銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

【たるみ治療最新】2021年注目の4つのリフトアップ法を種類別に紹介!

たるみ治療

「頬のたるみが気になる」「フェイスラインが気になる」など、顔のたるみが気になって美容医療を検討する方が増えています。

たるみは老けた印象を与えるだけでなく、顔の形までも変えてしまいます。とくに30代以降からは顔の筋力が次第に衰えていくため、徐々にたるみが目立つようになってきます。そのうえ、コロナ禍により人と話す機会が減り、表情筋を動かすことが少なくなっていることで、セルフケアではどうにもできなくなってしまうことも。

たしかに表情筋を毎日鍛えたり、食生活や生活習慣の乱れを整えたりすることでも、ある程度たるみを改善できます。しかし、効果が出るまでにはかなり長い期間継続しなければいけませんし、自己流のケアは逆にたるみを悪化させてしまう場合もあります。

そこで近年話題となっているのが、美容医療です。楽してたるみを改善したい方にとっては、非常に頼りになる存在なのではないでしょうか。

近年、美容医療の進歩はめざましく、より低侵襲で痛みがほとんどない治療法も確立されており、どんどん新しい医療技術や医療機器が登場しています。

そこでこの記事では、たるみの種類と原因、2021年最新の種類別4つのリフトアップ法についてご紹介します。最新医療でたるみを改善したい方、美容医療に興味のある方はぜひ最後まで読んでみてください。

たるみの種類と原因

たるみ治療

ふと窓やショーウィンドウを見たときに映った自分の顔を見て、「こんなに老けていた?」とショックを受けた経験のある方も多いのではないでしょうか。

自分で鏡を見るときは、無意識に顔を作ってしまうものなので気付きにくいですが、ふと映った自分の顔は、普段人から見られている顔です。

ほうれい線が目立つ、フェイスラインがぼやけているなどのお悩みは、たるみのせいであることがほとんどです。

ではなぜ年齢を重ねると肌がたるんでしまうのか、ここではたるみの種類と原因について解説します。

たるみやすい箇所

一般的に、たるみが起こりやすいのは頬と目元です。とくに頬は顔の中でも面積が広いため、たるみの発生しやすい箇所が上部、下部、外辺部の3箇所あります。

たるみの発生した箇所によってはシワの原因にもなり、気づいたときにはほうれい線やマリオネットラインができていたという事態を引き起こします。

一方、目元はまぶたと目の下の2箇所でたるみが発生しやすいです。まぶたがたるむと目が小さく見え、目の下がたるむと眼頬溝(通称ゴルゴ線)ができ、実際の年齢よりも老けて見える原因になります。

たるみの原因

肌がたるむ原因は、大きく分けて5つあります。以下は、たるみの主な原因です。

  • コラーゲンやエラスチンが減少することによる皮膚の衰え
  • 脂肪組織のゆるみ
  • 筋肉と筋膜のゆるみ
  • 皮膚と骨を繋いでいるリテイニングリガメントのゆるみ
  • 顔面骨の骨量の減少

皮膚は表皮と真皮、皮下組織の3層で構成されており、その下に脂肪組織と筋肉があります。若いうちは皮膚の内部で細胞分裂が盛んに行われるため、柔軟性や弾力性に富んでいますが、年齢を重ねるごとにその働きが衰え、徐々にたるみとなってしまうのです。

また、肌をたるませる原因には、紫外線や乾燥などの外的要因も挙げられます。紫外線は肌の老化を早め、乾燥は肌表面の保湿力や抵抗力を低下させ、ターンオーバーの乱れを引き起こします。

とくに年齢が若い方のたるみの原因として考えられるのは、乾燥によるものです。肌が乾燥するとコラーゲンやエラスチンが肌を支えきれなくなり、たるんでしまうのです。

さらに、長引くマスク生活で人と話すことや笑うことが減り、表情筋の衰えにより肌がたるむケースも増えています。年齢が若いからといって、油断してはいけません。

【2021年最新】種類別4つのリフトアップ法

たるみ治療

数ある美容医療の中でも、難関といわれるたるみ治療。その理由は、シミやシワのように皮膚だけの問題ではないからです。

たるみは、脂肪や筋膜など皮膚内部まで関係している本格的なエイジングサインです。しかし、かつては難しかったたるみに関するお悩みも、美容医療技術の進歩により、ハイレベルなケアができるようになりました。

現在美容医療クリニックで行われているリフトアップ法は主に4種類あり、どの方法を選ぶかは患者さんの症状や希望、予算、効果の持続期間などをもとに担当医と相談して決めていきます。

ここでは、2021年最新の種類別4つのリフトアップ法をご紹介します。

フェイスリフト

フェイスリフトは、顔の皮膚を切って縫い縮めることでたるみをとる施術です。効果が高く持続性もありますが、メスを使用する切開手術であるため、傷跡ができることや一定期間のダウンタイムを必要とするなどのリスクを伴います。

以下は、フェイスリフトの施術により期待できる効果です。

  • ほうれい線の改善
  • マリオネットラインの改善
  • フェイスラインの改善
  • 首のシワの改善

個人差はありますが、一般的にフェイスリフトの効果は10年程度といわれています。以下は、フェイスリフトの一般的な施術方法です。

  1. こめかみ部分から耳の前の溝に沿って皮膚を切開する
  2. 皮膚下のSMASという薄い筋肉の層を皮膚と一緒に引っ張り上げる
  3. 余った皮膚を切り取って丁寧に縫合する

