銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

幹細胞が肌を再生する?そのメカニズムを利用した治療法・コスメなどをご紹介

幹細胞 肌

美容業界を何かと賑わせている「幹細胞」について、耳にしたことはありませんか?

幹細胞とは、私たちの体を作っている細胞が減っていくことがないように、細胞を補充する能力を持っている細胞のこと。

そんな幹細胞を利用することによって、いよいよ美容の世界は再生医療の時代へと突入してきました。

幹細胞が美容の世界でどのように女性たちの肌を美しくしていくのか、幹細胞の紹介を踏まえ、メカニズムや具体的美容法など、詳しくご紹介します。

幹細胞って何?

幹細胞 肌

そもそも「幹細胞」とは、どんな細胞なのでしょうか?

幹細胞が担う、2つの重要な働き

全ての生命体は、それを形作る最小単位である組織細胞によって形成されています。

しかしその一つ一つの寿命がとても短いので、絶えず入れ替わって組織を保つためには、失われていく細胞を補充する能力のある細胞が必要です。

幹細胞は、細胞を補充する役割を担う、大変重要な2つの能力をもつ細胞です。

その役割のひとつは「分化能」といい、生命体を形成する様々な組織細胞を作り出す能力

そしてもうひとつは、そんな分化能を持つ細胞を作り出せる、自分自身と全く同じ能力を持つ細胞に分裂できる、コピー能力「自己複製能」です。

組織細胞を補充する幹細胞を、もし増やせなければ、その幹細胞自身に何かがあった場合、生命体を形作る組織細胞の数を維持することが困難になってしまいます。

組織細胞を生み出す幹細胞の能力をそのままコピーした細胞を増やすことができれば、絶えず入れ替わる組織細胞を補充することが可能になります。

組織細胞には幹細胞のような細胞に分裂する能力はないので、幹細胞は生命体を保つためにはとても重要なのです。

幹細胞治療とは?

幹細胞は分裂を繰り返すことで自身のコピーを作り出すことができますが、その幹細胞も老化することで、新しい幹細胞を生み出す数がだんだんと減っていきます。

幹細胞が不足すると、その不足した場所によって体内での治癒力が低下し、様々な病気を発症することに繋がります。

幹細胞治療とは、人の体から幹細胞を抽出し培養して、患部となる部位に注入や点滴で戻し、新しい組織細胞を増やすことで、患部を生まれ変わらせるという治療法です。

メスで切ったり、糸で縫ったりすることなく、自分自身の体が持つ、自然に治癒・再生する力による治療ができるので、再生医療と呼ばれています。

幹細胞は全部で3つ

幹細胞 肌

生命体とされるものは全て細胞の集合体であり、傷ついた細胞を修復・再生するための幹細胞は、その由来から、大きく3つに分類されます。

ヒト由来

ヒト由来の幹細胞は、医療や美容においては、主に皮下脂肪から採取された脂肪由来のものが利用されます。

採取した幹細胞を培養して戻すことで効果を発揮しますが、その培養時に、様々な成長因子(グロースファクター)が大量に分泌されます。

人の細胞の表面には「レセプター」と呼ばれる様々な形の鍵穴のようなものがあり、成長因子はこの鍵穴に合う、こちらも様々な形をしています。

レセプターにはそれぞれ特定の働きをスタートさせるスイッチのような役割があり、ピッタリ合う成長因子がその鍵穴に合うことでスイッチが入り、細胞が活性化します。

植物由来

植物由来の幹細胞は栄養成分が豊富で、種の中の根の先端や茎の付け根・胚などの生長点に特に多く含まれ、多様性のある分化能力を持っています。

しかし、ヒト幹細胞のようにレセプターを持っていないので、望める効果は限定的だと考えられています。

しかし植物だけあって保水能力は特に高く、動物由来やアレルギーが心配な方は植物由来が合うことが多いと言われています。

動物由来

動物由来の幹細胞はヒト由来のものと構造が似ている豚や羊・馬などの胎盤から採取されたものが用いられることが多く、人の皮膚に塗ることで細胞が活性化すると言われています。

しかしアレルギー発症リスクなどの安全性の立証がまだ不十分なため、日本では流通していないのが現状です。

ヒト幹細胞を利用した美容法と注意点

幹細胞 肌

ヒト幹細胞を利用した再生治療のメカニズムは、女性をさらに美しくする美容の技術にも役立てられています。

医療機関やクリニックで「治療」とされる場合と、美容液などの「化粧品」に用いられる場合では、幹細胞の利用の仕方も、その費用も変わってきます。

注入治療

ヒト幹細胞を利用した「治療」はどのように行われて、どんな風に効くのか、注意点なども含めてご紹介します。

ヒト幹細胞を利用する「再生医療」

細胞が老化すると、細胞分裂の回数が減ったり、働き自体が鈍ったりするなど、身体全体の不調に繋がりますが、肌も同様に、シミやしわが増え、たるむ・乾くなどという老化の症状が現れてきます。

