銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

ジュべルックは痛いの?どんな痛み?軽減する方法とその他の副作用リスクを解説

ジュベルック 痛み

ジュベルックは、美肌を育てる次世代のスキンブースターとして注目されています。しかし、注入治療のため、施術中の痛みについて気になっている方もいるのではないでしょうか。

このコラムでは、ジュベルックの痛みの感覚や対処法について詳しく解説します。痛み以外に起こり得る副作用も解説しているため、ジュベルックを検討している方、痛みに対する不安をお持ちの方は、ぜひ最後までお読みください。

ジュベルックの痛みはどんな感覚?

ジュベルック 痛み

「ジュベルックを検討しているものの、痛みが不安でなかなか施術に踏み出せない」という方もいるでしょう。ここでは、ジュベルックの痛みの感覚を、施術中と施術後でそれぞれ解説します。

施術中|チクっと刺すような痛み

ジュベルックは肌悩みが気になる箇所に直接薬剤を注入するため、肌に針を刺す際にチクっと刺すような痛みを感じる場合があるでしょう。痛みの感じ方には個人差があるほか、ジュベルックを注入する深さによっても痛みの程度は変わってきます。

ただし、ジュベルックを注入する際は施術前に麻酔をするケースがほとんどです。そのため、麻酔をするのであれば痛みへの不安を和らげられるでしょう。

また、人によっては薬剤が注入された部分に広がっていく際に、圧迫感を痛みとして感じる場合もあります。

施術後|ヒリヒリするような痛み

ジュベルックの施術後は、麻酔の効果が薄れるタイミングで施術部位にヒリつくような痛みを感じる可能性があります。

痛みの程度は、体質や施術部位などによって異なるものの、耐えられないような痛みが続く場合は、なるべく早くクリニックを受診するようにしてください。

ジュベルックの痛みを抑える対策

ジュベルック 痛み

ジュベルックの施術時、施術後の痛みは、対策次第で和らげられる可能性があります。ジュベルックの痛みを抑える対処法は、次のとおりです。

  • 麻酔をする
  • 痛みに敏感な場合は事前に相談する
  • 国内で施術を受ける
  • 施術後の痛みは冷やして和らげる

それぞれの対処法について、以下で詳しく見ていきましょう。

麻酔をする

ジュベルックは注射針で肌に薬剤を注入するため、麻酔を提案されるケースがほとんどです。しかし、クリニックによってはジュベルックの施術代と麻酔代が別々の場合があります。

そのため、予算を抑えようとして麻酔を断る方がいるかもしれませんが、施術中の痛みを抑えたい場合にはおすすめできません。

麻酔をすると施術中の痛みが和らぎ、人によっては痛みを感じなくなる場合もあるため、痛みを抑えたい方は料金が別であっても麻酔を検討しましょう。

痛みに敏感な場合は事前に相談する

痛みの耐性は人それぞれ異なるため、麻酔をしても痛みを感じる人、麻酔をしなくても痛みを感じづらい人などさまざまです。

麻酔をしたからといって痛みを全く感じなくなるとは限らないため、痛みに敏感な方はその旨を事前に医師に相談するようにしましょう。

痛みに対して不安があることを相談すれば、より強い麻酔や複数の麻酔の併用など、痛みをなるべく抑える方法を提案してもらえる可能性があります。

痛みに対して不安がある方は、痛みの対策が充実しているクリニックを選ぶと、安心して施術を受けられるでしょう。

国内で施術を受ける

国内でジュベルックの施術を受けることも、痛みを抑える対策の一つです。特に、ジュベルックは韓国発祥の注入剤のため、韓国で施術を受けようと思う方もいるでしょう。

ただし、なるべく痛みを抑えたい場合、国外で施術するのはあまりおすすめとはいえません。なぜなら、海外は言葉の壁によって施術中の痛みや不快感がうまく伝わりづらいためです。

そのため、施術中の不安や痛みへの丁寧なケアを求めるのであれば、コミュニケーションがスムーズな国内で施術を受けるのが良いでしょう。

施術後の痛みは冷やして和らげる

施術後の痛みが強い場合は、患部を冷やすと症状が和らぎます。ただし、冷やしすぎると凍傷になる可能性があるため注意が必要です。

保冷剤や氷は直接患部に当てるのではなく、タオルに包んだり、氷のうを使用したりして急激に冷やさないように心がけましょう。また、冷却時間は20分程度を目安にし、長時間冷やし続けないように注意してください。

冷やしても痛みが治まらない、むしろ強くなっている気がするといった場合は、感染症の疑いがあります。なかなか痛みが治まらない場合は我慢せず、すぐにクリニックを受診するようにしましょう。

ジュベルックとは

ジュベルック 痛み

そもそもジュベルックとはどのような施術なのか、効果やメリット・具体的な注入方法について詳しく解説します。

ジュベルックは美肌を育てるスキンブースター

ジュベルックとは、韓国発祥のスキンブースターです。気になる箇所に薬剤を注入することで、コラーゲンの生成を促し、ハリや弾力の低下、毛穴の開き、ニキビ痕などさまざまな肌悩みを改善します。

