銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

マッサージピールで失敗しないための対策を徹底解説

マッサージピール 失敗

マッサージピールとは肌の若返りや美肌改善を目指す治療法です。

この施術は特別な薬剤を肌に塗布しマッサージによって深く浸透させることで、肌の健康を保ち様々な肌悩みに対処する効果が期待されています。

しかし、失敗事例や副作用も報告されており、失敗を避けるためには注意が必要です。

本記事ではマッサージピールの効果的な活用方法と、失敗を防ぐための対策について詳しく解説していきます。

マッサージピールとは?

マッサージピール 失敗

マッサージピールはコラーゲンピールとも呼ばれ、肌質改善効果が期待できる革新的なスキンケア治療法です。

特別な薬剤を肌に塗布しマッサージによって深く浸透させることで、肌を若返らせ健康的に保つ効果が期待できます。

この施術は通常のピーリングとは異なり、肌に優しく効果的に作用することでコラーゲン生成を刺激し、肌のターンオーバーを正常化します。

結果としてシミ、しわ、毛穴の問題への対処が可能です。

医療行為として医師か看護師が施術を行い、イタリア製の先進薬剤である「PRX-T33」を使用します。

主な成分はトリクロロ酢酸・過酸化水素・コウジ酸となっており、即座に肌の滑らかさとハリを実感できる効果が期待されるため、肌質改善を行いたい方に人気が高まっています。

マッサージピールについて、詳しくはこちらの記事もご覧ください。

マッサージピールは効果ない?治療の効果を得られない原因とデメリットについて解説

マッサージピールで失敗と感じる事例

マッサージピール 失敗

マッサージピールは手軽な施術方法ですが、いくつかのリスクや失敗した事例が報告されています。

肌の現状によって様々な副作用が生じることがあるため、どのような失敗事例があるかを解説していきます。

期待した効果を実感できないことがある

マッサージピールを受けても、期待した効果を実感できなかったという声があります。

  • 肌の改善がわずかで、シミやしわがあまり減少しなかった
  • 施術後に一時的な赤みやかゆみがあったが、その後の肌の状態に大きな変化を感じなかった
  • 肌が敏感で、施術後に副作用が出たため続けることが難しかった

これらの効果を実感できなかった主な理由には以下の点が挙げられます。

  1. 適切なクリニック選びができていないため
  2. マッサージの力加減が適切ではないため

マッサージピールに使用される薬剤は医療専門家のみが扱うことができるため、適切な資格を持たない施設での施術は効果が薄い場合があります。

また「マッサージピール」という名前が示す通り、施術の際のマッサージの質は非常に重要です。マッサージの力加減が適切でないと、効果を感じにくいことがあります。

赤みや皮むけが長く続く可能性がある

施術後に赤みや皮むけが現れ、その症状が長く続く可能性もあります。

特に肌が敏感な場合、以下のような状態が生じることがあります。

  • 赤みが数日間続くことがある
  • 皮むけやかさぶたが施術後数日間現れることがある

肌の状態や個人差によってこれらの症状の継続期間は異なりますが、特に敏感肌の人に多く起こる事例です。

マッサージピールで失敗しないための対策方法

マッサージピール 失敗

失敗を経験したくないと思う人のために、ここではマッサージピールで失敗しないための対策方法を解説していきます。

失敗をせずに望んだ効果を感じるための方法は主に3つあります。

  • 症例実績が豊富なクリニックやスタッフを選ぶ
  • カウンセリングで事前に悩みを伝える
  • 適正な頻度で施術を受ける

以下でそれぞれみていきましょう。

症例実績が豊富なクリニックやスタッフを選ぶ

マッサージピールで肌質改善効果を最大化させるためには、信頼性の高いクリニックで経験豊富な医師や看護師を選ぶことが鍵となります。

マッサージの調整が適切でないと、効果が不十分になる可能性があるためです。

マッサージの力加減が強すぎると、施術後にヒリヒリ感があり、赤みや皮むけが起こる可能性が高まります。逆に弱すぎると薬剤が浸透せず効果をほとんど実感できないこともあります。

