銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

幹細胞培養上清液療法丨5つの効果や副作用、症例を紹介

幹細胞培養上清液 2回目

美容や健康に関するさまざまな効果が期待されている、幹細胞。

老化や怪我、病気などによって損なわれていく細胞の修復を行う幹細胞は、皮膚再生によるアンチエイジングはもちろん、さまざまな病気の症状緩和の治療にも活用されています。

「幹細胞培養上清液」とは、幹細胞を培養した培養液から幹細胞を取り出して作られた上澄み液のこと。幹細胞培養上清液には何百種類という成長因子が豊富に含まれており、多くの美容・健康効果が期待できます。

この記事では、幹細胞培養上清液とはどんなものなのか、効果や幹細胞治療との違いなどについて詳しく解説します。

また、幹細胞培養上清液点滴の症例も写真つきでご紹介しますので、「幹細胞培養上清液を受けてみたい!」という方はぜひ記事を参考にしてみてください。

目次

幹細胞培養上清液とは

「幹細胞培養上清液(かんさいぼうじょうせいえき)」とは、ヒトの体の中に存在する臍帯・歯髄・骨髄・脂肪など間葉系幹細胞と分類される幹細胞を培養した液体から、幹細胞を取り出し、滅菌等の処理を行った上澄み液のこと。「幹細胞培養液」と呼ばれることもあるようです。

治療では、点滴や注射などによって体内に幹細胞培養上清液を注入します。体内に入った幹細胞培養上清液が組織や細胞に働きかけることで、美容効果・健康効果などが期待できます。

幹細胞培養上清液 

幹細胞培養上清液のもととなる「幹細胞」とは、「自己複製能(自分のコピーをつくる能力)」と「分化能(自分とは異なる細胞に変化できる能力)」という特徴的な2つの能力を持った細胞です。

幹細胞培養上清液 

幹細胞は、消えた細胞の代わりをつくり続ける「組織幹細胞」と、人間の体の細胞であればどんな細胞もつくりだすことができる「多能性幹細胞」の2種類に分けられ、ES細胞(胚性幹細胞)、EG細胞、iPS細胞、成体幹細胞などの種類があります。

幹細胞や幹細胞治療については以下の記事でもご紹介していますので、詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。

【関連記事】

幹細胞とは?美容に用いられる治療の特徴を紹介

幹細胞治療で若返りができる3つの理由と費用や副作用について紹介

幹細胞を用いた再生医療の種類とは?メリット・デメリットを紹介

研究論文で幹細胞培養上清液には成長因子が豊富と判明

幹細胞培養上清液には、多くの生理活性物質(サイトカイン)が含まれていますが、その中でも特に美容効果が期待されているのが「成長因子」です。

成長因子とは、体内の特定の細胞の増殖や分化を促すタンパク質の総称で、「細胞再生因子」や「グロスファクター」とも呼ばれています。

京都大学による研究論文「科学研究費助成事業(科学研究費補助金)研究成果報告書」によれば、ヒト歯髄や骨髄由来の幹細胞培養上清液には、多くの成長因子が含まれていることがわかったと報告されています。

以下で、幹細胞培養上清液点滴に含まれる主な成長因子とその効果についてご紹介します。

bFGF
(塩基性線維芽細胞増殖因子)
・コラーゲンを分泌する線維芽細胞の増殖を促進
・組織修復・神経保護作用
・血管内皮細胞の増殖・血管新生を促進
EGF
(上皮細胞成長因子)
・新しい皮膚細胞を作り出し、シワの改善・予防
・肌をなめらかにする
・健康的な肌の色に導く
・新陳代謝を促進する効果もあり、傷口の回復を早める
TGF-α
(トランスフォーミング成長因子)
・肌の弾力にかかわるコラーゲン・エラスチンを強化
・肌の成長や、細胞の生まれ変わりを促進
・新しい細胞を生み出し、シワの改善・予防
PDGF
(血小板由来成長因子)
・創傷治癒効果
・コラーゲン合成を促進
・育毛を促進する効果
IGF-1
(インスリン様成長因子)
・コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の産生を促進
・脂肪燃焼効果
・毛根を刺激し、髪の毛を強くする効果
VEGF
(血管内皮細胞増殖因子)
・新しい細胞を生み出し、シワの改善・予防
・毛根に栄養を運び、発毛を促進
・肌にエネルギーを与え、肌ツヤを改善

