銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

美容脱毛は意味がない?医療脱毛との違いや具体的な美容効果を解説

美容脱毛 意味ない

脱毛をしようと考えた際に美容脱毛が良いのか、医療脱毛が良いのかを悩んだことがある方は多いのではないでしょうか。

どちらの方法も脱毛効果を得られることは事実ですが、それぞれに必要な施術回数や最終的な脱毛効果等に違いがあります。

この記事では、美容脱毛の概要、美容脱毛と医療脱毛の違いについて解説しています。

どちらの脱毛施術が良いのか分からないという方は参考にしてください。

美容脱毛の概要

美容脱毛 意味ない

美容脱毛はエステ脱毛、サロン脱毛と呼ばれることもある施術方法であり、もう一つの脱毛方法である医療脱毛と比較した場合、施術を実施する機関に大きな違いがあります。

まずは、美容脱毛について詳しく紹介します。

美容脱毛の特徴

美容脱毛は専門のサロン、医療脱毛は美容外科、皮膚科等で実施される施術だと理解するとよいでしょう。

施術における脱毛効果に関して、美容脱毛は発毛組織に光を照射することでダメージを与え、毛の成長を抑制することで効果を発揮する仕組みとなっています。

美容脱毛を行うと副次的な効果として毛穴の開きが抑えられ、過剰な皮脂の分泌が抑制されるようになります。

それらの効果にともなって、ニキビをはじめとした肌荒れも起こりにくくなります。

また、毛の黒さによって肌がくすんで見えてしまう問題も解消され、肌の透明感も高まるようになります。

美容脱毛の施術回数と効果の目安

美容脱毛に限らず、十分な脱毛効果を得るためには、複数回の脱毛施術を行うことが必要です。

これは毛の成長に一定のサイクルである毛周期(成長期・退行期・休止期)があることが理由です。

肌表面に見えている毛は約1/3であり、残りのムダ毛は毛穴の中で休んでいたり(休止期)、肌内部で成長中であったり(成長期)と、肌表面には見えない状態。

そして、脱毛施術は基本的に成長期の毛にしか脱毛効果を発揮できません。さらに、肌表面に露出している毛は、成長期にあたる毛全体の1~2割ほどといわれています。

上記の点から、1度の脱毛施術ではすべての毛に効果を及ぼせないため、複数回の施術が推奨されているのです。

美容脱毛の施術回数と脱毛効果の目安は以下の通りです。

  • ムダ毛が薄くなってくる:3~5回
  • 自己処理が楽になる・頻度が少なくなる:6~10回
  • ムダ毛がほとんど目立たなくなる:11~15回
  • ムダ毛がなく肌がツルツルになる:16回以上

十分な効果を得るための施術回数は毛量や毛質といった個人の体質や施術部位等で多少の差がありますが、美容脱毛でツルツルの肌を目指すためには16回以上を目安に2~3年の期間が必要となります。

美容脱毛の種類

美容脱毛 意味ない

美容脱毛の基本的な仕組みは、毛発組織に光でダメージを与えるものとなりますが、具体的にはいくつかの種類があり、脱毛効果や施術中の痛みに違いがあります。

ここでは、美容脱毛の種類ごとに仕組みや効果について詳しく解説します。

IPL(インテルスパルスライト)

IPLは、毛のメラニン色素に反応する光を照射することで発毛組織にダメージを与える脱毛施術です。

メラニン色素に反応している性質上、脇、VIOといった濃い毛には十分な効果を発揮しますが、産毛など薄い毛では効果は減少すると思ってよいでしょう。

また、日焼け等によって肌そのものが濃くなっている場合、発毛組織だけでなく肌組織に照射ダメージが及んでしまう危険性もあります。

SHR(スーパーヘアリムーバル)

SHRは、低出力の光を照射し、発毛を促すバルジ領域に蓄熱することでダメージを与える脱毛施術です。

発毛の原理は、バルジ領域から発毛組織へ成長を促す指令が出る仕組みとなっています。バルジ領域にダメージを与え、発毛の指令を抑制することで毛が生えにくくなります。

SHRの場合、毛の組織そのものにダメージを与えるものではないため、毛の濃さに施術可否を左右されることがありません。

産毛へのアプローチも可能であり、色の濃い肌にも施術が可能となっています。

THR(サーモヒートリムーバー)

