銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

ゼオスキンのセラピューティックプログラムとは?1週間ごとの経過目安も紹介

ゼオスキン 経過

医療機関で購入することができるスキンケアであるゼオスキンは、さまざまなプログラムが用意されていますが、そのなかでもセラピューティックプログラムの経過が気になるという方が多くいらっしゃいます。

なぜなら、セラピューティックプログラムは肌の皮むけが起こるプログラムとなっているため、どの程度の皮むけなのか、期間はどれくらいなのかといった疑問が出てくるのです。

この記事では、セラピューティックプログラムについてご紹介したあとに、平均的なセラピューティックプログラムの経過についてお伝えしていきます。

セラピューティックプログラムを始めたいと考えている方、経過を知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ゼオスキンのセラピューティックプログラムとは

ゼオスキン 経過

ゼオスキンのプログラムの中でもハイドロキノン配合のアイテムやトレチノインを併用して治療を行うセラピューティックプログラムは、どのような治療なのでしょうか?

まずは、セラピューティックプログラムについて詳しくご紹介します。

セラピューティックプログラムの効果

セラピューティックプログラムは短期間で以下のような症状を改善させる治療です。

  • シミやくすみ
  • 肌のハリ不足
  • シワ
  • ニキビやニキビ跡
  • 肌のキメ
  • 毛穴の開き
  • 乾燥

セラピューティックプログラムで使用する成分の特徴として、ハイドロキノンとトレチノインを使用することが挙げられます。

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素の生成を減少させる成分で、肌の漂白剤とも呼ばれています。

ハイドロキノンが配合されているミラミンについては、こちらの記事もご覧ください。

ゼオスキンのミラミン4つの主成分を解説!特徴や効果を発揮する肌悩みを紹介

トレチノインはビタミンA誘導体の一種で、シミ、しわ、ニキビなどの治療薬としてFDAに認可されている成分です。

また、ターンオーバーを促し皮脂の分泌を抑制するため、皮脂が過剰に排出されることによるニキビにも効果が期待できます。

しかし、ビタミンAを肌に塗布すると「A反応」と呼ばれる副作用が現れます。その一つがゼオスキンで有名な皮むけとなっていて、治療中に皮がボロボロと剥けるのが特徴です。

セラピューティックプログラムの期間

セラピューティックプログラムは、18週間の治療期間となっていて、以下のように経過が分けられています。

最初の4~6週間を反応期と呼び、この時期は全期間の中でもっとも肌に変化が起こる時期となります。

トレチノインの効果でターンオーバーが促進され古い角質が除去されることや、コラーゲンの生成を促進させることが特徴。

その副作用として赤みや皮むけが起こるため、この反応期にセラピューティックプログラムの継続が不安だと感じてしまう方も多いですが、この期間を経て肌が生まれ変わっていくため、不安なときは医師に相談するようにしましょう。

反応期が終わってからの4~6週間を耐久期と呼びます。この時期は反応期で出た副作用が徐々に落ち着いていき、肌に耐性がついてきます。

耐久期が終わってからの4~6週間を完成期と呼び、肌が新しく生まれ変わる時期となります。完成期のあとは、そのままゼオスキンの製品を使用するのか、徐々にスキンケアを変更していくのか医師と相談するようにしましょう。

ゼオスキンのセラピューティックプログラムの経過

ゼオスキン 経過

ゼオスキンのセラピューティックプログラムは効果に個人差があるものの、最初の4~6週間に起こるA反応が不安だという方が多いですよね。

そこで今回は、最初の4~6週間でどのような肌の経過が見られるのかを詳しくご紹介していきます。

1週間目

セラピューティックプログラムをはじめて1日目はとくに肌に変化が現れないことがほとんどです。しかし、スキンケアとして保湿力の高いアイテムを使用していたという方は、ゼオスキンの製品は少し肌が乾燥するように感じるかもしれません。

3~4日目から徐々に皮むけが起こります。とくに皮むけしやすい箇所は口元で、肌は常に乾燥してパリパリしているような状態。

顔全体が赤くなり、スキンケアが染みて痛いと感じるようになります。肌の状態が大きく変化するため不快に感じることもありますが、この変化を乗り切ることがセラピューティックプログラムを成功させるためには必要です。

