銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

ヒト幹細胞美容液は何歳から使うのがおすすめ?副作用や選び方を詳しく解説

幹細胞コスメ

最近、ヒト幹細胞を使用した美容液を店頭や広告で見かけることが増えましたが、ヒト幹細胞美容液にどのような効果があるのかご存知ですか?

ヒト幹細胞美容液は、今までの美容液のように美容成分を導入するだけではなく、ヒト幹細胞美容液を肌に浸透させることで、肌の細胞を活性化させることができるといわれています。

しかし、ヒト幹細胞美容液にはたくさんの種類があり、副作用を懸念する声も聞くことができますが、ヒト幹細胞美容液とは実際にどのようなものなのでしょうか。

この記事では、ヒト幹細胞美容液とはどのようなものなのか、効果や副作用、選び方、また、アンチエイジングとしても使用されるヒト幹細胞美容液は何歳から始めるのが効果的なのか、ヒト幹細胞美容液について詳しく解説していきます。

ヒト幹細胞はどんな細胞?

幹細胞コスメ

ヒト幹細胞とは、人の皮下脂肪や臍帯血、歯髄などから採取した幹細胞のことで、医療や美容医療などの分野で応用されている細胞です。

そもそも、幹細胞というのは、人の体のさまざまな臓器などに存在している細胞で、この幹細胞には、2つの性質を兼ね備えています。

1つ目は、自分と全く同じ性質を持つ細胞に分裂する「自己複製能」。2つ目は、血液や血小板、皮膚など、人が生きるために必要な体のさまざまな細胞を作る「多分化能」です。

このような幹細胞の能力を医療の分野では「再生医療」として応用しており、人から抽出した幹細胞を培養し増殖させ、その幹細胞を損傷している臓器に移植することでその臓器を治療します。

また、美容医療や化粧品でも、このような幹細胞の能力が注目されており、幹細胞の能力を応用することで、シワやほうれい線、肌のハリ、毛髪などのトラブルに対して根本からの改善を行います。

化粧品に使用される幹細胞の種類

幹細胞の成分を使用した化粧品は年々増えていますが、幹細胞を化粧品に使用する場合は、幹細胞自体を使うのではなく、幹細胞を増殖させるときに使用した培養液を用います。

この培養液には、グロースファクターと呼ばれる成長因子やサイトカインという生理活性物質などが豊富に含まれています。

特に、ヒト幹細胞を増殖させた培養液には、人がもともと持っている成長因子などが含まれているので、化粧品の成分にすることで肌改善の効果を得られるだけではなく、アレルギーなどの副作用が少ないと言われています。

今、現在で化粧品に使用される幹細胞の種類jは、大きく分けて下記の3種類です。

  • ヒト幹細胞
  • 植物幹細胞
  • 動物幹細胞

どの幹細胞も、幹細胞を増殖させた後の培養液を使用し、植物幹細胞はリンゴやアルガン、動物幹細胞は、馬やブタの胎盤などから採取します。

植物幹細胞の培養液を使用した化粧品は、抗酸化作用や保湿作用が期待できますが、ヒト幹細胞の培養液を使用した化粧品と比べると、低価格で購入できるものの効果は劣ると言われています。

また、動物性幹細胞は、安全性が確立していないことから、海外では購入できる場合がありますが、日本では流通しておらず使用することはできません。

ヒト幹細胞美容液を使用するとどんな効果がある?

幹細胞コスメ

それでは、具体的にヒト幹細細胞の培養液を使用した美容液は、どのような効果があるのでしょうか。

肌のターンオーバーの正常化

人の肌は、内側から皮下組織→真皮→表皮と層になっており、その中でも肌の表面にある表皮は4層に分けられます。

この4層のうち、内側の部分で細胞分裂が繰り返し行われ、内側から層が押し上げられることで、最終的にアカとして剥がれ落ちますが、このような流れを肌のターンオーバーと言います。

この肌のターンオーバーは、「年齢×1.5〜2」の周期で行われると言われており、年齢を重ねると新陳代謝が落ちることでこの周期が長くなっていきます。

肌のターンオーバーの周期が長くなったり乱れたりすることは、肌のシワやシミなどのリスクを増加させることになるため、肌を改善させるには肌のターンオーバーの周期を正常化させる必要があります。

ヒト幹細胞の培養液を使用した美容液を使うと、肌のターンオーバーを正常化させる効果があるため、肌のゴワつきなどのトラブルがある場合に使用すると肌改善に効果的です。

シワ・たるみの改善

シワやたるみの主な原因は、紫外線によるエラスチンやコラーゲンのダメージや加齢によるエストロゲンの減少などが挙げられ、これらは成長因子を減少させてしまいます。

成長因子が減少することで、表皮にある幹細胞が減少し、エラスチンやコラーゲンなどの美容成分が少なくなり、シワやたるみに繋がります。

ヒト幹細胞を増殖させた培養液には、成長因子などが豊富に含まれており、ヒト幹細胞の培養液を含んだ美容液を使用することで、細胞の成長因子が増え肌の内側から水分が補われるため、シワやたるみの予防、改善に効果が期待できます。