ジュベルックの主成分は、ジャガイモやトウモロコシなどのでんぷんから抽出されたポリ乳酸(PDLLA)です。糸リフトや手術の縫合糸など、医療現場でも広く使用されている安全性の高い成分に、非架橋のヒアルロン酸製剤を組み合わせた肌育注入剤となっています。

ジュベルックの効果

ジュベルックによって期待できる効果は、次のとおりです。

  • 肌の弾力アップ
  • 毛穴の引き締め
  • ニキビ痕の改善
  • 肌の凹み改善
  • 小じわの改善

ジュベルックはコラーゲンの生成を促し、肌の保湿力をアップさせることで、肌を内部から美しく整える効果があります。

そのため、肌の再生力を高めたい方、自然にハリツヤをアップさせたい方におすすめの施術といえるでしょう。

ジュベルックのメリット

ジュベルックには、次のようなメリットがあります。

  • 効果が長く続く
  • 安全性が高い
  • 副作用が少ない

ジュベルックはゆっくりと真皮層で作用し、コラーゲンの生成を促すのが特徴です。すぐに効果は表れないものの、注入後は1年以上にわたる効果が期待できるとされています。

そのためジュベルックは、即効性を求めておらず、長期間にわたって自然な仕上がりを維持したい方に向いているといえるでしょう。

また、安全性が高いのもメリットの一つです。ジュベルックの粒子は体内で分解されやすい構造になっています。体内に吸収されたあとは水と二酸化炭素に分解されるため、身体への負担が少ないといえるでしょう。

さらに、副作用が少ないのも魅力です。ジュベルックの粒子は丸みを帯びた形状になっているため、注入時に周囲の細胞へのダメージを軽減するとされています。

周囲に余計な刺激を与えないため、炎症など副作用のリスクを抑えられるでしょう。

ジュベルックの注入方法

ジュベルックの注入方法は、主に「水光注射」と「手打ち注射」の2種類があり、それぞれに特徴や向いている人が異なります。

水光注射は、機械を使用して真皮層へ薬剤を均等に注入する方法です。注入は皮膚を吸引しながら行うため、痛みを抑えつつ、有効成分を気になる箇所に均等に届けられます。そのため、水光注射は全体的な肌質改善やハリの向上など、広範囲への注入を希望する方におすすめといえるでしょう。

手打ち注射は、薬剤を注射で部分的に注入する方法です。この方法は医師が注入箇所の広さや注入する量などを細かく調節できるため、肌悩みをピンポイントで改善したい方におすすめといえるでしょう。

ジュベルックの基礎知識や注入量については、こちらの記事で詳しく解説しています。

ジュベルックとは?メリットデメリット・リスクや効果の持続期間なども解説

ジュベルックは何ccで効果が出るの?目安と費用の平均相場

ジュベルックの痛み以外の副作用と対策

ジュベルック 痛み

ジュベルックは比較的安全性が高い施術とされていますが、肌に薬剤を注入する施術のため、痛み以外の副作用が起こる可能性はあります。ここでは、ジュベルックの副作用やダウンタイムの過ごし方について詳しく見ていきましょう。

ジュベルックの痛み以外の副作用

ジュベルックによって起こる痛み以外の副作用には、以下が挙げられます。

  • 内出血
  • 赤み
  • 浮腫み
  • 腫れ

これらの副作用は数時間~数日程度で治まる場合がほとんどです。ただし、内出血が起こった場合は、完全に目立たなくなるまで1~2週間程度かかることもあります。

どうしても気になる場合は、ファンデーションやコンシーラーなどでカバーすると目立ちづらくなるでしょう。

副作用を抑えるダウンタイムの過ごし方

ジュベルックのダウンタイムを長引かせないためには、次の点に注意して過ごすことが大切です。

  • 施術当日の入浴・洗顔・メイクは避ける
  • サウナや激しい運動など血行が良くなる行為は1週間ほど控える
  • 注入部分になるべく触れない
  • 保湿・紫外線対策をしっかり行う
  • 注入部分のマッサージは1週間ほど控える

これらの点に注意してダウンタイムを過ごすことで、副作用を抑えられ、スムーズに日常生活に戻れるでしょう。

まとめ

このコラムでは、ジュベルックの痛みについて詳しく解説しました。ジュベルック治療を検討しているものの、痛みが不安でなかなか治療に踏み出せない方もいるでしょう。

本コラムで紹介した、ジュベルックの痛みを抑えるための具体的な対策は、次のとおりです。

  • 麻酔をする
  • 痛みに敏感な場合は事前に相談する
  • 国内で施術を受ける
  • 施術後の痛みは冷やして和らげる

人によって、ジュベルックの施術中はチクっとした刺激、施術後はヒリヒリとした感覚があるかもしれません。痛みに対して不安がある方は、医師にその旨をしっかり伝えましょう。肌悩みや痛みへの不安を相談し、適切なアドバイスを受けることで、より安心して治療を進められます。

ダリア銀座スキンクリニックでは、肌悩みにあわせ、最適な治療を患者様と一緒に考えていくことを大切にしています。ジュベルックの施術を検討している方は、ぜひお気軽に当院にお問い合わせください。

#ジュベルック #juvelook

タグ

2021最新2024最新50代HIFUPRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミジュベルックスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンそばかすダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコフラクショナルピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ほくろボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。