朝と夕で皮むけや赤みの頻度が変わってくるため、外出や仕事の予定がある方はこまめに鏡をチェックするようにしましょう。

2週間目

2週間目に入ると、皮むけが一旦落ち着いたように感じる方もいらっしゃいます。しかし、赤みは引き続き気になる状態で、他人から見ても顔が赤いとわかるほど赤みが出る方も。

一旦落ち着いた皮むけが再度はじまることもありますが、1週間目に比べると皮は柔らかくパリパリ感はなくなってきます。

2週間目が終わるころには皮むけが落ち着き肌の柔らかさを感じることや、ツヤが出てきたと感じることが増えてきます。

赤みは引き続き感じることが多いため、外出時はファンデーションやマスクが必須となるでしょう。

3週間目

3週間目になるとだいぶ皮むけが落ち着いてくると感じる方が多いようですが、まだポロポロと皮がむけてくる状態なので、無理に皮をむいたり触ったりしないように気を付けましょう。

赤みも引き続き感じる状態ですが、毛穴の開きやニキビ跡が気にならなくなるという声も。

毎日肌を確認していると、変化を感じづらいこともありますが、セラピューティックプログラム開始前と比べると明らかな肌の変化を感じられるようになります。

また、肌に赤みはあるものの、ツヤを感じることもできます。皮むけは落ち着いたり少し皮むけしたりを繰り返すこともあるため、根気強く皮むけが治まるのを待つようにしましょう。

4週間目

4週間目になると、全体的に皮むけは落ち着いてくるものの、日によってひどく感じる日もあり、その感じ方にはムラがあるようです。

個人差があるため、4週間目に皮むけが治まっている方もいれば、まだまだ全体的に皮むけしているという方もいます。

しかし、肌のツヤやシミへの効果は感じることができ、セラピューティックプログラムをはじめる前と比べると肌がきれいになったと実感できるでしょう。

5週間目

皮むけはどんどん落ち着いていくのを感じられ、赤みも徐々に引いてくるため、肌がトーンアップして綺麗になったと感じることもあります。

色ムラやキメの細かさが整ってきて、ニキビもできにくくなっているのを実感できます。また、小さなシミだけではなく、大きなシミも消えているのを確認できることがあります。

目に見えて効果が見え始める時期なので、皮むけや赤みが続いている方もあともう少し頑張ってプログラムを続けてみましょう。

6週間目

皮むけはほとんどの方が落ち着き、赤みも目立たなくなってくるので、ファンデーションやコンシーラーを使用することで気兼ねなく外出できるようになります。

なかには赤みがほとんど目立たなくなり、スキンケアと日焼け止めだけで十分と感じる方も。ファンデーションを塗らなくても日焼け止めだけで外出できるようになると、治療の効果をしっかり感じられるようになります。

セラピューティックプログラムを実施しているときは、医師の指示のもと通院する必要があります。医師に肌の状態を確認してもらい、製品を使用する量を調整したり、お休みする日をつくったりして様子を見ることも。

外出の予定がある方は、皮むけしたくないことを医師に伝えて数日お休みすることもできるため、セラピューティックプログラム中は、医師と製品の塗布量などをよく相談するようにしましょう。

まとめ

セラピューティックプログラムについてご紹介したあとに、平均的なセラピューティックプログラムの経過についてご紹介しましたが、参考になりましたか?

ゼオスキンのセラピューティックプログラムは、比較的激しく皮むけをすることで知られています。その皮むけはビタミンAを塗布したことによるA反応と呼ばれるもので、肌が生まれ変わる過程で必要な変化です。

この変化に耐えられないと感じる方は、比較的マイルドな皮むけのコースや、皮むけしないコースもあるため、クリニックで医師に相談するようにしましょう。

ゼオスキンのマイルドコースについては、こちらの記事もご覧ください。

ゼオスキンのマイルドコースとは?使う順番や効果など徹底解説

セラピューティックプログラムの経過については、個人差があるため今回ご紹介したような経過とは違うという方もいらっしゃいますが、医師の診断にもとづいて治療を行っているのであれば、過度に心配せずに治療を続けてみましょう。

ゼオスキンの経過を知ってセラピューティックプログラムをはじめたいという方は、この記事を参考にクリニックを受診してみてくださいね。

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術クマクリニック選びケミカルピーリングコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダウンタイムダリアブライダルコースデメリットトランサミントリニティ・プラストレンドニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射プラセンタプラセンタ注射ヘリオケアボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリフトアップレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法再生医療切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。