銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

スネコス注射にデメリットはある?特徴や効果をまとめて紹介

スネコス注射 デメリット

イタリアで生まれた「スネコス注射」は、非架橋結合ヒアルロン酸と6種類のアミノ酸を独自の比率で配合したエイジングケアが叶う注射。

ヒアルロン酸注射やボトックス注射に比べると、自然な仕上がりになることからナチュラルなフェイスラインを希望する方におすすめです。

この記事では、スネコス注射について、スネコス注射の3つの効果をお伝えしたあとに、気になるデメリットについても詳しくご紹介していきます。

スネコス注射について詳しく知りたい方、スネコス注射のデメリットを知ってから施術を検討したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

スネコス注射とは

スネコス注射 デメリット

一般的なヒアルロン酸注射は、真皮層にボリュームを出すことを目的としているため架橋されていますが、スネコス注射に使用されるヒアルロン酸は非架橋のヒアルロン酸で、さらっとしているのが特徴です。

まずは、そんな非架橋ヒアルロン酸を使用するスネコス注射について、詳しくご紹介します。

スネコス注射の配合成分

スネコスには以下のような成分が配合されています。

成分 効果
ヒアルロン酸 保湿
アミノ酸 グリシン コラーゲンを合成する
L-プロリン 天然保湿成分
L-リジン タンパク質・コラーゲン合成
L-アラニン コラーゲン・エラスチン合成
L-バリン 肌の弾力を維持
L-ロイシン タンパク質合成

肌の弾力やハリを構成する要素であるコラーゲンやエラスチンは、アミノ酸が主要成分となっているため、スネコス注射では6種類のアミノ酸をダイレクトに真皮層へアミノ酸を届けます。

また、架橋されていない非架橋ヒアルロン酸は、さらっとしていて血管閉塞のリスクも少なく、アレルギーも少ないと考えられていることや、ボリュームを出す注射ではないため適応部位が広いという特徴があります。

スネコス注射の種類

スネコスには「スネコス200」と「スネコス1200」の2種類があり、それぞれ以下のように期待される効果などが異なります。

  • スネコス200(低分子量の非架橋ヒアルロン酸)…肌のハリ回復、小じわや軽度のたるみを改善させる
  • スネコス1200(中分子量の非架橋ヒアルロン酸)…肌にボリュームを出す、深いシワやたるみを改善させる

スネコス200は低分子の非架橋ヒアルロン酸が配合されていて、顔全体の小じわを改善させることができます。目元やデコルテ、首などにも使用できるのが特徴。

一方で、スネコス1200はスネコス200に比べると分子量が多い非架橋ヒアルロン酸を含有しており、ほうれい線やゴルゴラインなどに対して効果的です。

深いシワや重度のたるみには、スネコス200とスネコス1200を併用して使用すると、より高い効果が得られます。

スネコス注射の効果はいつまで続く?

スネコス注射の効果持続期間は6~9ヵ月ほどといわれていますが、個人差があるため定期的に施術を繰り返すことをおすすめします。

スネコス注射をうけるおすすめの施術間隔

スネコス注射は、1回の施術で効果を実感できるというよりは、何度か施術を繰り返すうちに徐々に組織内のコラーゲンやエラスチンが増生されていきます。

そのため、週1回のペースで4回を受け、その後はメンテナンスとして月に1回のペースで施術を受けるのがおすすめです。

スネコス注射の痛みやダウンタイム

スネコス注射は注射治療となるため、針を刺すときに痛みが生じることがあります。

また、施術後に腫れや内出血が生じることもありますが、メイクでカバーできる程度です。しかし、目立たなくなるまでに1~2週間ほどの時間が必要となる場合があります。

治療回数を重ねるごとに内出血が出づらくなる傾向にあるため、最初の施術で内出血をしてしまったとしても、数回施術を行うことで気にならない程度になってくることもあります。

スネコスの費用相場

スネコスは保険適用されない治療となるため、自由診療となることから、クリニックによって価格が異なります。

  • スネコス200…1回55,000~77,000円
  • スネコス1200…1回100,000円前後

スネコス200なのか、スネコス1200なのかによっても価格が変わってくるため、カウンセリングで改善させたいお悩みを医師と相談し、予算と比較しながら施術を選ぶようにしましょう。

