銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

糸リフトのダウンタイムは?施術後に現れる症状や過ごし方のポイントを解説

糸リフト ダウンタイム

美しさを追求する方法として注目を集める糸リフトは、メスで切らずにたるみやシワ改善が目指せることや、効果の実感しやすさで選ばれるリフトアップ手法です。

しかし、どのような美容施術にもダウンタイムは避けられません。

ダウンタイムとは、施術を受けてから通常の生活に戻るまでの期間のことを指します。

糸リフト施術後の1週間から2週間は、痛みや腫れなどのダウンタイム症状が起こる場合がある点に注意が必要です。

本記事では、ダウンタイム期間中の過ごし方や症状の緩和方法について解説します。

糸リフトの施術を受けたい方はぜひ参考にしてみてください。

糸リフトのダウンタイム期間は1週間から2週間程度

糸リフト ダウンタイム

糸リフトのダウンタイム期間は1週間から2週間程度です。

施術後、腫れや赤み、内出血などが生じることがあり、個人差はあるものの通常これらの症状は1週間程度で落ち着いてきます。

徐々に症状が改善してくるため、日常生活に支障をきたすことはほとんどありません。

それでも施術部位・肌質・施術の範囲によっては回復に時間が必要な場合もあるため、専門の医師としっかりとしたカウンセリングを行い、個々の状況に合ったアフターケアの指導を受けることが重要です。

