銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

ゼオスキンのデイリーPDに含まれる成分とは?副作用や使い方も紹介

ゼオスキン デイリーPD

ゼオスキンにはさまざまなプログラムが存在しますが、多くのプログラムで使用される「デイリーPD」にはどんな効果があり、どのような成分が配合されているのでしょうか?

また、デイリーPDにはレチノールが配合されているため、レチノールを塗布した際にA反応(ビタミンAによって皮むけや赤みが出る反応)がどの程度でるのかも把握しておきたいところです。

この記事では、ゼオスキンのデイリーPDの効果、配合成分をご紹介したあとに、副作用や使う順番についても解説します。

デイリーPDの使用を検討しているという方、デイリーPDを使用するプログラムで治療中だという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ゼオスキン デイリーPDの効果

ゼオスキン デイリーPD

ゼオスキンのデイリーPDは、主に紫外線や酸化を抑えてくれるという美容クリームです。ゼオスキンシリーズの中で「光老化ケア」に分類されるデイリーPDには、どのような効果があるのでしょうか?

まずは、ゼオスキンのデイリーPDの効果をご紹介します。

光老化ケアができる

長年日光を浴び続けることで起こる肌のシミやしわ、たるみなどの変化を光老化と呼びます。光老化は、紫外線を浴びた時間と強さに比例するとされていて、UVAとUVBそれぞれが肌に影響を与えます。

UVAは真皮や皮下組織まで届く波長の長い光で、線維芽細胞を損傷させてコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成ができなくなり、分泌量が低下します。メラニン色素の合成を増やしてシミが目立つようになるなど、長年浴びた紫外線によって肌に変化が現れます。

また、UVBはUVAよりも波長が短いため肌の表面にしか届きませんが、皮膚表面に直接ダメージを与えます。日焼けをして肌がヒリヒリするようなやけどの状態はUVBの影響によるものです。さらに、ターンオーバーを乱してバリア機能を低下させることもあります。

デイリーPDは、光老化を未然に防ぎ、健やかな皮膚を保つことができます。

肌にハリを与えてうるおいで満たす

肌はハリを失うとたるみやしわが目立つようになり「疲れて見える……」「シワが増えている……」など、鏡を見たときに自分の顔が気になってしまうことも。

顔にハリがある状態とは、コラーゲンの量が十分にあり、みずみずしく滑らかな状態。コラーゲンの量は年齢とともに減少していってしまうため、歳を重ねるごとにハリは失われていってしまうのです。

コラーゲンの他にも、皮膚の真皮にあるエラスチンが失われると、肌の弾力が低下してしまいます。

デイリーPDは肌にハリを与えるレチノールの効果によって、ハリとツヤのあるキメの整った肌へと導くことができるアイテムです。

ゼオスキン デイリーPDの配合成分

ゼオスキン デイリーPD

光老化の防止やハリ感アップに大きく効果をもたらすデイリーPDには、どのような成分が配合されているのでしょうか?

ここからは、ゼオスキンのデイリーPDに含まれる成分をご紹介していきます。

レチノール・パルミチン酸レチノール

レチノールやパルミチン酸レチノールは、ビタミンAの一種です。ビタミンAはもともと肌に貯蔵されていて、紫外線によるダメージを正常に整えて健康な肌を保つ役割があります。

しかし、紫外線を浴びることで体内のビタミンAは破壊されてしまうため、毎日肌に補給してあげることが重要。

ビタミンAには以下の形態があります。

  パルミチン酸レチノール 酢酸レチノール レチノール レチナール レチノイン酸
皮膚への刺激 ★★ ★★★ ★★ ★★★★★
浸透度 ★★★★★ ★★★★ ★★ ★★★
安定性 ★★★★★ ★★★★★  

右にいくほど活性が強くなるため効果も強いのですが、肌には刺激が強くなります。

デイリーPDに配合されているレチノールとパルミチン酸レチノールは、肌への刺激を弱めつつ長期的にも使用できる成分となっています。

セラミド6

セラミドはもともと肌に存在している成分で、角質層の間を埋めて細胞同士や肌内部の水分をつなぎとめています。セラミドが細胞間の水分を保持することによって、肌のうるおいは保たれているのです。