再生医療にも用いられる成長因子の技術は今、美容分野で期待が集まっている成分です。幹細胞培養上清液点滴をはじめ、さまざまな美容医療の治療に取り入れられるようになってきています。

ヒト幹細胞培養上清液配合の化粧品・美容液などもある

現在では、ヒト幹細胞培養上清液を配合した美容液などの化粧品・コスメも数多く販売され、話題になっています。

医療や美容医療で使われるのはヒト幹細胞ですが、化粧品では「植物幹細胞」「動物幹細胞」が使われることもあるようです。(動物幹細胞を用いた化粧品等はアレルギー発症リスクがあり、日本国内ではまだ流通していません)

【関連記事】

幹細胞エステやコスメの特徴とクリニックでの幹細胞治療との違いを紹介

幹細胞培養上清液で期待できる効果

幹細胞培養上清液は、点滴や注射によって投与します。期待できる効果は美容効果のほかにも、発毛効果やEDの改善、病気の症状の改善などさまざまです。

ここからは、幹細胞培養上清液で期待できる効果について解説します。

皮膚再生など美容効果(シワ・たるみ・肌質改善)

幹細胞培養上清液では、シワやたるみ、肌のハリや弾力を改善する効果のほか、肌のターンオーバーを促進することで、ケガなどによる傷の治癒を促し、傷跡を薄くする効果が期待できます。

シワやたるみ、シミなど加齢に伴う変化は、顔だけではなく手の甲や首など、全身に起こるものです。幹細胞培養上清液を点滴などによって注入することで、全身の若返りが期待できます。

薄毛・AGA・発毛効果

幹細胞培養上清液に含まれるPDGF(血小板由来成長因子)やIGF-1(インスリン様成長因子)という成長因子は、発毛や育毛効果が期待できる成分です。

発毛や育毛効果を期待して幹細胞培養上清液療法を行う場合は、頭皮に直接注入することで、毛母細胞を活性化させ、髪の根本から改善していきます。

頭皮への注入は、注射器のほか、MESOJETと呼ばれる注射針を使用しない専用医療機器(炭酸ガスの圧力によって皮膚や毛穴から頭皮深層へ浸透させる)を使って行われます。

EDや動脈硬化の改善効果

幹細胞培養上清液が持つ血管再生作用による、ED(勃起障害・勃起不全)や動脈硬化の改善効果も期待できます。

EDは陰茎の海綿体に血液が流れ込む血管的要因や、そのほかの神経的要因、心理的要因が重なって起こるといわれており、通常は「バイアグラ」を使って治療することが多いです。

幹細胞培養上清液には陰茎海綿体の内皮細胞を再生する機能があるため、EDへの効果が期待できます。

また、血管が損傷した部分の炎症抑制、修復促進や、血管壁細胞の血管が狭くなるのを緩和することによる動脈硬化の改善効果も期待されています。

さまざまな症状・障害の改善効果

上記でご紹介したほかにも、以下のようにさまざまな病気の症状や障害を改善する効果、健康を維持する効果も期待されています。

  • 肝機能障害
  • 腎機能障害
  • 心血管障害
  • 呼吸器障害
  • 糖尿病の合併症
  • 記憶障害
  • 睡眠障害
  • 慢性炎症
  • 抗うつ・不安
  • 慢性炎症
  • 認知症予防 など

エクソソームによる細胞の活性化

幹細胞培養上清液には、エクソソームと呼ばれる物質が含まれています。エクソソームとは、身体のあらゆる細胞から分泌される直径50〜150nm(ナノメートル)のカプセル状の物質です。

エクソソームは臓器同士の情報伝達に重要な役割を担うことがわかっており、皮膚や血管の再生効果が高く、さまざまな炎症を抑える作用があります。

また、全身の体性幹細胞を活性化し、体の再生を促す効果や、弱った細胞を回復させる効果も期待されています。

幹細胞培養上清液の特徴・メリット

幹細胞培養上清液には、以下のような特徴やメリットがあります。

  • 幹細胞が入っているものに比べて安全性が高い
  • 他の再生医療と比較するとコストが抑えられる
  • さまざまな身体機能の向上効果が期待できる
  • 幅広い年齢の方に使用できる

