銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

ゼオスキンの皮むけはいつまで?期間中の対応方法を紹介

ゼオスキン

ゼオスキンは、医療機関で行えるスキンケアとして、スキンケアの分野で高い評価を受けているゼイン・オバジ先生が35年かけて作ったアイテムです。

クリニックでカウンセリングを受け、肌悩みや肌の状態に合わせて処方されるゼオスキンですが、使用期間中に皮むけが生じることでも知られています。

そんなゼオスキンによる皮むけですが、一体いつまでなのか?皮むけを起こしているときの注意点は?など、疑問も多くあります。

この記事では、ゼオスキンの皮むけが起こる理由、皮むけはいつまで起こるのか、皮むけ中の対応方法をご紹介していきます。

ゼオスキンの皮むけが気になっている方、使用中に皮むけしていていつまでなのかと心配している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ゼオスキンとは

ゼオスキン

ドラッグストアやデパートで販売されている表皮に浸透させるスキンケアと違い、ゼオスキンは美容成分を真皮にまで浸透させるため、素肌を根本的に改善させることができます。

長期的にゼオスキンを使用することで、以下のようなさまざまな肌トラブルを改善に導きます。

  • シミ
  • しわ
  • ニキビ肌
  • 毛穴 など

ゼオスキンには化粧水、クリーム、美容液、日焼け止めなどが展開されていて、一人ひとりに合わせたプログラムによってそれらを組み合わせることで、美肌を目指していくスキンケアです。

真皮にまで浸透することでターンオーバーを促し、健康な細胞の生成を促進させることで、さまざまな肌トラブルを改善し、ふっくらとハリのある素肌になれるのが、ゼオスキンを使用することの特徴といえます。

ゼオスキンで皮むけが起こる理由

ゼオスキン

ゼオスキンで皮むけが起こる理由は、ビタミンA誘導体であるトレチノインが配合されているアイテムを使用しているからです。

トレチノインは、表皮のターンオーバーを促進するため、効果としてメラニンを排出してシミが薄くなる、皮脂を取り除くことでニキビができにくくなるなどが挙げられます。

しかし、肌のターンオーバーを促進するということは、新しい皮膚の生成が増えて角質の排出が活発化するということです。

そのため、新しい肌に生まれ変わるまでの期間は、皮むけや赤みに悩まされる方も多いのですが、どの程度皮むけが起こり続けるのかを把握することで、治療の予定が立てやすくなるでしょう。

ゼオスキンの皮むけはいつまで?

ゼオスキン

ゼオスキンのなかでも一番皮むけするとされているプログラムが「セラピューティック」と呼ばれるもので、セラピューティックは以下のような過程で行われることになります。

  • 反応期(4~6週間)…新しい肌に生まれ変わる時期
  • 耐久期(4~6週間)…肌に耐性がつく時期
  • 完成期(4~6週間)…肌が新しく生まれ変わる時期

このように、3段階の過程を経て美肌へと導く治療となっているため、最初の4~6週間ほどはターンオーバーを促すための皮むけが激しくなるといわれ、とくにその中でもピークは2~3週間目だという方が多いです。

セラピューティックを行ううえでこの反応期の皮むけやひりつき、かゆみを心配し、不安になってしまう方も多いのですが、肌がきれいになる通過点として4~6週間ほど耐えれば、そのあとは肌にハリが見られるようになり、毛穴や小ジワが目立たなくなるなどの変化を感じられます。

皮むけしないプログラムもある

ゼオスキン

ゼオスキンには、皮むけしてしまうセラピューティックプログラムの他にも3つのプログラムが存在します。

さらに、基本の4つのプログラム以外にも皮むけが心配な方は、カウンセリングで相談することで独自のプログラムを組めるケースもあるため、医師に相談してみましょう。

ここからは、ゼオスキンの4つのプログラムをご紹介します。

セラピューティックプログラム

セラピューティックプログラムでは主に以下の製品を使用します。

  • クレンジング…ジェントルクレンザー、ハイドレーティングクレンザー、エクスフォリエーティングクレンザーのいずれか
  • 化粧水…バラトーン
  • 美白クリーム…ミラミン、ミラミックス、デイリーPDのいずれか又は組み合わせ
  • 日焼け止め…BSサンスクリーン
  • トレチノイン

