銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

ジュベルックは何ccで効果が出るの?目安と費用の平均相場

ジュベルック 何cc

次世代スキンブースターとして人気が広がっているジュベルックは、水光注射や医師の手打ちによって注入し、美肌効果を生み出す美容施術です。

幅広い肌の悩みに対応できる優れた施術ですが、「何cc注入すれば効果が出るのだろう」「クリニックでは何cc注入するの?」と気になる人も多いのではないでしょうか。

事前にジュベルックの注入量や、それにともなう費用などについて知っておけば、ジュベルック施術を選択しやすくなるでしょう。

この記事では、ジュベルックの注入量や費用、施術後の注意点などについて詳しく紹介します。

ジュベルックは何ccが適切?その効果は?

ジュベルック 何cc

ジュベルックの効果を実感するためには、一定の注入量が必要です。注入量はクリニックの方針や医師の判断、症状や希望などによって異なりますが、ここでは平均的な量を紹介します。

施術に必要なジュベルックの量の目安

ジュベルックの使用量は注入する場所によって異なります。全顔、全顔と首、目の下など、場所ごとに目安があるため、以下の表を参考にしてみてください。

全顔+首 6cc
全顔 3cc
両目の下 1cc
両頬 2cc
へこみ、鼻、ニキビ跡など局所 1cc
3cc

上記はあくまで目安になるため、詳しい注入量についてはカウンセリングで必ず確認しましょう。

また、クリニックによっては対応している部位としていない部位がある可能性も考えられます。希望の部位に対応しているかどうかの確認も必要です。

カウンセリングでさまざまな確認が行われ、少しわずらわしく感じることもあるかもしれませんが、安心して施術を受けるためには重要なステップになるため、医師としっかり話すようにしましょう。

効果が現れるまでの期間

ジュベルックの効果は、施術後すぐに現れるわけではありません。一般的に、施術後の約2~3週間程度で効果が現れはじめ、肌のハリやツヤが徐々に向上し、効果が実感できるようになります。

これは、ジュベルックの主成分であるポリ乳酸(PDLLA)が体内でコラーゲンやエラスチンの生成を促進するために時間を必要とするためです。

最終的に効果が実感できるまでには、1か月から3か月程度かかることもあります。

時間がかかることに不安を覚えるかもしれませんが、この期間中にコラーゲンの生成が促進され、肌の内部から改善されていくため、より自然な仕上がりが期待できるでしょう。

効果の持続期間

ジュベルックの効果の持続期間は個人差がありますが、平均すると1年~2年程度です。長い時間をかけて成分が体内でゆっくりと分解されるため、このような長い期間、効果を持続させられます。

効果の持続期間は、施術後のケアや個人のライフスタイルによっても変動するため、施術後のアフターケアが重要です。

例えば、保湿や日焼け対策をしっかり行うことで、効果をより長く保ちやすくなるでしょう。スキンケアはジュベルックの効果を発揮させるために欠かせないものです。

さらに、定期的なメンテナンス施術を行うことにより、より長い期間にわたって効果を維持しやすくなるでしょう。

ダリア銀座スキンクリニックでは、初めての施術から1か月おきに3回の施術を行ったあと、1年おきのメンテナンスをおすすめしています。

ジュベルック施術の費用の平均相場はどれくらい?

ジュベルック 何cc

ジュベルックの施術は保険診療の対象外になるため、全額自己負担になります。平均的な費用はどれくらいになるのでしょうか。ここでは、ジュベルック施術の費用の平均相場について紹介します。

ジュベルック施術の平均費用

ジュベルック施術は保険外診療のため、クリニックによって設定している費用が異なります。また、注入する量が何ccであるかも費用に関係するため、患者さんごとに金額の違いが出るでしょう。

ここでは一例として、当院・ダリア銀座スキンクリニックの費用を紹介します。

【1】水光注射

全顔 6万6,000円
全顔・首 9万8,000円
手の甲 4万4,000円

【2】手打ち注入

2cc 6万6,000円
3cc 8万8,000円
※オプション リジュラン使用 11万円

注入方法は患者さんの希望や医師の方針、注入部位により効果的であるかどうかなどで選択できるため、事前にご相談ください。

オプションについても考慮が必要

ジュベルック施術に必要な費用は、人によってほかにも生じます。例えば、麻酔の費用です。

ジュベルックは痛みが少ない施術ですが、人によっては痛みが気になり、麻酔を希望することもあるでしょう。

麻酔を希望するのであれば、オプションとして麻酔の費用が必要になる可能性があります。

また、麻酔にも麻酔クリームや局所麻酔など複数の種類があるため、種類に応じた費用の発生を考えたほうがよいでしょう。

当院では麻酔をオプションでご提供しています。必要な方は、以下の表を参考にしてみてください。

部分麻酔(クリーム) 1,100円
麻酔クリーム(顔全体) 3,190円
麻酔クリーム+局所麻酔 5,500円

麻酔は必ずしも必要ではありませんが、痛みの感じ方は個人差があります。痛みが気になる方、刺激の少ない施術を受けたい方は、我慢せずに医師へ麻酔の使用を相談しましょう。