また、外部刺激に対するバリア機能も備わっていて、肌荒れや乾燥から肌を守る働きも担っています。

セラミドには以下の7種類があります。

  • セラミドEOP(セラミド1)…保湿効果や外部刺激から保護する効果
  • セラミドNG(セラミド2)…高い保湿効果
  • セラミドNP(セラミド3)…保湿効果、しわ対策
  • セラミドEOH(セラミド4)…角質とバリア機能を高める
  • セラミドAG(セラミド5)…外部刺激から肌を保護する
  • セラミドAP(セラミド6)…保湿効果、しわ対策、ターンオーバーの促進
  • セラミドAH(セラミド7)…抗炎症や抗菌作用によって、皮膚常在菌のバランスを整える

この中でも、デイリーPDにはセラミド6が配合されていることで、保湿対策やしわ対策とともに、肌のターンオーバーを活性化させる働きがあります。

ロキシソーム

ロキシソームは、酸化ストレスを抑制する働きがあります。酸化ストレスとは、活性酸素がDNAやたんぱく質を傷つけることがないように備わっている抗酸化力が衰えてしまうことや、活性酸素が増えすぎてしまっていることによって、両者のパワーバランスが崩れている状態。

シワや白髪が増える、疲れやすくなるなどの老化現象は、酸化ストレスが原因といわれていて、蓄積することで肌の老化を早めてしまうのです。

ロキシソームは、酸化ストレスによるミトコンドリアDNAの損傷を抑制する効果があり、肌にとって欠かせない成分となります。

ウルトラソーム

人間の設計図でもあるDNAは、日々浴びている紫外線などの影響によってダメージを受け続けています。

デイリーPDに含まれるウルトラソームは、DNAダメージを修復して美肌に導くという効果があります。

ビタミンE

ビタミンEは、三大栄養素を摂取するうえで、代謝を促す調整役となります。健康維持には欠かせないビタミンEは、水に溶けにくく油脂に溶けやすい脂溶性ビタミンの一つ。

ビタミンEが不足すると、血行不良による冷え性や頭痛、肩こり、貧血症状がみられるほか、美容面でも肌の代謝が落ちたり、シミやしわを誘発したりすることがあります。

ビタミンEは「若返りのビタミン」ともいわれるほど肌の土台作りやトラブル改善に効果を発揮します。血行をよくしたり、肌のターンオーバーを促したりして肌のバリア機能を保ち、美肌に導きます。

デイリーPDの副作用は?

ゼオスキン デイリーPD

デイリーPDに配合されているレチノールは、刺激が少なくバリア機能を強化する成分が多く含まれているため、A反応(ビタミンAによって皮むけや赤みがでる反応)は少ないとされています。

しかし、初めてレチノール配合の製品を使用するという方は、A反応が出る可能性もあるため、使用前に医師とよく相談してから使用を開始するようにしましょう。

とくに、敏感肌の方やアトピー性皮膚炎などの既往歴のある方は、A反応が強く出る可能性があるため注意が必要です。

デイリーPDを使う順番は?

ゼオスキン デイリーPD

デイリーPDは、化粧水のあとに使用することが推奨されています。クレンジング、化粧水、デイリーPDの順番で使用するようにしましょう。

また、ゼオスキンの治療中は他にも美容クリームを使用するケースがありますが、他の美容クリームはデイリーPDを使用したあとに塗布するようにしましょう。

【使用方法】

1日2回、洗顔と化粧水で肌を整えてから2プッシュほど手に取って肌に馴染ませる。

まとめ

ゼオスキンのデイリーPDについて、効果や配合成分、副作用、使用する順番などをご紹介しましたが、参考になりましたか?

ゼオスキンのデイリーPDは、比較的マイルドなレチノールが配合されているため、A反応が気になってなかなかゼオスキンをはじめられないと躊躇している方にもおすすめです。

紫外線による肌トラブルや乾燥などの光老化に効果のあるアイテムとして、毎日のスキンケアに取り入れてみたいという方は、ぜひクリニックまで足を運んでみてください。

 

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術クマクリニック選びケミカルピーリングコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダウンタイムダリアブライダルコースデメリットトランサミントリニティ・プラストレンドニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射プラセンタプラセンタ注射ヘリオケアボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリフトアップレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法再生医療切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。