副作用がない

ヒト幹細胞美容液は、人から採取した幹細胞を使用しており、もともと人の体にある成長因子や生理活性物質が含まれているため、ヒト幹細胞美容液で副作用を起こす可能性はほとんどありません。

ヒト幹細胞美容液と聞くと、ヒト幹細胞をそのまま使用していると勘違いをされる方が多いですが、前項でも解説した通り、幹細胞自体を使用することはできないだけではなく、幹細胞をそのまま使用することは法律で禁止されています。

ヒト幹細胞は医療の分野でも応用されているため安全性が高く、ヒト幹細胞美容液は肌が弱い方にも試しやすいスキンケアアイテムです。

ヒト幹細胞美容液は濃度が重要!

幹細胞コスメ

それでは、実際に数あるヒト幹細胞美容液の中で、どのようなものを選べばよいのでしょうか。

ヒト幹細胞美容液で重要なのは、ヒト幹細胞培養液の濃度です。

ヒト幹細胞美容液でより効果を肌に直接的に届けるためには、よりヒト幹細胞培養液の濃度が濃いもの、いわば、原液を使用している美容液を使うことがおすすめです。

ヒト幹細胞の培養液の性能をよりしっかりと伝えるためには、ヒト幹細胞培養液の原液か、もしくは、原液に近い高い濃度のものを使用するとエイジング効果などを感じやすくなります。

また、ヒト幹細胞美容液を選ぶ際には、成分にも注目しましょう。

ヒト幹細胞美容液には、ヒト幹細胞培養液の他にコラーゲンなどの成分が含まれていますが、他に含まれている成分が少ないものを選ぶようにしましょう。

他に含まれている成分が多いと、どの成分がご自身の肌にいいものが悪いものかを判断することができなくなってしまい、万が一、肌にないかしらの影響が出たときに正確な判断ができなくなります。

ヒト幹細胞培養液がご自身の肌に本当に効果を発揮しているのかも、含まれている成分の種類が多いと確認できないので、なるべくヒト幹細胞培養液以外に含まれている成分が少ないものを選びましょう。

ダリア銀座スキンクリニックで購入できる「Stemcell Booser Serum」は、丁寧に不純物を取り除き500種類の成長因子を含有したヒト幹細胞順化培養液の原液を使用しており、シワ改善やほうれい線の改善、ハリなど、アンチエイジング効果を発揮します。

素材や培養、製造は安心の日本製で、ヒト幹細胞順化培養液以外の成分は5種類だけしか含まれていません。

どのヒト幹細胞美容液を購入すればいいのか迷っている方は、美容皮膚クリニック監修で作られている「Stemcell Booser Serum」を使うのがおすすめです。

ヒト幹細胞美容液は早めに始めたいスキンケア

幹細胞コスメ

ヒト幹細胞美容液は、シワやたるみなどの肌トラブルに効果があるため、アンチエイジングの一環として取り入れる方が多いですが、肌の状態が今までとは違うなと思った方は、早めに始めたほうが良いスキンケアアイテムです。

20代のうちはスキンケアをしっかりしなくても肌の状態をキープできている方も多いですが、肌トラブルの原因になる紫外線をたっぷり浴びたままスキンケアをしっかり行っていないと、肌の老化がグッと進みます。

特に、30代半ばからは加齢により肌の細胞分裂のスピードが遅くなるので、肌のターンオーバーの周期が遅れ、角質が落ちにくくなり肌のゴワつきにつながるだけではなく、コラーゲンなどの生成が減少し、たるみやシワなどの原因にもなります。

ヒト幹細胞美容液は、肌の加齢によるトラブルが気になる40代以降はもちろんですが、35歳頃にはスタートしておくほうが、今後の肌トラブルの予防につながるでしょう。

もちろん、肌の調子が今までと違うなと感じたら、年齢にとらわれず、20代のうちから使用するのも問題ありません。

まとめ

今回は、ヒト幹細胞美容液について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

ヒト幹細胞の培養液を使用した美容液は、細胞を活性化させることで肌トラブルの根本から改善に導くことができます。

年齢とともに出てくるシワや顔のたるみ、ほうれい線などに効果があり、アンチエイジングの一環としてヒト幹細胞美容液を取り入れることはもちろんですが、早めの年齢から使用することで、これらの肌トラブルの予防にも繋がります。

他の幹細胞の培養液ではなく、ヒトから採取している幹細胞だからこそアレルギー反応も出づらいので、なかなかご自身に合うスキンケアアイテムが見つからない方も、ヒト幹細胞美容液を試してみましょう。

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエニシーグローパックエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術クマクリニック選びケミカルピーリングコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダウンタイムダリアブライダルコースデメリットトランサミントリニティ・プラストレンドニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ注射ヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法再生医療切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。