銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

糸リフトの失敗例とは?後悔しないための注意点や失敗したときの対処法を解説

糸リフト 失敗

エイジングケアの一環として近年注目を集める糸リフト(スレッドリフト)ですが、施術で失敗するケースもあります。

肌の透け感や凹凸、不自然な引き上げによる表情の固定など、思い通りの結果が得られなかった場合のリスクは、施術を受ける上で欠かせない知識です。

本記事では糸リフトの失敗例やその原因を詳しく解説します。

糸リフトの施術で後悔しないためのポイントも解説しているので、これから施術を受ける方はぜひ参考にしてみてください。

糸リフトの7つの失敗例

糸リフト 失敗

糸リフトは若返り技術として人気がありますが、施術にはリスクもあります。

施術者の技術や使う糸の質により、糸の透け、肌の凹凸、不自然な仕上がりといった問題が生じることがあります。

しっかりとしたカウンセリングと信頼できるクリニック選びが重要です。

ここでは、糸リフトの失敗例を7つ紹介します。

糸が透けて見える

糸リフトの施術失敗例の一つとして、糸が透けて見えることが挙げられます。

糸が透けて見えるのは、糸リフト施術時に使用される糸が肌に浅く埋め込まれた場合や、皮膚が薄い人に起こりやすいです。

糸の種類を選び、深さを調整することで防げる失敗例です。

施術にあたり、肌質を考慮し、透けにくい糸を選ぶことや専門医との相談が不可欠になります。

肌が凹凸になる

肌が凹凸になる失敗例は、糸の配置が均等でない、引き締めが強すぎる、または糸の量が多すぎる等の理由で起きることがあります。

施術者の熟練度が高いクリニックを選んだり、施術後の経過観察をしっかりと行ったりすることで対処可能です。

たるんで見える

糸リフトの施術によって肌がたるんで見えることがあります。

糸リフト後に肌がたるんで見える理由として挙げられるのは、糸のリフト効果が不十分である、たるみが強すぎて糸だけではカバーしきれないなどです。

肌の状態やたるみの強さによっては、糸リフトよりも他の施術が適している可能性があります。医師と相談して、自分の肌の状態や悩みに適した施術を選びましょう。

仕上がりが不自然になる

仕上がりが不自然になってしまう失敗例もあります。

仕上がりが不自然になる失敗は、糸の引き締めが強すぎたり、自然な顔の表情を妨げるほど硬い糸を使用したりすることが原因です。

施術前の詳細なカウンセリングで望む仕上がりを伝え、施術者の提案を聞くことが大切です。

顔が引きつる

糸リフトの施術によって顔が引きつるのは、過度に糸を引き締めた結果です。

顔の表情が自然でなくなり、不快な感覚を伴うこともあります。

顔の動きを妨げないような施術法を選び、体質に合った糸の種類や引き締め度を適切に調整することが重要です。

痛みがいつまでも長引く

痛みが長引く場合は、糸の挿入による組織のダメージや炎症が原因のことが多いです。

通常、糸リフト施術後の痛みは一時的なものですが、持続する場合は速やかに医師に相談し、適切な処置を受ける必要があります。

感染症や後遺症

糸リフトで感染症や後遺症が起きる可能性もあります。感染の程度によっては糸を取り出さなければならないこともあり、注意が必要です。

カウンセリング時などにクリニックの衛生対策を事前に確認しておきましょう。

感染症や後遺症を防ぐためにも、衛生管理がしっかりしたクリニックで、熟練の医師による施術を受けるのがおすすめです。

糸リフトの施術で失敗してしまう原因

糸リフト 失敗

糸リフトの施術はいくつかの原因により期待通りの結果にならない場合があります。

施術者の技術不足、使用する糸や器具へのアレルギー反応、十分な事前カウンセリングの不足は失敗の3大要因です。

ここではこれらの原因を掘り下げていき、失敗を避けるために患者と施術者がどう対処すべきかを解説します。

また糸リフトの施術に向かない人もいます。他のリフトアップ施術については以下の記事で解説していますので、よろしければこちらもご覧ください。

【たるみ治療最新】2024年注目の5つのリフトアップ法を種類別に紹介!

