銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

幹細胞コスメって本当に効果がある?種類や選ぶポイントを解説

幹細胞美容液

皆さんは、「幹細胞コスメ」というものをご存知ですか?

幹細胞は、私達の体の中に存在し、再生医療で応用されていることでも有名ですが、美容業界の中でも注目されています。

特に、日々のスキンケアで幹細胞の力を実感できる幹細胞コスメは、店頭にさまざまな種類が並び、目にする機会も増えてきました。

この記事では、幹細胞コスメがどのようなコスメであるのか解説するとともに、幹細胞とはどのような細胞なのか、幹細胞コスメを選ぶときのポイントなども含めて、詳しく解説します。

幹細胞ってなに?

幹細胞美容液

幹細胞とは、自分自身を複製する「自己複製能」と自分自身とは全く異なる性質を持つ細胞に分化する「多分化能」といった2つの能力を兼ね備えている細胞です。

人間の体はさまざまな種類の細胞で構成されていますが、この細胞たちが働き続けることで臓器などは機能し、私達は生きることができ生活をしています。

多くの細胞は細胞分裂をすることで自分と同じ性質を持った細胞を増やし続けていますが、幹細胞は、自分と同じ性質を持つ細胞だけではなく、自分とは異なる性質の細胞も増やすことができるので、必要に応じてさまざまな機能を持つ細胞を供給することができます。

幹細胞と聞くと、あまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、ノーベル賞で注目をされた「IPS細胞」も数ある種類の幹細胞の中の一つで、他にも「ES細胞」などが有名です。

幹細胞の能力を医療で応用したものが「再生医療」と呼ばれており、増殖させた幹細胞を怪我や病気などで損傷している臓器に移植することで、臓器の再生や修正を行います。

また、幹細胞は医療だけではなく美容医療でも応用されており、自分自身の血液から採取した血小板血漿を利用する「PRP皮膚再生療法」などが有名です。

美容医療で用いられる肌トラブルの治療方法としてヒアルロン酸注入などが挙げられますが、幹細胞を応用した美容医療での治療は、他の一時的な肌の改善とは異なり、幹細胞の能力で肌や毛髪を根本的に治療し再生させることができるのです。

幹細胞コスメとは

幹細胞美容液

ここまで、幹細胞について解説しましたが、幹細胞コスメとは、この幹細胞を増殖させたときに分泌された培養液を使用した化粧品のことを指します。

幹細胞コスメと聞くと、幹細胞をそのまま使用していると思われがちですが、幹細胞自体をそのままの状態で使用することは法律で禁止されており、幹細胞自体を化粧品に用いることはできません。

前項で解説した通り、幹細胞は再生医療で用いられていますが、この場合、まずヒトの脂肪から幹細胞を取り出し増殖させ、その幹細胞を増殖させるときに培養液を使用します。

幹細胞コスメは、この幹細胞を増殖させ取り除いた後の培養液を美容液の成分として使います。

増殖した幹細胞を取り除いた後の培養液には、グロースファクター(成長因子)やサイトカイン(生理活性物質)などが多く含まれており、この培養液を使用したコスメを肌に塗ることで肌のターンオーバーを促したり、肌に弾力性をアップさせたりする効果を得ることができるのです。

幹細胞は、「ヒト幹細胞」「植物幹細胞」「動物幹細胞」の3つに大きく種類を分けることができ、名前の通り、ヒト由来か植物由来、もしくは、動物由来かによって特徴が異なります。

幹細胞コスメで使用されるのは、主に、ヒト幹細胞、もしくは、植物性幹細胞で、動物性幹細胞を用いた幹細胞コスメは基本的に日本では使用されていません。

ここからは、幹細胞の種類をそれぞれ解説していきましょう。

ヒト由来の幹細胞コスメ

ヒト幹細胞は、主に、ヒトの皮下脂肪から採取されることが多いですが、他にも、胎盤や臍帯血、歯髄から抽出され、3つの幹細胞の中でも医療や美容医療で使用されることが多い種類です。

ヒト幹細胞はヒトから採取しているため、人体に使用してもアレルギー反応を起こすことが少ないので安全性が高く、他の幹細胞にはない効果を発揮する可能性があるのが大きな特徴です。

しかし、ヒト幹細胞の培養液を使用したコスメは、安全性が高く肌への効果を実感しやすい分、他の幹細胞を使用したコスメに比べて高価である場合が多いです。

植物由来の幹細胞コスメ

植物由来の幹細胞コスメも、ヒト幹細胞と同様に、植物幹細胞を増殖させるときの培養液をコスメの成分として使用します。

植物性幹細胞は栄養成分が豊富で、細胞分裂が行われやすく、主に、リンゴ、アルガン、カミツレなどから採取します。

保湿や抗酸化作用が期待できますが、ヒト由来の幹細胞コスメよりも効果が怠り、アレルギー反応も出やすくなるので、肌が弱かったり敏感であったりする場合は使用する時に注意する必要があります。

