銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

ゼオスキンのハイドラファームに含まれる主成分を徹底解説!目元のお悩みにおすすめのアイテム

ゼオスキン ハイドラファーム

目元に現れるクマは「疲れて見える」「実年齢よりも高く見られる」といったお悩みを引き起こします。

クマには色素沈着が原因の茶クマ、血行不良が原因の青クマ、肌のへこみやたるみが原因の黒クマが存在しますが、それぞれに合ったケアが必要なので、自分のクマの種類はなんなのかと把握することが必要です。

目元のケアが面倒でコンシーラーでカバーしているという方も多いのですが、根本的な解決にはならないため隠すのが難しくなってくることも。メイクで隠すのも難しい頑固なクマには、ゼオスキンのハイドラファームがおすすめ。

この記事では、ゼオスキンハイドラファームの効果とハイドラファームに含まれる主成分について詳しくご紹介します。

目元のクマにお悩みの方、ゼオスキンのハイドラファームを使用したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ゼオスキンハイドラファームの効果

ゼオスキン ハイドラファーム

ゼオスキンのハイドラファームは、目元専用のアイクリームで、目元のクマを改善することや、ハリやうるおいを与える効果があるとされています。

まずは、ゼオスキンのハイドラファームの効果をご紹介します。

3つのクマにアプローチ

目の下にできるクマには実は種類があり、それぞれ以下のような原因によってできるとされています。

  • 茶クマ…色素沈着
  • 青クマ…血行不良
  • 黒クマ…肌のへこみやたるみ

茶クマは紫外線によるダメージやストレス、乾燥、摩擦などが原因となり色素沈着して目元が茶色になっている状態。

青クマは血行不良が生じて黒ずんだ血液が透けて見えている状態。寝不足や疲れなどが主な原因として挙げられます。

黒クマは下まぶたにへこみやたるみがあることで、影ができている状態。茶クマや青クマとは違い、皮膚そのものが色付いているわけではありません。目の下の脂肪を抑えている眼輪筋のゆるみなどが原因となります。

ゼオスキンのハイドラファームは、これら3つのクマに対してそれぞれ有効な成分が含まれているため、原因がいくつかある複合的なクマにも効果を発揮します。

ハリやうるおいを与えるアイクリーム

年齢を重ねるとともに、目の周りがたるんできた、小じわが気になるようになってきたという方は多く、目元は年齢が現れる部分とされています。

目元にエイジングサインが出る原因は、乾燥や筋肉の衰え、皮下脂肪の衰え、コラーゲンやエラスチンの減少などが考えられます。

とくに、年齢を重ねるとコラーゲンやエラスチンが生成されなくなり「目元に若いころのハリが感じられない……」と鏡を見るたびにお悩みの方も多いです。

ゼオスキンのハイドラファームは、目元に塗布することで年齢を感じさせるたるみや小じわを解消させ、ハリやうるおいを与えることができます。

ゼオスキンハイドラファームの主成分

ゼオスキン ハイドラファーム

ゼオスキンのハイドラファームは目元のエイジングサインに効果のあるアイクリームですが、一体どのような成分が含まれているのでしょうか?

さまざまな成分が含まれていることで、前述した3つの種類のクマを解消させることができるハイドラファームは、目元が気になるとお悩みの方におすすめです。

ここからは、ゼオスキンのハイドラファームに含まれる成分を細かく解説していきます。

サッカロミセス溶解質エキス

サッカロミセスは菌の一種で、発酵させるときに出るエキスがサッカロミセス溶解質エキスです。肌にハリを与えてシワやほうれい線を改善させる効果や、血行をよくしてクマを改善させる効果があります。