切らないリフトアップで半永久的な効果持続は可能?おすすめの方法7つ

施術担当者の技量不足

糸リフトは高度な技術を要する施術で、施術担当者の技量不足が失敗に直結するケースが少なくありません。

施術者が適切な研修を受けていない場合、糸の挿入角度が不正確であったり、皮下に糸を配置する位置が適切でない場合があります。

こうした技術的な問題は、皮膚へのダメージや非対称な結果、持続性の低下を招きます。

クリニックを選ぶ際は、施術者の実績と評判を事前に確認し、信頼できる施術を受けることが重要です。

使用する糸や器具にアレルギーがある

まれに、糸リフトで使用される糸や器具によって、腫れや赤み、かゆみ、しこりといったアレルギー反応が起こる場合があります。

抗ヒスタミン剤やステロイドホルモン等の内服、注射、点滴などで治療しますが、改善しない場合は糸の抜去が必要です。

アレルギーがある場合、糸リフトの施術が向かないこともあります。アレルギーがある場合や心配なことがある場合は、カウンセリング時に必ず医師に伝えるようにしましょう。

施術前にするイメージのすり合わせが不十分

施術前のイメージのすり合わせが不十分だと、期待する結果と施術後の実際の効果にギャップが生じることがあります。

リフトアップの程度、顔のバランス、求める仕上がりなど、希望は写真などを使って明確に伝えましょう。

医師としっかりコミュニケーションを取り、十分にイメージのすり合わせを行うことで「イメージしていた仕上がりと違った」という失敗を防ぐことができます。

糸リフトの施術で失敗してしまった時の対処法

糸リフト 失敗

糸リフトは肌を切らずにリフトアップ効果を得られる施術として人気ですが、失敗する確率はゼロではありません。

施術後に違和感や異常を感じた際は、冷静に状況を把握し、適切な対処を行うことが大切です。

ここでは糸リフトの施術で失敗してしまった時の対処法を解説します。

医師に相談する

施術後に異変を感じた場合は、早めに施術を受けたクリニックに相談することが大切です。

腫れや赤みが引かない、痛みが持続する、自分の顔に違和感があるなど、具体的な症状を伝えましょう。

症状に応じて、内服薬や注射、点滴などの治療を行います。自己判断で対処すると悪化してしまう危険もあるため、必ず医師に相談しましょう。

糸リフトの修正手術を受ける

糸リフトの施術後は、肌の引きつりや凸凹が気になる場合がありますが、通常は時間の経過によって改善していきます。

しかし、引きつりが強い場合や理想の仕上がりにならなかった場合、修正手術を受けることも可能です。

糸を緩める、糸を取り除く、ヒアルロン酸を注入するといった方法で、皮膚をなめらかに整えます。

再手術は、以前の施術結果を調整するため、慎重な計画と技術を要します。

施術を受けたクリニックや他のクリニックの医師と相談し、リスクとメリットを十分に把握した上で決定することが大切です。

糸リフトの施術で後悔しないために気を付けたいこと

糸リフト 失敗

糸リフトはたるみを改善するのに効果的な施術ですが、後悔を避けるためにはいくつかの点に注意しましょう。

特に、施術者の技術と経験が非常に重要です。また、使用する糸の種類や品質、その後のアフターケアの充実度も重視するべきといえます。

施術前にこれらの情報をしっかり確認し、納得のいくクリニック選びを心掛けましょう。

信頼できるクリニックを選ぶ

信頼できるクリニックの選択にはいくつかのポイントがあります。

医師の資格はもちろんのこと、クリニックの評判や実績を確認することが大切です。

具体的には、糸リフトの施術件数、症例写真の豊富さ、患者の口コミや評価を参考にします。

また、不明な点は事前に問い合わせをし、クリニックの対応を通じて信頼度を見極めましょう。

最終的には自身が安心して施術を受けられるかどうかが重要なため、医師との相性も考慮に入れるべきです。

カウンセリングでイメージのすり合わせを十分に行う

カウンセリングでは自分の希望する効果や不安点を医師と正直に話し合うことが求められます。

施術後の理想の状態を明確に伝えることで、医師から適切なアドバイスが得られます。

また糸リフトに関しての理解を深め、リスクや副作用についてもしっかりと把握することも必要です。

患者と医師の間でイメージを共有し、細部にわたって調整を行うことで、施術後の満足度を大きく高めることができるでしょう。

安心して施術を受けるためにも、十分な時間をかけてカウンセリングを行いましょう。

まとめ

糸リフト施術の失敗例について解説しました。

糸リフト施術の失敗例としては、糸が透けて見える、肌が凹凸になる、肌がたるんで見える、仕上がりが不自然になるなどが挙げられます。

失敗する原因として考えられるのは、施術担当者の技量不足やイメージのすり合わせが不十分だったことなどです。

糸リフト施術の失敗を避けるためにも、信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。