スネコス注射の3つの効果

スネコス注射 デメリット

スネコス注射にはシワやたるみの改善、美肌効果、クマの改善などさまざまな効果が期待できます。

ここからは、スネコス注射の3つの効果をご紹介します。

シワやたるみの改善

スネコス注射は非架橋ヒアルロン酸とアミノ酸が独自に配合されている特許取得済みの製剤です。この組み合わせがコラーゲンやエラスチンを生み出す線維芽細胞を取り囲む細胞外マトリックスを増加させ、肌のハリを改善して若々しい肌をよみがえらせます。

外部からハリを出すのではなく、自分の組織によって内側からコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を増生させるため、ナチュラルな仕上がりが叶うのが特徴。

額や目尻、首や手の甲などあらゆる部位に適応可能で、侵襲的な手術をしなくても若返りが叶う施術として注目されています。

美肌効果

スネコス注射を注入することで、肌のボリュームアップが叶うだけではなく、保湿効果やハリ、ツヤの改善なども期待できます。

線維芽細胞の細胞外マトリックスを増加させる効果は、治療の効果が切れたあとも完全に失われるわけではないといわれています。

前述した6種類の特殊な比率で配合されたアミノ酸が、コラーゲンやエラスチン、タンパク質の生成に働きかけるので、総合的に肌質を改善させたいと考えている方におすすめできる治療です。

クマの改善

クマには種類があり、とくに皮下の静脈が透けて見える「青クマ」や、目の下の脂肪によって影ができる「影クマ(黒クマ)」は治療が難しいうえに、メイクで隠すのも大変だと感じる方も。

青クマの原因は血行不良、影クマ(黒クマ)の原因は皮膚のたるみとされていますが、スネコス注射はそんな青クマと影クマ(黒クマ)の改善が期待できる施術で、皮下に厚みと弾力をもたらすとによってクマを改善に導きます。

スネコス注射にデメリットはある?

スネコス注射 デメリット

スネコス注射は、通常のヒアルロン酸注射で誤注入などによって起こる血管閉塞のリスクが少ないことや、顔のほとんどの部位に適応するうえに自然な仕上がりになるというメリットがあります。

そんなスネコス注射に、デメリットはあるのかと気になる方も多いですよね。

スネコス注射のデメリットとして挙げられるのは以下の2点です。

  • 数日内出血が起こる可能性がある
  • スネコス注射を受けられない方もいる

前述したように、注射針を用いた治療となるため、数日間は内出血を引き起こすことがあります。しかし、一般的に内出血は1~2週間ほどとされていることや、顔への施術でもメイクで隠せる程度の内出血であることから、患部を目立たないようにすることができます。

副作用に関しては、経過観察をしたうえで気になるようであれば、施術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

スネコス注射は、以下のような方は受けることができません。

  • 妊娠中や授乳中の方
  • 重度の多発性アレルギーがある方
  • アナフィラキシーショックを起こしたことがある方
  • 出血量が多くなる薬を服用している方
  • シリコンによる整形を受けている方
  • 皮膚疾患や皮膚の炎症、感染症がある方

このように、スネコス注射を受けられない方もいるため、持病がある方は医師に相談のうえ施術を受けるようにしましょう。

スネコス注射の流れ

スネコス注射は以下のような流れで施術が行われます。

  1. カウンセリング
  2. 洗顔
  3. 冷却
  4. スネコス注入
  5. 終了

カウンセリングの際は、服用している薬や今までにかかった病気などをしっかり医師に伝えるようにしましょう。医師の判断によっては、スネコス注射を受けられないこともあるため注意が必要です。

カウンセリング後は洗顔をし、メイクを落とした状態で注入部位を冷却。希望の方には麻酔クリームを塗布して痛みや不安を軽減することもできます。

スネコスを注入したあとは、すぐにメイクをして帰宅することができます。

まとめ

スネコス注射は、非架橋ヒアルロン酸と6種類のアミノ酸を注入することによって、肌自体がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成するため、肌本来の美しさを手に入れることができる治療です。

真皮の線維が細胞に直接働きかけることができるため、目尻の小じわが気になるという方や、青クマや影クマ(黒クマ)が気になるという方、全体的に肌質を改善させたいという方におすすめです。

ほうれい線やゴルゴラインなどの深いシワにも効果があるとされているため、美容医療に頼りたいものの侵襲的な施術は躊躇してしまうと考えている方も、注射をするだけのスネコスなら気軽に試すことができます。

スネコス注射を検討している方は、ぜひ一度クリニックに足を運んでみてくださいね。

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアイテムアフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術クマクリニック選びコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダウンタイムダリアブライダルコースデメリットトリニティ・プラストレンドニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射プラセンタプラセンタ注射ヘリオケアボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリフトアップレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法再生医療切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。