また、アミノ酸17種類、ビタミン5種類、ミネラル8種類が配合されていて、表皮の水分量を増加させて皮膚表面に保護膜を生成し水分を保持する働きがあります。

ジパルミチン酸コジク

ジパルミチン酸コジクには、コウジ酸が含まれています。コウジ酸は、1988年に厚生労働省によって美白有効成分に認可されている成分です。

皮膚内のメラノサイトが過剰なメラニンを生成するのを抑制し、色素沈着を改善させる働きがあり、色素沈着が原因の茶クマに効果を発揮します。

ZPRO

ZPROはゼオスキンオリジナルの複合成分で、植物幹細胞(フサフジウツギ成長点細胞培養物)と加水分解セリシンが含まれています。

フシフジウツギとは、バタフライブッシュとも呼ばれる植物、セリシンは独特なアミノ酸組織をもっていて、カイコが作る繭に含まれている成分です。

ZPROは、ヒアルロン酸とコラーゲンの生成をサポートし、紫外線吸収、保湿、抗酸化作用などさまざまな効果が期待できる成分です。

レチノール

レチノールはビタミンAの一種で、ターンオーバーを促進してくすみや色ムラなどを改善させることや、ヒアルロン酸の合成を促進して表皮を厚くふっくらとさせることが特徴。

コラーゲンやエラスチンの生成を促進するため、シワを改善させ若々しい印象に導きます。

通常ビタミンAを肌に塗布するとA反応と呼ばれる皮むけや赤みが起こりますが、ハイドラファームは目元に使用することからA反応が出にくい処方となっています。

スクワラン

スクワランは、アイザメなどの深海鮫の肝油中に存在するスクワレンに水素を添加して安定させたもので、もともと人の皮脂の中にも存在しているうるおい成分。

肌のうるおいを守る保湿効果、肌を柔らかくするエモリエント効果、バリア機能を高める効果などさまざまな効果を発揮します。

年齢を重ねるごとに皮脂内のスクワレンの量は減ってしまいますが、スクワラン配合のハイドラファームを使用することで、肌にうるおいを与えることができます。

ダイズ種子エキス

ダイズ種子エキスは、その名の通り大豆の種子から水などで抽出したときに得られる抽出物です。ダイズ種子エキスには、女性ホルモンの一種であるエストロゲンを活発にさせる効果が認められています。

線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を活性化して、肌の弾力やうるおい、ハリを取り戻すことができます。

カフェイン

カフェインはコーヒーなどに含まれる成分として知られていますが、実は肌に塗布することで血行を良くして目元の青クマを解消させる効果があります。

また、抗酸化作用もあるためシミやしわの軽減といった効果も期待できます。

目元にマッサージするように塗り込むことで、エイジングケアが叶うアイテムです。

他にも、カルニチンやコエンチームAといった血行を良くする成分が含まれており、青クマ解消への効果が高いことが特徴です。

ゼオスキンハイドラファームの順番は?

ゼオスキン ハイドラファーム

ゼオスキンのハイドラファームは、クレンジング、ポリッシュ、化粧水のあとに使用するようにしましょう。

ゼオスキンを使用しているときは、さまざまなアイテムを組み合わせて使用することが多くどの順番でハイドラファームを使用するべきか迷ってしまうという方もいらっしゃいます。

ハイドラファームは化粧水のあとに使用し、他の美容クリームはそのあとに使用しましょう。

ゼオスキンハイドラファームの使い方

ゼオスキン ハイドラファーム

ゼオスキンのハイドラファームは、1日2回、朝と夜のスキンケアの際に使用します。

使い方は、化粧水で肌を整えたあとに、米粒大を目の周りに塗布し、優しくおさえるようにマッサージをします。

このとき、擦ったり強い力を与えたりしないように気を付けましょう。優しくマッサージすることで、有効成分が肌に浸透し血行を促進して目元のトラブルを改善させる効果が期待できます。

ゼオスキンGファクターアイセラムとの違い

ゼオスキン ハイドラファーム

ゼオスキンには2つの目元ケア用美容クリームがあります。ハイドラファームともう一つはGファクターアイセラムです。

Gファクターアイセラムは、乾燥小じわや目元が気になる方向けの美容液で、なめらかでふっくらとハリのある目元へ導くことができるアイテム。

そのため、目元の乾燥や小じわが気になる方はGファクターアイセラム、クマが気になる方はハイドラファームを使用するとよいでしょう。

まとめ

ゼオスキンのハイドラファームについて、効果や配合成分、使用方法や使う順番などさまざまなことをご紹介しましたが、参考になりましたか?

ゼオスキンの製品は、こだわりぬいた成分がたっぷり配合されていて、クマの原因である色素沈着、血行不良、肌のへこみやたるみなどさまざまな方向からアプローチすることで目元のケアができます。

1つのアイクリームでさまざまなクマに対応できるアイテムとして、複合的なクマでお悩みの方にもおすすめできる製品です。

3つのタイプのクマでお悩みの方は、ぜひハイドラファームを使用してお悩みを解消させてみてくださいね。

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術クマクリニック選びケミカルピーリングコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダウンタイムダリアブライダルコースデメリットトランサミントリニティ・プラストレンドニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射プラセンタプラセンタ注射ヘリオケアボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリフトアップレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法再生医療切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。