しかし、ヒト由来の幹細胞コスメよりも低価格で販売されていることが多いため、幹細胞コスメの中で一番手を出しやすい種類になります。

動物由来の幹細胞コスメ

動物幹細胞は、その名の通り、動物から採取されます。

特に、人間と皮膚幹細胞の構造が似ていることから、ブタや馬、羊の胎盤から採取した幹細胞を使用しますが、動物由来の幹細胞コスメはアレルギー反応が起きやすいため安全性が確率しておらず、日本では流通していません。

幹細胞コスメを選ぶときの3つのポイント

幹細胞美容液

幹細胞コスメを選ぶ際は、以下の3点に注目して選ぶと良いでしょう。

効果をしっかり実感したいなら「ヒト幹細胞」

幹細胞の培養液を使用したコスメには種類がありますが、効果をしっかりと実感したいのであれば、ヒト幹細胞の培養液を使用したコスメを使用しましょう。

人間の細胞表面には、レセプターというカギ穴のようなものがあり、ヒト幹細胞培養液には、そのカギ穴に差し込まれるカギとなる成長因子や活性物質が多く含まれていると言われています。

そのため、細胞の活性化や細胞を新しく生まれ変わらせるきっかけができやすく、シミの改善や肌のハリやツヤ、エイジングケアの効果が期待できます。

また、ヒト幹細胞は人間から採取しているため、他の幹細胞と比べて人間の体との親和性がよく、より効果が実感しやすいだけではなく、副作用が出にくいのもポイントです。

ヒト幹細胞の培養液を使用したコスメは高価なものが多く、手を出しづらい方も少なくありませんが、その場合は、植物幹細胞の培養液を使用したコスメを検討してみるのも良いでしょう。

ヒト幹細胞よりも植物幹細胞の培養液を使用したコスメは、効果や安全性が劣るため、肌が弱い方や効果を実感したい方にはおすすめしませんが、比較的安く手に入れることができます。

幹細胞以外に含まれている成分に注目

美容液などのコスメは1つの成分ではなく、何種類かの成分を組み合わせて作られていますが、幹細胞コスメも他の成分が入っている場合があります。

幹細胞コスメを購入する際は、必ず、幹細胞培養液の他にどのような美容成分が含まれているのか確認をしましょう。

確認するときのポイントは、幹細胞培養液の他に含まれている成分の数が少ないことです。

幹細胞培養液以外の成分が多いと、どの成分が肌に良いのか、もしくは悪いのかがわからず、幹細胞培養液がご自身の肌に合っているのかわかりにくくなってしまいます。

成分が絞られていれば肌への刺激を最低限に抑えることもできるので、なるべく、幹細胞コスメを購入するときは、成分の種類が多く含まれていないシンプルなものを選びましょう。

ヒト幹細胞培養液の原液を使用した美容液がおすすめ

より効果を実感し、肌改善を望んでいる方には、幹細胞コスメの中でもヒト幹細胞培養液の原液を使用した美容液を使用しましょう。

ヒト幹細胞培養液の濃度が濃いほど、よりダイレクトに性能を肌に届けることができ、アンチエイジング効果などを実感しやすくなります。

ヒト幹細胞培養液を使用した美容液は数多く販売されていますが、ダリア銀座スキンクリニックで取り扱っている美容液には、成長因子や活性物質が豊富に含まれるヒト幹細胞培養上清液を使用しています。

「Stemcell Booster Serum」は、ヒト幹細胞順化培養液の原液を100%使用し、全ての成分がたったの6種類で、濃度が高いヒト幹細胞培養液を肌に浸透させることができる美容液です。

成長因子や活性物質を肌に補給することで、皮膚組織の主要構成成分でもあるエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸の産生を促し、肌のハリや弾力性をアップさせます。

美容皮膚クリニックが監修しているため、効果だけではなく安全性にもこだわっており、安心して使用することができるため、幹細胞コスメを使用してみたい方にはおすすめです。

まとめ

今回は、幹細胞コスメについて解説しましたが、いかがでしたか?

幹細胞は、年齢を重ねるごとに数が減少してしまうものなので、幹細胞コスメを使うことで幹細胞の活性化をはかることができ、肌のハリやしわの改善、ほうれい線を薄くするなどのアンチエイジング効果を得ることができます。

特に、ヒト幹細胞培養液を使用したコスメは、高価ではありますが少量でも効果を実感しやすいため、今回の記事を参考に普段のスキンケアに取り入れてみましょう。

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエニシーグローパックエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術クマクリニック選びケミカルピーリングコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダウンタイムダリアブライダルコースデメリットトランサミントリニティ・プラストレンドニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ注射ヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法再生医療切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。