銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

リベルサスの効果はいつから?確実に痩せるためにすべきことも紹介

リベルサス 効果 いつから

リベルサスは、最近話題のメディカルダイエットの方法のひとつで、1日1回服用することで痩せやすい身体へと導く経口薬です。これまでさまざまなダイエットを試してみたものの続かなかった方や、GLP-1を注射で投与することに抵抗のある方に向いています。

しかしリベルサスを試してみたいとは思っていても、即効性はあるのか、いつから効果が出るのかなど気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、リベルサスの即効性や効果を実感できる時期についてご紹介します。リベルサスで確実に痩せるためにすべき5つのポイントもご紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

リベルサスの効果はいつから?

リベルサス 効果 いつから

リベルサスは、GLP-1受容態作動薬という薬です。一般的にGLP-1受容態作動薬は注射で投与されていましたが、内服薬が登場したことでよりいっそうダイエットにチャレンジしやすくなりました。

ここでは、リベルサスの効果はいつから実感できるのか、リベルサスの特徴や即効性の有無とともにご紹介します。

リベルサスは食欲を抑える経口薬

リベルサスは、胃腸の働きを調整し、食欲を抑制する効果が期待できる薬です。膵臓のβ細胞に作用してインスリンの分泌を抑制し、血糖値を下げる作用があります。

もともとは食事や運動で血糖値をコントロールできない2型糖尿病の治療に用いられていましたが、近年ではメディカルダイエットのひとつとして取り入れられています。

リベルサスの最大の特徴は、注射ではなく経口投与できることです。痛みもなく、比較的安価で気軽に利用できる画期的なダイエット薬として、徐々に知られるようになっています。

以下は、リベルサスの主な特徴です。

  • 注射ではなく経口投与できる
  • 自然と食欲が抑えられる
  • 自宅で手軽に治療ができる
  • 太りにくい体質になっていく

リベルサスは、服用することによって自然と食欲が抑えられ、食事量が減ります。内臓脂肪の燃焼を促進したり基礎代謝をアップしたりする効果も期待できるので、体質から改善することが可能です。

また、他のGLP-1受容体作動薬は注射で投与する必要があります。そのため、痛みや針を刺すことが苦手な方は挑戦しにくいと思われていましたが、リベルサスは錠剤を服用するだけなので、これまでよりも格段に利用しやすくなっています。

リベルサスに即効性はある?

リベルサスは、脂肪吸引などのようにその場で脂肪がなくなって痩せるわけではありません。

血糖値をコントロールすることで「食欲減退」「内臓脂肪の燃焼」「基礎代謝向上」などの効果を期待するものなので、すぐに体重を減らしたいなど即効性を期待している方には向いていないかもしれません。

あくまでも痩せやすい身体作りをサポートするものと考えることが大切です。

リベルサスの効果はいつから?

リベルサスは、早い方で服用を始めて3ヶ月程度で体重減少効果が現れますが、脂肪の量などによって個人差があるので、少なくとも数ヶ月は服用を続けていくことが重要です。

以下は、リベルサスでダイエット効果が期待できるメカニズムです。

  1. GLP-1がインスリンの分泌を促進する
  2. 血糖値がコントロールされて食欲が抑えられる
  3. 脂肪分解や代謝が促進される
  4. 胃腸の動きがコントロールされて消化スピードが緩やかになる

リベルサスは、服用している間だけ上記の作用が働きます。効果を実感したからといって服用をやめてしまうと、食欲減退や内臓脂肪の燃焼、基礎代謝向上などの効果はなくなり、通常の状態に戻ってしまいます。

何らかの理由で治療を中止した場合、暴飲暴食の習慣が戻るなどしてリバウンドする可能性があることに注意が必要です。

リベルサスで確実に痩せるためにすべきこと

リベルサス 効果 いつから

リベルサスは、治療を中止するとリバウンドする可能性がある他、服用したからといって確実に痩せるわけではありません。

では、リベルサスで確実に痩せるためには、どうすればよいのでしょうか。ここでは、そのポイントを5つご紹介します。

勝手に服用を中止しない

リベルサスは自己判断で服用を中止してしまうと、服用前の食事量に戻りやすいため、リバウンドしやすくなります。

ただし、リベルサスには以下のような副作用が現れることもあるので、症状が強い場合は早めにクリニックを受診してください。

  • 悪心
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 便秘

上記の副作用は、2週間から3週間かけて徐々に改善されていくことも多いです。服用を中止するかは担当の医師とよく相談するようにしましょう。

また、他の糖尿病治療薬を併用している場合は脱力感や倦怠感、冷や汗、動悸、ふるえ、めまい、ふらつき、頭痛、生あくびなど低血糖の症状が現れることもあります。そのような場合は、ラムネやブドウ糖を携帯しておくと安心です。