従来のフェイスリフトは、単に余った皮膚を切り取り引っ張り上げるだけの手術でした。そのため、目つきが変わってしまったり、効果が長続きしなかったりと問題も多かった治療法でもあります。しかも広範囲の皮膚を剥がす必要があったため、1〜2週間の入院が必要でした。

しかし最新のフェイスリフトでは、日帰りで手術が受けられるほか、顔の表情筋と連動しているSMASと呼ばれる耳下腺浅筋膜を皮膚と一緒に引っ張り上げることで、効果を長期間持続させるのです。

糸リフト

糸リフトは、フェイスリフトよりも大掛かりな手術をすることなく、特殊な糸を皮膚の下に通してたるみを改善します。人体に吸収される医療用の糸を使用しており、目元や口元、首などの部分的な施術も可能です。

以下は、糸リフトの施術により期待できる効果です。

  • フェイスラインを整える
  • ほうれい線、口角のたるみを改善
  • 肌のハリや弾力、うるおいをアップさせる
  • 小顔効果

糸リフトは円錐状のバイオコーンやトゲのようなコグというものがついた糸を挿入し、組織へ引っ掛けることで土台からたるみを持ち上げます。

以下は、糸リフトの一般的な施術方法です。

  1. 糸を挿入する位置やリフトアップする部位をデザインする
  2. 糸の通り道に局所麻酔を注射する(笑気麻酔を併用するケースが多い)
  3. 糸を挿入してたるみをリフトアップする
  4. 糸は挿入したまま針のみを抜き取る
  5. 患部に小さなテープを貼り終了

最新糸リフトの大きな特徴は、バイオコーンとコグの刺激により皮膚内の細胞が活性化し、コラーゲンやエラスチンの生成が促進されることで美肌効果も得られることです。腫れや内出血もほとんどなく、治療直後からメイクも可能になってきています。

HIFU

近年、メスや糸でのリフトアップに抵抗がある方に人気なのが、HIFUによるたるみ治療です。

HIFUは、超音波を使って皮膚の下にあるSMASに熱エネルギーを集めることで、肌の表面を傷つけずにたるみの治療を行います。メスを使用せずにたるみを改善できるので、リスクを抑えて治療したい方におすすめです。

以下は、HIFUの施術により期待できる効果です。

  • シワやたるみを改善
  • ほうれい線を改善
  • 肌の弾力アップ
  • フェイスラインを整える

2004年に顔のたるみ治療用HIFUが登場して以来、日々めざましい進歩を遂げています。最新のHIFU機器は、従来のHIFU機器では難しかった目元や眉下、カーブの強い額などにも細かくエネルギーを照射できるため、目元や口元のシワやたるみをピンポイントに治療できます。

以下は、HIFUの一般的な施術手順です。

  1. 照射する範囲を顔や体にデザインする
  2. 麻酔クリームを塗布する
  3. デザインした範囲に従ってHIFUを照射

HIFUはダウンタイムもほとんどなく、治療直後からメイクも可能です。最新のHIFUは、より一人ひとりの患者さんの状態や希望に合わせた、細やかな施術が可能になっているといわれています。機種によって得られる効果も違ってくるため、自分の希望に合った効果を得られる機器を扱っているクリニックで施術を受けるとよいでしょう。

注入系

ヒアルロン酸注射を代表とする注入系の施術は、周囲に気づかれない自然なたるみ治療として人気です。たるみが気になる部分の皮膚の下に注入します。メスは一切使用しないので、美容医療にはじめて挑戦する方にもおすすめです。

以下は、たるみを改善できる注入系の施術の種類です。

  • ヒアルロン酸注射
  • 水光注射
  • PRP皮膚再生療法
  • ボトックス
  • レディエッセ

注入系の施術は、世界的にも非常にポピュラーな治療法です。異物を体に取り込むイメージをお持ちの方も多く心配される方もいますが、多くの製品が厚生労働省の承認を受けているため、安心して治療を受けられます。

以下は、注入系の施術により期待できる効果です。

  • ほうれい線やシワの改善
  • フェイスラインを整える
  • 顔全体のたるみ改善
  • 表情ジワの改善
  • 肌のハリ感アップ

近年とくに注目されているのが、PRP皮膚再生療法による最新の美肌治療です。自分の血液を使用して皮膚を細胞から活性化するため、副作用やリスクを心配する必要がありません。

肌自体を生まれ変わらせる再生医療のため、約1年と長期間効果が持続します。効果を実感できるのは、施術後1ヶ月経った頃からですが、仕上がりも自然なため周囲の人に気付かれずにたるみを改善できます。

まとめ

たるみの種類と原因、2021年最新の種類別4つのリフトアップ法についてご紹介しました。

顔のたるみやそれに伴うシワなどの症状の治療には、さまざまな種類があります。どの治療法も長所と短所があり、これが一番よいというものはありません。しかし、外科的手術はハードルの高い治療でもありますので、まずは切らない施術でたるみをケアしてみるとよいでしょう。

最新の施術はメスを使用しなくても、たるみを改善する効果の高いものばかりです。ご自身の症状や希望に合った治療が受けられるクリニックを探してみてはいかがでしょうか。

たるみにお悩みの方は、ぜひ本記事を参考になさってみてください。

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。