幹細胞培養上清液と他施術の違い

ここからは、幹細胞培養上清液と比較される機会の多いほかの再生医療について解説します。

幹細胞治療との違い

「幹細胞培養上清液療法」と「幹細胞治療」の大きな違いが、幹細胞そのものを含むか含まないかという点です。

  • 幹細胞培養上清液療法……「幹細胞を培養した培養上清液」を投与する治療。幹細胞そのものは含まれていない
  • 幹細胞治療……培養液で培養した自身の「幹細胞そのもの」を投与する

幹細胞培養上清液は、幹細胞治療とは異なり幹細胞そのものは使用しないため、アレルギー反応やがん化のリスクが少ないことがメリットです。

また、幹細胞治療の場合は幹細胞摂取手術や細胞培養、事前検査などが必要となるため、費用が高くなりますが、幹細胞培養上清液の場合はすぐに治療が可能で、費用を抑えて治療できます。

PRP療法との違い

PRP療法とは、採取した自身の血液から抽出した「多血小板血漿(PRP)」を注射する再生医療のことです。

血小板の働きには大きく「血を止める働き」「成長因子を放出する働き」の2つがあり、PRP療法では、傷んだ組織の修復、関節炎の症状の緩和促進などの効果が期待できます。

PRP療法も幹細胞と同じく、美容領域だけではなく形成外科領域、整形外科領域などさまざまな分野で活用されている治療法です。

PRP療法と比較すると、幹細胞培養上清液のほうが効果が長続きする傾向にあるとされています。

幹細胞培養上清液(点滴)の症例

幹細胞培養上清液 2回目

ここからは、ダリア銀座スキンクリニックで幹細胞培養上清液点滴を受けたmisa様(@misa70311)の症例をご紹介します。

1回目の施術から約2週間後に2回目の施術を行い、合計2回の治療を行っています。

Q:自分の肌や身体の悩みなど、特に気になる部分はどこですか?

額のへこみ、たるみ、バストなどが気になる部分です。

Q:今までは悩みをどんなふうにケア・カバーしていましたか?

美容医療や肌再生医療の施術を受けてケアしていました。

Q:施術を受けたことを周囲の人に知られるのに抵抗はありますか?

特に抵抗はないです。

Q:治療を受けるにあたって、不安な点や気になる点はありましたか?

他人の血液由来のものになるので、何年後かに体に支障はないかなどが気になりました。

(※ダリア銀座スキンクリニックでは、厳密な検査を行い、安心して使用できることが確認された幹細胞培養上清液のみを使用しております)

Q:施術にどのような効果を期待していますか?

幹細胞培養上清液には成長因子が豊富ということで、アンチエイジングや若返り効果を期待しています。

Q:カウンセリングについて教えてください。

ドクターがご自身の体験談も交えて丁寧に説明してくださいました。

カウンセリング時間は10分ほどで、スムーズに進みました。クリニック全体の雰囲気や、ドクターや看護師の方も感じがいい方ばかりで安心できました。

Q:施術前日の過ごし方や当日の用意について教えてください。

特に普段と変わりなく過ごしました。

Q:治療はどんな流れで進みましたか?施術中・施術後の痛みはどうでしたか?

カウンセリングの後、個室で看護師の方に点滴をしていただきました。痛みもなく、椅子や個室共に快適でした。

点滴時間は20分ほどだったと思いますが、個室でゆっくりできたので、うとうとしてしまいました。

 

幹細胞培養上清液 2回目

幹細胞培養上清液 2回目

【↑画像1、2】2回目の点滴中の様子

幹細胞培養上清液 2回目

【↑画像】幹細胞培養上清液の点滴

 

Q:施術後の変化はいかがでしたか?治療の感想について教えてください。

特に副作用などもなく、施術後や翌日も、体調など変わりなかったです。

最近睡眠時間が少なかったんですが、いつもより身体が楽な感じがしました。体の内側から効いていくということで変化はわかりにくかったですが、美容や健康に良いとのことで、これからの効果に期待しています。

治療内容 幹細胞培養上清液点滴は、幹細胞を培養した培養上清液を点滴によって投与することで、美容効果・健康効果を期待する治療です。
治療期間・回数 治療期間約2週間、治療回数2回
費用(自由診療となります) 総額220,000円(税込)
【費用詳細:幹細胞培養上清液点滴1回110,000円×2回分】
リスクや副作用 内出血・赤み・腫れ・痛み・かゆみなど