服用方法を守る

リベルサスで痩せない、効果が感じられないという場合、服用方法が正しくない可能性が考えられます。まずは正しい服用方法を確認してみましょう。

以下は、リベルサスを服用する際のポイントです。

  • 服用は1日1回
  • 空腹時に服用する
  • 薬は服用直前にシートから取り出す

リベルサスは、胃に食べ物や飲み物が入っていると、それらの成分によって吸収が悪くなってしまいます。そのため、起床時に何も食べたり飲んだりしていない状態で、コップ半分の水(120ml)と一緒に服用します。その後は30分から1時間以上飲食を控えましょう。

薬がしっかりと効くように、錠剤は服用直前にアルミシートから取り出し、錠剤を割ったり噛み砕いたりして飲むのは避けてください。

万が一リベルサスを破ったり噛み砕いたりして服用すると、せっかくの効果が得にくくなるだけでなく、副作用が強く出る恐れもあります。

また、リベルサスは毎日飲まないといけない薬ですが、飲み忘れてしまうこともあるかもしれません。2錠まとめて飲んでしまうと、吸収効率が変化してしまうため、次の日に通常通り1錠服用するようにしましょう。

生活習慣を整える

リベルサスを服用している間は、基本的に激しい運動や厳しい食事制限の必要はありませんが、人によっては慣れてくると食事量が増えることもあるようです。

リベルサスに限らず、メディカルダイエットでは、患者さんの基本の摂取カロリーと消費カロリーがかけ離れていると痩せることが難しくなります。

そのため、リベルサスの服用に合わせ、食事をヘルシーなものにしたり軽い運動をしたりなど、生活習慣を見直す必要があります。他にも、睡眠をしっかりと取るとダイエットや美容に大きく関わるホルモンが分泌されるので、規則正しい生活を心がけましょう。

服用し続ける

リベルサスは、発売直後は2週間分の処方しか認められていませんでしたが、2021年12月から長期服用ができるようになりました。

上記でもご紹介したように、リベルサスは効果を実感するまでに少なくとも3ヶ月かかります。即効性がないので、効果を実感するまでにやめてしまう方もいらっしゃいますが、リベルサスは長期服用になることを理解して治療に臨みましょう。

ただし、リベルサスを個人輸入している方は、すぐに服用をやめてクリニックで処方を受ける必要があります。リベルサスは個人輸入が可能な薬ですが、粗悪品の可能性もあり、重篤な副作用が生じるケースもあるので、必ずクリニックで処方されたものを使用してください。

投与量を増やす

リベルサスには、3mgと7mg、14mgの3種類があります。リベルサスを用いたダイエットでは、体調に合わせて徐々に投与量を調整していきます。

服用を初めて1ヶ月は3mgを継続して服用し、2ヶ月目からは7mgに変更し、様子をみていくのが一般的です。その上で効果がないと判断した場合は、医師の判断によって最大14mgまで増量できるので、相談してみるとよいでしょう。

なお、3mgでも食欲の低下などの効果を感じられた方は、7mgに変更せずそのまま様子をみることもあります。

まとめ

リベルサスの即効性や効果を実感できる時期などについてご紹介しました。

リベルサスは、服用によって自然と食欲を抑えて食事量が減ることで、ダイエット効果が期待できる経口薬です。しかし、飲んですぐに体重が減るわけではないため「効果はいつから得られるの?」「効果がないんじゃないの?」と思われている方もいらっしゃるようです。

リベルサスは、早いと服用を初めて3ヶ月程度経過すると効果を実感できます。確実に痩せるためには正しい服用方法を守り、医師の指示に従って継続するようにしましょう。

リベルサスに興味がある方や、リベルサスを服用しているけれどいつから効果が得られるのか気になっている方は、ぜひ本記事を参考にダイエットを成功させてくださいね。

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。