症例実績が豊富なクリニックを選んだりスタッフを指名したりして、自身に合った施術を受けることがで重要です。

カウンセリングで事前に肌の状態や意向を伝える

マッサージピールを受ける際まずはカウンセリングが行われますが、この段階で自分の望む施術内容や希望をしっかり伝えることが非常に重要です。

過去にアレルギーや肌のトラブルを経験した人は、施術に使用される薬剤や製品に対する過敏反応やアレルギーが発症する可能性があります。

施術時の肌の状態や望んでいる効果を伝えることで、医師が適切な施術を行ってくれるでしょう。

効果を実感するために適切な回数・頻度で通う

マッサージピールでは推奨される施術回数がありますが、肌の状態に応じた頻度や回数で施術を受けることが効果を感じやすくなります。

美白効果やハリ感は施術後から実感しやすいですが、シミやシワの改善には複数回の施術が必要です。

特に色素沈着の改善には10回程度の施術が必要と言われています。

施術の頻度は個人の肌状態や治療目的に合わせて調整されるべきであり、医師との十分な相談が重要になってきます。

施術計画を慎重に立て、継続的なケアを通じて理想的な肌の改善を目指しましょう。

ダウンタイムのケアを十分に行う

マッサージピールのダウンタイム中は肌が敏感になっているので、保湿や日焼け止め対策は重要です。

ケアを怠ると紫外線や乾燥により色素沈着やトラブルが起こるリスクが高まります。

ダウンタイムのケアを十分に行うことで肌を守りながら施術後の肌の回復を促進し、美肌効果を最大化できます。

マッサージピールが効果的な症状

マッサージピール 失敗

マッサージピールは適切な方法で施術を受けることで、下記の悩みを改善できます。

  • 毛穴のたるみ
  • 肌のたるみやしわ
  • シミやそばかす

それぞれ詳しく解説していきます。

毛穴のたるみ

毛穴のたるみに悩む方にとって、マッサージピールは有効です。

加齢による肌のハリの減少が毛穴のたるみの原因ですが、これはコラーゲンが減少しているためです。

コラーゲンは肌の弾力性とハリを保つために重要なタンパク質であり、加齢によって減少する傾向があります。

マッサージピールの施術によりコラーゲン生成を促進できるため、毛穴が引き締まりたるみが軽減されます。

肌のたるみやしわ

マッサージピールは、肌のたるみや小じわの改善に対して期待できる効果があります。

肌のたるみや小じわは、加齢や紫外線などによって真皮層に存在するコラーゲンが減少し肌のハリやツヤが失われることによって発生します。

このコラーゲンの減少により、皮膚が支えきれずたるみやしわが現れるのです。

マッサージピールはコラーゲンの生成を促進する働きがあり、これにより肌を内側から引き締める効果が期待できます。

施術中に使用される薬剤がコラーゲン生成を活性化させ、真皮層を強化します。

結果として肌のたるみや小じわが改善され、より若々しい肌を取り戻すことができるでしょう。

シミやそばかす

マッサージピールはシミ、そばかすなどの症状に効果的です。

使用される薬剤にはコウジ酸と呼ばれる成分が含まれており、これがメラニン色素の生成を抑制する役割を果たします。

メラニン色素は通常、紫外線から肌を守る役割を果たすものですが、過剰に生成されることで皮膚に沈着しシミやそばかすの原因となります。

コウジ酸を含む薬剤がメラニン色素の生成をブロックし、肌のトーンを明るくする役割を果たすため改善が期待できます。

マッサージピールがおすすめな人

マッサージピール 失敗

マッサージピールには様々な効果が期待できますが、以下のような悩みを抱える方におすすめです。

  • 肌のたるみやしわが気になる人
  • 色素沈着やシミがある人
  • 毛穴の開きや黒ずみが気になる人
  • 肝斑や日焼けによる肌のトーンの不均一さが気になる人
  • コラーゲンの生成を促進して肌のハリを取り戻したい人
  • 肌質を改善して美白効果を期待する人
  • ニキビ跡を治したい人

マッサージピールはこれらの肌悩みに対処するために効果的な方法です。

肌トラブル全般に対処したい方におすすめで、スキンケア化粧品だけでは難しい悩みにアプローチできる施術方法と言えます。

マッサージピールを避けた方がよい方

マッサージピール 失敗

マッサージピールは医療用の薬剤を使用しており、一般的には安全性が確保されていますが特定の条件下では施術を避けるべき方もいます。

マッサージがおすすめではない人の特徴と理由を以下にまとめました。

  • 特定の成分にアレルギーがある方
  • 重度の敏感肌の方
  • ヘルペス治療中の方
  • アルコール過敏症の方

これらの条件に該当する場合は、マッサージピール施術を受ける前に医師と相談することが必要でしょう。医師の助言を受け個々の状況に合わせて適切な判断を行うことが大切です。

まとめ

これまでマッサージピールの失敗例について詳しくお伝えしてきました。

具体的にはマッサージピール施術には効果が実感できなかったり、赤みや皮むけが続く可能性があります。

失敗を避けるためには、自分の肌の悩みや希望を丁寧に伝えることが非常に重要です。

マッサージピールは適切な方法のもとで施術を受けると、美肌改善効果が期待できるので肌に悩みがある人は是非受けてみてください。

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。