美しく健やかな肌を目指す、ハイドロキノン配合のスキンコンディショニングプログラムで、皮むけは必須です。

ダメージを受けた肌の諸症状に効果のある製品を、段階的に使用します。

メンテナンスプログラム

メンテナンスプログラムでは主に以下の製品を使用します。

  • 洗顔料…ジェントルクレンザー、ハイドレーティングクレンザー、エクスフォリエーティングクレンザーのいずれか
  • スクラブ洗顔…エクスフォリエーティングポリッシュ
  • 化粧水…バラトーン
  • 美容クリーム…デイリーPD、ブライタライブ、シーセラム、Wテクスチャーリペアのいずれかまたは組み合わせ
  • 日焼け止め…サンスクリーンプラスプライマー

メンテナンスプログラムは、レチノールが配合されたアイテムを使用しますが、皮むけはマイルドです。

セラピューティックプログラムの後に元の肌状態に戻らないよう、リバウンドを緩やかにするためのスキンケアとして使用することも多いプログラムとなっています。

デイリースキンケアプログラム

デイリースキンケアプログラムでは主に以下の製品を使用します。

  • 洗顔料…ジェントルクレンザー、ハイドレーティングクレンザー、エクスフォリエーティングクレンザーのいずれか
  • スクラブ洗顔…エクスフォリエーティングポリッシュ
  • 化粧水…バラトーン
  • 美容クリーム…デイリーPD、Gファクターセラム
  • 日焼け止め…サンスクリーンプラスプライマー

デイリースキンケアプログラムも、皮むけは緩やかなものになります。

ハリ感をアップさせたい、エイジングケアをしたいという方におすすめのプログラムで、美しい肌を維持するための毎日のスキンケアで肌の活性と修復力をサポートします。

プリベンションプログラム

プリベンションプログラムでは主に以下の製品を使用します。

  • 洗顔料…ジェントルクレンザー、ハイドレーティングクレンザー、エクスフォリエーティングクレンザーのいずれか
  • 化粧水…バラトーン
  • 美容クリーム…デイリーPD
  • 日焼け止め…サンスクリーンプラスプライマー

プロベンションプログラムは基本的なアイテムを使用し、ダメージを受けた肌の修復をサポートするプログラムです。

皮むけをせずにとにかくゼオスキンを試したいという方におすすめで、未然に肌トラブルを防ぐことを目指していきます。

皮むけ中の対応方法

ゼオスキン

ゼオスキンを使用しているときに、皮むけがひどいと不安になってしまうこともありますが、肌がきれいになる過程で起こる正常な反応なので、医師と相談しながら過剰に触らずに治まるのを待つことが重要です。

ここからは、ゼオスキンの皮むけ中の対応方法をご紹介します。

メイクについて

原則皮むけ中でもファンデーションやプライマーを使用することは可能ですが、アイテムによってはメイク崩れを起こしたり、肌にしみたりする場合があります。

ゼオスキンのサンスクリーンプライマーは、プライマーやファンデーション代わりとして使用することができるのでおすすめです。

または、肌に刺激が少ない、石鹸で落とせるタイプのミネラルコスメやオーガニックコスメを使用するなど、トラブルが起こったら医師と相談しながら使用するコスメを選びましょう。

皮むけがひどいときは医師に相談

前述したように、ゼオスキンは選択するプログラムによって皮むけの程度が変わります。効果が高く、即効性があるものほど皮むけがひどくなることもありますが、効果と副反応とのバランスを考えて治療を選択することが必要となります。

また、あまりにも皮むけがひどく、かゆみなどが生じ日常生活に支障をきたすような場合は、医師に相談してプログラムを見直してもらうなどの対応をお願いしましょう。

皮むけ中に他の施術は受けられる?

治療期間中に医療脱毛や他の施術を受けたいと考えている方は、必ずゼオスキンを処方してもらったクリニックの医師に相談するようにしましょう。

副反応が出ているときは施術を受け付けていないクリニックが多いため、自分で大丈夫だろうと判断して施術を受けてしまうと、症状を悪化させてしまうこともあるため注意が必要です。

まとめ

ゼオスキンの皮むけが起こる理由、皮むけはいつまで起こるのか、皮むけ中の対応方法をご紹介しましたが、参考になりましたか?

ゼオスキンのセラピューティックプログラムを行うと、使用しはじめてから2~3週間ほどで皮むけが起こりはじめます。

皮むけは正常な反応となるため、心配することはありませんが、あまりにもひどい場合や皮むけせずに治療を進めたいという方は医師と相談することで、独自のプログラムを組むことも可能です。

ゼオスキンでの治療を考えているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術クマクリニック選びケミカルピーリングコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダウンタイムダリアブライダルコースデメリットトランサミントリニティ・プラストレンドニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射プラセンタプラセンタ注射ヘリオケアボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリフトアップレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法再生医療切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。