※上記でご紹介の施術の所要時間、効果、経過は目安であり、実際には個人差があります。

※この治療法で用いられる医薬品は国内において薬事承認を受けていません。

※当院で使用している幹細胞培養上清液は国内の幹細胞研究室経由で入手しております。

※本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医療機器・医薬品はありません。

※諸外国においても重大なリスクの可能性について明らかな情報はありません。

幹細胞培養上清液の4つの治療方法

幹細胞培養上清液療法は、目的別に4つの投与方法があります。治療目的によって最適な投与方法は異なり、アンチエイジング(老化予防)効果を期待する場合は、点滴による治療を定期的に行います。

ダリア銀座スキンクリニックでは、「点滴」による投与を行っております。

点滴 点滴によってゆっくりと静脈内に投与する方法。さまざまな老化現象の改善効果が期待されている
局所注射 気になる部位に直接注入する方法。顔への注入の場合はシワ・たるみ・シミ・美肌効果、頭皮下への注入の場合は発毛や育毛の促進効果が期待されている
点鼻 脳に疾患がある場合、老化による機能低下がある場合は点滴ではなく点鼻によって投与するケースも
吸入 肺や脳を対象とした治療の場合、直接有効活性成分を届けるネブライザーによる吸入法が効率的といわれている

幹細胞培養上清液の施術の流れ

ここでは、ダリア銀座スキンクリニックの幹細胞培養上清液療法(点滴)の流れをご紹介します。

  1. 診察・カウンセリング……お悩みやご希望を伺い、最適な治療をご提案します。治療の仕組み・効果・リスクなどについてもご説明します
  2. クロージング……同意書をご確認いただきます。お見積りのお渡しやお会計も行います
  3. 施術開始……幹細胞培養上清液を点滴で投与します(約30〜60分)
  4. 施術完了……施術完了です

ダウンタイムはほとんどありません。副作用として、注射針による内出血、赤み・腫れ・痛みなどが起こる可能性があります。

幹細胞培養上清液の種類

幹細胞培養上清液は、幹細胞を採取する場所によって「脂肪由来」「歯髄由来」「臍帯由来」「骨髄由来」など由来に違いがあります。美容や医療で頻繁に使われるのは、ヒトの皮下脂肪から採取した脂肪由来の幹細胞です。

以下で、幹細胞培養上清液の種類についてご紹介します。

脂肪由来 ヒトの脂肪組織中に含まれる幹細胞に由来し、脂肪吸引によって抽出された脂肪を使用することが多い
歯髄由来 ヒトの歯の中心にある神経部分から採取した幹細胞に由来し、エナメル質や象牙質など硬い組織の中心にあるため、外部からの影響を受けにくく、質の高い幹細胞を含んでいるといわれている
臍帯由来 出産時に母体と赤ちゃんをつなぐ臍帯血から採取した幹細胞に由来し、血液疾患治療(機能障害や白血病など)として使われることが多い
骨髄由来 ヒトの骨髄から採取された幹細胞に由来し、脊髄損傷に伴う神経症候や機能障害の改善、血液疾患治療で使われることがほとんど

幹細胞培養上清液の2種類の培養方法

幹細胞培養上清液は、培養方法によっても成分などに違いがあります。ここでは一般的な方法である「2次元培養法」と新しい技術の「3次元ローリングボトル方式」についてご紹介します。

方式 培養方法 特徴
2次元培養法
(一般的な方法)
フラスコなど平面上で刺激を与える方法。生体を模倣した刺激を十分に与えることは難しい コストが高くなる傾向にあり、培養液への有効成分の抽出量が少ない
3次元ローリングボトル方式
(新しい技術)
生体を模倣した刺激を与えることで有効成分の分泌を促進する方法 コストを抑えて豊富な有効成分が含まれた培養液を量産できる

幹細胞が持つ成長因子をより多く分泌させるためには、幹細胞に「ヒトの体内(生体)で起きるトラブルに近い刺激」を与える必要があります。

より生体に近い3次元での刺激を与えられるローリングボトル方式のほうが、コストを抑えつつ質の高い培養液を培養できます。

幹細胞培養上清液の副作用・リスク

幹細胞培養上清液による施術は、注射や点滴による内出血などのほかにも、副作用やリスクがあります。

アレルギー症状が起こる可能性がある

アレルギーが起こる心配はほとんどないといわれていますが、人によってはアレルギー症状が起こる可能性も考えられます。

過去に幹細胞培養上清液によってアレルギーを起こしたことがある方や、アレルギーが心配な方はカウンセリング時に必ず相談しましょう。場合によっては、幹細胞培養上清液の施術が受けられないこともあります。