ジュベルック施術の流れと注意点

ジュベルック 何cc

ここでは、ジュベルック施術の流れと注意点を見ていきましょう。

ジュベルック施術の流れ

ジュベルック施術は、施術前のクレンジング、カウンセリング、麻酔、ジュベルックの注入という流れになります。詳しい流れは以下を参考にしてみてください。

【1】クレンジング

施術前にクレンジングと洗顔を行い、施術部位を清潔な状態にします。

【2】診察とカウンセリング

医師による診察とカウンセリングを行い、患者さんの肌の状態や悩みを確認し、治療内容を説明します。

【3】麻酔

カウンセリングのあと、施術部位に(必要であれば)麻酔をして、麻酔の効果が出るまで待機します。当院では約20分が目安です。

【4】ジュベルックの注入

麻酔の効果が確認できれば、医師が水光注射や手打ち注射などでジュベルックを注入します。

施術の流れは以上の通りです。

施術そのものは短時間で終わりますが、注入後の針痕からの細菌感染を防ぐため、施術後は注入部位を清潔に保ちましょう。

また、施術後約4~6時間は洗顔ができませんが、そのあとは通常のスキンケアが可能になり、翌日からはメイクも可能です。

ジュベルック施術を受けられない方

以下の条件に該当する方は、ジュベルック施術が受けられません。心当たりのある方、自分では判断が難しい方は、医師に必ず相談してみてください。

  • ヒアルロン酸にアレルギーがある
  • 施術部位に感染性の皮膚疾患がある
  • 妊娠中または授乳中である
  • 甲状腺機能障害、糖尿病、心臓病、肝臓病などの疾患がある

そのほかの疾患を持つ方や体調に不安のある方も、施術を受ける前に医師に相談しましょう。

ジュベルックは安全性が高い施術ですが、思わぬ原因がトラブルを引き起こす恐れもあります。

安全に施術を受けるためには、自分の健康状態を正確に把握し、医師にしっかり伝えておくことも大切です。

ジュベルック施術後の副作用や注意点

ジュベルック 何cc

ジュベルックの施術後には、副作用やその回復期間、気をつけることなどがあります。ここでは、ジュベルック施術後の注意点について紹介します。

考えられる副作用とダウンタイム期間

ジュベルックの施術後には副作用が出る可能性があるため、注意が必要です。考えられる副作用には以下があります。

  • 腫れ
  • 赤み
  • 内出血
  • 痛み
  • かゆみ

このような症状は、個々の体質や施術の部位により回復期間は異なりますが、通常の場合、数日~2週間ほどの短期間で自然に治まります。

ただし、約2週間経過しても改善しない場合や、以前よりも悪化した場合には、早めにクリニックで診察するようにしてみてください。

ダウンタイム期間中は、施術部位を清潔に保ち、保湿に努め、強い日差しや極端な温度変化を避けるなどのケアを心がけましょう。

施術後に気をつけること

ジュベルックの施術後にはいくつかの注意点があります。

特に衛生面や肌への刺激・負担を避けるように注意しましょう。具体的には以下に注意してみてください。

  • 施術当日は注入部位を触らないようにして、清潔を保つ
  • 施術後約4~6時間は洗顔を避ける
  • 洗顔は優しくマッサージをするようにして刺激を避ける
  • 翌日からは通常のメイクが可能でも、肌への刺激を少なくする
  • 強い日差しを避ける
  • 日焼け止めの使用も検討する
  • 過度に血行を促進しないため、運動やアルコール摂取はほどほどに

このような点を守ることにより、施術後のトラブルを防ぎ、ジュベルックの効果を引き出しやすくなります。

施術後のケアは、肌の回復と効果の持続にとって大切なことです。医師からの指示を守り、適切なアフターケアしましょう。

まとめ

ジュベルックの注入量は、必ずしも何ccと決まっているわけではありません。クリニックの方針や患者さんの状態、注入する部位によって量が変わり、何cc注入するかは医師が状態を見て判断します。

また、注入量や注入部位は費用にも関係します。

自分が希望する注入量や注入部位の場合は総額でいくらになるのか、麻酔を希望するならその費用も含め、カウンセリングで見積もりを出してもらうのもよいでしょう。

ダリア銀座スキンクリニックでは水光注射や医師の手打ちにより、幅広い部位にジュベルックの注入が可能です。

何cc必要かについても患者さん一人一人の状態に合わせた量をご提案しますので、注入量や費用、施術の流れなど、気になることがあればダリア銀座スキンクリニックまでお気軽にお問い合わせください。

#ジュベルック #Juvelook #毛穴治療 #ニキビ跡治療 #クレーター治療

タグ

2021最新2024最新50代HIFUPRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミジュベルックスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンそばかすダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコフラクショナルピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ほくろボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。