糸リフトは、適切にケアを行えば、自然なリフトアップ効果を得ることができる施術といえます。

糸リフトのダウンタイム中に起こる主な症状には痛みや腫れなどがある

糸リフト ダウンタイム

糸リフトは、皮下に特殊な糸を挿入し、肌のたるみを改善する施術です。

ダウンタイム中には、痛み、腫れ、内出血などの症状が起こることがあります。

これらは施術による身体の反応であり、適切なアフターケアを行うことで徐々に回復していきます。

ここでは糸リフトのダウンタイム中に起こる症状について解説します。

また、以下の記事では糸リフトを含め、7つの切らないリフトアップ施術について解説しています。

よろしければ、こちらも合わせてご覧ください。

切らないリフトアップで半永久的な効果持続は可能?おすすめの方法7つ

痛み

糸リフト後に感じられる痛みは、多くの場合、施術直後から数日間にわたって発生します。

挿入された糸が組織と結合し始める際に神経が刺激されるためです。

痛みの程度は人によって異なり、通常はクリニックで処方される痛み止めで痛みの緩和が可能です。

糸リフト専用のアフターケア方法を実践することで、痛みは徐々に和らぐ傾向にあります。

腫れやむくみ

糸リフトのダウンタイム中によく見られる腫れやむくみは、施術により皮下組織が微細な損傷を受けることで生じます。

これは治癒反応の一部であり、身体が修復作業を行う過程で起こるものです。

患部をしっかりと冷やすことで腫れを抑えることができ、数日から1週間程度で改善が見込まれます。

傷跡

糸リフト施術後の傷跡は、非常に小さく目立たないケースが多いです。

しかし、針を挿入する際の微細な傷が残ることはあります。

傷跡は施術した医師の技術や一人ひとりの皮膚の状態によっても異なり、ケアを怠ると目立ちやすくなることがある点に注意が必要です。

適切なケアを行うことで、傷跡は通常数週間で薄れていきます。

肌に凹凸が生じる

糸リフト施術後、肌に凹凸が生じることがあります。

これは一時的なものであり、糸が皮膚に馴染むにつれて改善されるケースがほとんどです。

糸の組織への組み込みが適切になされれば、肌の凹凸も自然と目立たなくなります。

肌のつっぱり感

糸リフト施術後には肌につっぱり感を覚えることがあります。

これは糸によって引き上げられた皮膚の感覚であり、施術の効果の一つとも言えます。

時間と共に皮膚が新しい状態に慣れ、つっぱり感は自然と減少する傾向にあります。

内出血

糸リフト施術後には、針が血管を傷つけることで内出血が発生することがあります。

これも通常は一時的な症状であり、身体が修復する過程で自然と解消されていくケースがほとんどです。

内出血の範囲や色は個人差が大きく、冷却や圧迫などの対処法で回復を速められます。

糸リフト施術後のダウンタイムの過ごし方のポイント

糸リフト ダウンタイム

糸リフト施術後には、適切なアフターケアが結果に大きく影響を及ぼします。丁寧なケアを行えば、ダウンタイムを短くする効果が期待できます。

快適な回復を促進するための数々の注意点をきちんと守ることが重要です。以下に挙げるポイントを参考に、ダウンタイム中の生活に役立ててください。

顔を触らない

糸リフトを施術した部位は、非常に繊細な状態です。

糸リフトによって挿入された糸が定着するまでの期間、無意識のうちに顔を触ることで糸が移動するリスクがあります。

その結果、希望通りのリフトアップ効果が得られない可能性が考えられます。

また手には多くの細菌が存在するため、むやみに施術部位に触れることは感染症の原因ともなり得ます。

したがって、顔への接触は避け、清潔な状態を保つことが非常に重要です。

激しい運動や長時間の入浴は避ける

血流増加は炎症を引き起こす要因の1つです。

激しい運動を行うことによって全身の血流が促進され、腫れや内出血の悪化につながります。

さらに長時間の入浴も同様に血行を良くし、腫れや出血を悪化させることがあります。

血行が促進される行動はダウンタイムを長引かせる原因となるため、回復期間中は軽い散歩程度の運動に留め、シャワーで済ませることが望ましいです。

アルコールを飲まない

アルコールは血管を拡張し、出血のリスクを高める作用があります。

施術後しばらくは体内での治癒プロセスが進行しているため、糸リフトの効果をしっかりと得るためにもアルコールの摂取は控えるべきです。

アルコールによって血行が良くなると、腫れや痛みを引き起こす可能性もあります。可能であれば施術後1週間〜2週間ほどは控えるのがおすすめです。

口を大きく動かさない

糸リフト施術では、特に顎周辺や口元へ糸を挿入することが多いです。

大きな口を開ける、あくびをするなど口元の動きが大きい行動は、糸の位置ズレや肌への過度なストレスを引き起こす可能性があります。

無理のない程度に表情をコントロールし、ゆっくりと食事するように心掛けましょう。

やわらかいものを食べる

糸リフト後は、硬いものを噛む力が糸に対して不要なストレスを加えることが想定されます。

摂取する食品を選ぶ際は、やわらかく噛む力が少なく済むものを選ぶとよいでしょう。

具体的にはスープ、プリン、ゼリーなどがおすすめです。また、一口分を小さく切ってから口に運ぶようにすると、口を大きく開けなくて済みます。

うつぶせで寝ない

睡眠中も顔への圧迫を避けるため、うつぶせで寝ないようにしましょう。

顔への不要な圧力があると糸が動いたり、施術結果に影響を及ぼすことがあります。

仰向けや横向きでの安定した睡眠姿勢を心掛け、顔への圧力を抑えることが大切です。

適切な枕を使用し、快適で安定した睡眠体制を整えれば、回復期間中も安心して休息を取ることができます。

糸リフトダウンタイム中の腫れや痛みを抑える方法

糸リフト ダウンタイム

糸リフトのダウンタイム中の腫れや痛みを抑える方法として、患部を冷やして安静にすること、クリニックが処方する痛み止めを服用することなどが挙げられます。

ここではこれら2つの方法について詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

患部を冷やして安静に過ごす

糸リフトのダウンタイム中に推奨されるケアの一つが冷却です。

患部を冷却することにより、施術後の反応として現れる腫れの進行を抑制します。

冷やすことで血管が収縮し、炎症反応を緩和する効果が期待できるのです。

また、冷却は鎮痛効果も持つため、ダウンタイム中の不快感を減少させる手助けとなります。

クリニックが処方する痛み止めを服用する

手術に伴う痛みは、クリニックから処方される薬によって抑制することが可能です。

医師の指示に従い、適量の痛み止めを服用することで、施術後のダウンタイムをより快適に過ごせるでしょう。

なお痛み止めには種類が多く、患者さんの状態や痛みの度合いによって適したものが異なるため、服用前には必ず医師の指示をきちんと理解することが重要です。

自己判断での服用は避け、医師の処方に基づいて適切な管理を心がけましょう。

まとめ

糸リフトのダウンタイムは一般的に1週間から2週間程度とされており、この期間には痛みや腫れなどの症状が出ることがあります。

施術後の注意点を守り、適切なケアを心掛けることで、これらの症状を抑えることができるでしょう。

施術後のダウンタイム中は、激しい運動や長時間の入浴を避ける、顔を強くこすらないなどの行動を取り、丁寧なケアを行うことが大切です。

これらのポイントを守ることで、ダウンタイム中の不快感を抑えられます。

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。