体調によって副反応が出る可能性がある

体調によっては、副反応が出る可能性も考えられます。施術中や施術後に体調の変化を感じた場合などは、すぐにお伝えください。

なお、患部の痛み・熱感・腫れなどが起こった場合も、1週間ほどで軽快することがほとんどです。

幹細胞培養上清液を受ける際の注意点

幹細胞培養上清液療法には、注意点もあります。施術を受ける際は、副作用やリスク、デメリット、注意点などを確認し、しっかり理解したうえで施術を受けることが大切です。

献血ができなくなる

幹細胞培養上清液は、ヒト由来の製品です。厳密な検査によって安全性が確認された製品を使用して治療するものの、現在の検査法では検知できない未知のウィルス感染の可能性を完全には否定できません。

一度でも幹細胞培養上清液による施術を受けた方は、献血ができなくなるため注意しましょう。

施術を受けられない人もいる

以下の方は、幹細胞培養上清液の施術が受けられません。安心して治療を受けるためにも、施術前にドクターとしっかり話し合いましょう。

  • 妊娠中の方
  • 妊娠の可能性がある方
  • がん治療中の方、もしくはがんの治療をして間もない方 など

幹細胞培養上清液の値段・相場

幹細胞培養上清液による治療は、保険外診療(全額自己負担)となります。かかる費用はクリニックによっても異なり、注入量・幹細胞培養上清液の種類によっても変わってきます。

ダリア銀座スキンクリニックの場合は、幹細胞培養上清液(点滴)1回で110,000円(税込)となっております。

幹細胞培養上清液点滴はこんな人におすすめ!

幹細胞培養上清液点滴は、こんなご希望やお悩みをお持ちの方におすすめです。

  • シミやしわ、たるみなどを改善したい
  • 若々しさを保ちたい
  • 老化予防したい
  • 関節の痛みを緩和したい
  • 薄毛や脱毛を改善したい
  • アレルギー体質を改善したい など

幹細胞培養上清液に関連するQ&A

ここからは、幹細胞培養上清液に関連するよくある質問をご紹介します。

Q:幹細胞培養上清液の効果を感じられる治療回数は?

幹細胞培養上清液の効果の感じ方には個人差がありますが、1回の治療でも効果を感じる方もいらっしゃいます。5〜6回ほどの治療で効果を感じる方が多いようです。

施術の間隔としては2週間~1ヶ月に1回ほどが目安です。

Q:幹細胞培養上清液は治療時に痛みがありますか?

当院の場合、点滴によって幹細胞培養上清液を投与しますので、注射針を指す際に痛みが生じる可能性があります。

Q:幹細胞培養上清液の安全性について教えてください。

当院では、感染症の恐れはないかなどの徹底したスクリーニングをクリアし、安全と判断された幹細胞培養上清液のみを使用しております。

また、幹細胞は日本人ドナーより無償提供されたものです。信頼できるラボのノウハウに従い、国内で製造した幹細胞培養上清液となっております。

まとめ

幹細胞培養上清液は、今注目される再生医療の一つです。シワ・たるみ・シワの改善、美肌効果、薄毛の改善、動脈硬化の改善など、さまざまな美容・健康効果が期待されています。

幹細胞そのものを含まず、幹細胞を培養した培養液を使用する幹細胞培養上清液は、幹細胞治療に比べると費用を抑えて治療を行えることもメリットです。

ダリア銀座スキンクリニックでは、幹細胞培養上清液をはじめとして、さまざまな美容点滴・注射をご用意しております。ドクターによるカウンセリングによって詳しいお悩み・ご希望をお聞きしたうえで最適な施術をご案内しておりますので、ぜひまずはお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせフォーム】

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術クマクリニック選びケミカルピーリングコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダウンタイムダリアブライダルコースデメリットトランサミントリニティ・プラストレンドニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射プラセンタプラセンタ注射ヘリオケアボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリフトアップレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法再生医療切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。