミの原因となるメラニンの生成を抑える効果があるため、シミの予防、改善効果が期待できます。

紫外線を多く浴びてしまった日や、日焼けをしてしまった後に高濃度ビタミンC点滴の治療を受ける方も多いです。

さらに、ビタミンCは過剰な皮脂の分泌を抑えるため、綺麗な毛穴を保ちニキビを予防します。抗炎症効果もあるため、出来てしまったニキビにも効果的です。

抗酸化作用

人間の体は、酸素を利用してエネルギーを作り出しますが、その際、同時に活性酸素が生じ、細胞を傷つけて被害をもたらしています。

活性酸素は、老化の原因になると言われていますが、それだけではなく、がん、シワ、シミ、糖尿病、脂質異常症、動脈硬化といった生活習慣病の原因にもなります。

年齢とともに徐々に増えていくとされる活性酸素は、ストレスや食品添加物、タバコ、飲酒、紫外線なども原因となり、増えていきます。

ビタミンCは活性酸素から身体を守る抗酸化作用が認められている成分です。多くの活性酸素を除去して細胞の寿命を延ばし、老化を遅らせる効果が期待できます。

疲労回復作用

疲労は熱や痛みと同様で、身体からの警報サインの1つです。疲労の原因の1つとして、活性酸素による酸化ストレスが挙げられます。

酸化ストレスによって細胞が破壊されてしまうと、自律神経の細胞や筋肉が攻撃されて、疲労につながっていくと考えられています。とくに、紫外線を多く浴びる機会がある方は要注意。加齢によって体内の抗酸化作用がうまく働かなくなることも、疲労の原因です。

ビタミンCは前述したように抗酸化作用があるため、疲労の回復を早める効果が期待できます。また、肉体的な疲労だけではなく精神的疲労に対しても効果的。

ストレスを感じたときに副腎で作るとされる、抗ストレスホルモンであるコルチゾールは、ビタミンCを必要とするため抗ストレス効果も期待できるのです。

生活習慣病の予防

生活習慣病とは、細菌やウイルスといった病原体や有害物質が病気の発症や進行に影響しているのではなく、食習慣や運動習慣、休養の取り方、飲酒や喫煙などが影響してかかる病気のことです。

代表的なものとして、糖尿病、高血圧、がん、脳卒中、心臓病などが挙げられます。

これらの原因として、血中コレステロールの増加がありますが、ビタミンCは動脈硬化を促進させてしまう過酸化脂質の生成を抑制する効果があり、血中コレステロール値を低下させることができます。

ビタミンCは、過剰なコレステロールを胆汁酸に変換させて、外部に排出する効果があることも証明されていて、生活習慣病を予防することができます。

がん予防

2005年にアメリカ国立衛生研究所(NIH)が発表した論文によると、高濃度ビタミンC点滴はかがん細胞を攻撃することで、がんの予防や治癒に効果的ということです。しかし、この実験は試験管内で行われた実験であることから、人体において同じように効果があるのかは証明されていません。

そのため、現在は医学的に証明されていないことが多く、自由診療として受けるしかない治療ですが、活性酸素を抑制することや、胃がんなどの原因となるニトロソアミンの生成を抑制することから、がんへの予防効果があると考えられています。

歯周病予防

歯周病とは、歯と歯茎の隙間にある歯周ポケットから侵入した細菌が、歯肉に炎症を引き起こして歯を支える歯槽骨を溶かすことで、重度になると歯が抜けてしまう病気です。

日本人が歯を失う原因の80%以上が歯周病だとされているほどで、気付かないうちに進行してしまうため、治療をはじめたときには手遅れということも多く、進行を止めることはできないとも言われています。

歯周病にかかった歯茎は、コラーゲン線維が破壊されている状態なので、ビタミンCの持つコラーゲン合成促進作用が効果的。

壊れたコラーゲン線維の再生を促し、歯ぐきを健康に保つことで、歯周病を予防する効果が期待できます。

抗アレルギー作用

前述したように、ビタミンCは副腎から生成されるコルチゾールというホルモンを作るのに欠かせない成分です。

ストレスを感じることで生成されるコルチゾールは、長期間ストレスを感じることで徐々に減っていってしまいます。

コルチゾールには、アレルギーの炎症を抑える働きもあるため、コルチゾールの分泌が低下すると、喘息や花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が悪化することが考えられます。

また、アレルギー症状が出るときは、体内で活性酸素が過剰発生するとされていて、その結果過酸化脂質が多く作られると、アレルゲンに作用して症状が悪化することがあります。

ビタミンCは、抗酸化作用によって、アレルゲンの発生を抑える働きもあるのです。

高濃度ビタミンC点滴がオススメの方

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴は、さまざまな効果が期待できる治療です。ここからは、高濃度ビタミンC点滴がオススメの方についてご紹介します。

肌トラブルを改善させたい方

高濃度ビタミンC点滴は、ニキビ、シミ、シワ、たるみなどの肌トラブルにお悩みの方が、美容目的で治療を受けることが多くあります。

ビタミンCのコラーゲン生成作用や、メラニン生成を抑制する作用、抗炎症作用によって、さまざまな肌トラブルを改善させ、肌質を改善させることができます。

喫煙をする方

タバコは、吸わない方に比べて吸う方のビタミンCを消費するとされています。ニコチンがビタミンCを破壊することや、活性酸素を発生させてしまうと言われているのです。

そのため、タバコを吸う習慣がある方は、吸わない方に比べると多くのビタミンCが必要となり、高濃度ビタミンC点滴がオススメです。

まとめ

高濃度ビタミンC点滴は、肌トラブルにお悩みで美容を目的とする方だけではなく、生活習慣病の予防や風邪、インフルエンザの予防、歯周病予防といった、健康目的で治療を受ける方もいらっしゃいます。

さまざまな効果が期待できることから、定期的に治療を受けることで、お悩みを改善できたり、新たなトラブルを回避できたりするのが特徴です。

重大な副作用も報告されておらず、気軽に受けられる施術として人気の高い高濃度ビタミンC点滴。

定期的に受けたいと考えている方は、この記事を参考にぜひクリニックで治療を受けてみてくださいね。

 

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術クマクリニック選びケミカルピーリングコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダウンタイムダリアブライダルコースデメリットトランサミントリニティ・プラストレンドニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射プラセンタプラセンタ注射ヘリオケアボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリフトアップレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法再生医療切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。