もちろん、幹細胞自身も老化するので、肌の生まれ変わりのリズムであるターンオーバーが乱れ、女性ホルモンの減少や紫外線など他の問題も重なり、女性の悩みの種となります。

そんな肌の老化に対して、細胞レベルでアプローチするのが、ヒト幹細胞の注入治療で効果があるとされる、肌の再生医療です。

もともと幹細胞は「ホーミング効果」と言って、損傷部位を自ら探し出し、修復や再生を行う性質があります。

お尻や腹部などの皮下脂肪から「自己脂肪由来幹細胞」を採取し培養した幹細胞を、気になる患部へ注入し戻すことで、しわやシミなどの肌の問題に働きかけるという再生医療が、ヒト幹細胞を利用した美容治療として行われています

ヒアルロン酸やコラーゲンを注入して得られる一定期間の効果とは違い、根本である細胞に働きかける長期的な効果が期待できる治療法として、人気を集めています。

認可されている医療機関で治療

幹細胞治療の技術は高い安全性や技術力が必要なため、認可の高いハードルをクリアすることができる医療機関でなければ行えないことになっています。

脂肪採取や培養後の移植など、重大な危険性がほとんどないとはいえ、合併症や副作用などの事態への対応も考慮しなければなりません。

ヒト幹細胞を利用した肌の再生医療を受ける際は、厚生労働省が認可した美容医療機関を受診しましょう。

幹細胞の注入治療は自由診療

肌再生の幹細胞治療は、

  • 術前のカウンセリングや血液検査
  • 脂肪採取
  • 採取した幹細胞の培養
  • 培養した幹細胞の投与(細胞移植)
  • 副作用などの術後対応

などの、様々な過程によって成り立ち、最先端の治療を可能としています。

しかし、安全性が確立されていて、なおかつ効果が立証されている再生医療でも、臨床データが健康保険適用を認めるためには十分に揃っていないため、美容だけでなくほとんどの疾病やケガに利用する場合においても、自由診療とされています。

美容成分としての配合

幹細胞を利用した美容成分配合の美容液などのコスメは、老化などで遅くなりがちなターンオーバーが回復するということで、人気のカテゴリーとなっています。

しかし、その効果やメカニズムは幹細胞注入治療とはまた違う特徴があるので、違いをしっかりと理解した上で利用しましょう。

コスメに配合されているのは幹細胞ではない

「幹細胞コスメ」という名前を聞くと、まるで幹細胞が含有されていて、それを肌に塗布するなりして効き目を導き出すものだと思ってしまうのが普通でしょう。

しかし、ヒト幹細胞そのものが含まれているコスメは、残念ながら薬事法(現在は薬機法)では製造してはいけないことになっています。

肌とは人の体を守るバリアの役目をしていて、その肌の事実上生身の部分となる真皮まで届いてしまう成分を化粧品に入れることで、万が一真皮を壊すようなことになってしまうと大変なことになるからです。

コスメに望まれていることは、真皮を強力に守っている角質層をいかにして整えるかなので、世に謡われる「幹細胞コスメ」を選ぶ際は、相応なメカニズムを持つ成分であるかどうかをしっかり見極めることが肝心です。

ヒト幹細胞順化培養液が効くメカニズム

美容液などのコスメにヒト幹細胞を取り入れた「幹細胞コスメ」を選ぶ際は「ヒト幹細胞順化培養液」が含まれているものを選ぶと良いでしょう。

ヒト幹細胞は、培養時に沢山の成長因子(グロースファクター)を分泌します。

前述しましたが、ほとんどの細胞にはレセプター(受容体)があり、成長因子は自分に合う受容体と結びつくことで、その細胞を活性化させます。

ただの培養液ではなく、培養時に分泌される成長因子を含んだ培養液を肌に塗ることで、肌細胞の表面にあるレセプターと結びつき、活性化するというのが、幹細胞コスメのメカニズムです。

肌の様々な細胞が活性化すると、ターンオーバーが正常化し、皮膚組織であるコラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸などの産生をサポートします。

不足したものを補うという従来の化粧品と違い、細胞を活性させる成分を肌に塗って与えることで、肌の基礎力を底上げするのが、ヒト幹細胞順化培養液を含んだ幹細胞コスメなのです。

まとめ

ヒト幹細胞を美容に利用するメカニズムと、具体的な治療法やコスメの選び方などを詳しく説明しましたが、参考になりましたか?

医療の進歩と共に、美容技術も日々進歩していますが、目移りするような施術法や化粧品の中に、再生医療が役立てられる時代になったと思うと、女性の美しさもまた日々進歩していけると期待ができて、とても喜ばしいですね。

この記事が、幹細胞で肌を再生したいと考えている方の参考になれれば嬉しいです。

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエニシーグローパックエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術クマクリニック選びケミカルピーリングコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダウンタイムダリアブライダルコースデメリットトランサミントリニティ・プラストレンドニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ注射ヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法再生医療切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。