THRは、先述したIPLとSHRを組み合わせた脱毛施術です。

毛髪組織そのものにダメージを与えるIPLの脱毛効果の即効性と、濃い毛から産毛まで幅広く脱毛効果が得られるSHRの両方の利点を得られるのがTHRの特徴です。

このような特徴から美容脱毛の中でも効果を実感しやすい脱毛施術となっています。

SSC(スムーススキンコントロール)

SSCは、抑毛効果のあるジェルや美容液を肌に塗り、塗布部分に光を照射することで肌への浸透を促進して脱毛を図る施術方法です。

発毛組織や肌組織に熱によるダメージが生じているわけではないため、肌への負担が小さく痛みを感じにくい点が特徴です。

さらに使用するジェル、美容液の中には抑毛効果に留まらない美容効果を持つものも多くあり、美肌効果を期待できる点もポイントです。

一方、他の施術方法と比較して脱毛効果が緩やかに現れていくことも理解しておきましょう。

美容脱毛と医療脱毛の効果の違い

美容脱毛 意味ない

脱毛施術には美容脱毛だけでなく、医療脱毛もあります。

ここでは、美容脱毛と医療脱毛の違いについて詳しく解説します。

脱毛器の威力と痛み

美容脱毛と医療脱毛を比較した場合、毛髪組織に与えるダメージの威力に違いがあります。美容脱毛は光によってダメージを与えるのに対し、医療脱毛はレーザーによってダメージを与えるため、医療脱毛の方が威力が高いです。

ダメージの威力が高いため、脱毛効果は医療脱毛の方が短期で実感しやすいですが、痛みを感じやすい傾向にあります。

一方で、美容脱毛の場合は脱毛効果を実感するまでに時間が掛かりやすいです。ダメージの威力が小さいため、敏感肌の人でも施術を受けやすい点が特徴。

ただし、麻酔が使用できるのは医療機関で行われる医療脱毛のみとなることから、痛みが不安な方は医療脱毛を選ぶ傾向にあります。

施術料金

美容脱毛はエステの一種、医療脱毛は自由診療に該当するため、施術料金はサロンやクリニックによって大きく異なっています。

また、十分な脱毛効果を得るためには複数回の施術が必要である、脱毛効果が施術部位によって異なる等の理由から、施術回数、施術部位ごとに料金設定がされている点も特徴です。

さらに、美容脱毛と医療脱毛を比較した場合、美容脱毛では施術回数無制限やお試し価格といったキャンペーンを行っていることが多いです。キャンペーンを活用することで比較的リーズナブルな価格で脱毛施術を受けられます。

脱毛施術を受ける際には上記の内容を理解して、複数の脱毛プランを比較検討するようにするとよいでしょう。

脱毛回数と効果

美容脱毛の場合、施術部位や個人差にもよりますが、脱毛効果を実感し始めるまでに3~5回、ムダ毛がほとんどない肌状態となるまでに15回以上の施術が必要となります。

さらに、毛周期と照らし合わせると、施術完了までに2~3年の期間を要します。

また、美容脱毛で用いられる光照射機器では毛根にダメージを与えることは難しいため、永久脱毛を実現することはできない点を理解しておきましょう。

一方の医療脱毛は、照射威力が強く脱毛効果を実感できるまでの回数も少なく、1~2回の施術で毛の薄さを実感できます。

そして、脱毛が完了するまでの施術回数も10回未満で済むケースが多いです。これを施術期間で考えた場合、1年~1年半程度となります。

医療脱毛の場合、レーザー照射によって毛根に的確にダメージを与え、ムダ毛の成長細胞を効果的に破壊できるため、半永久的な脱毛効果を得ることができます。

施術者

美容脱毛と医療脱毛では施術者に求められる要件が異なっており、医療脱毛を実施するためには医療資格者としての国家資格が必要となっています。

一方の美容脱毛では、施術にあたって必須の資格はないため、サロン独自の研修等を実施し、一定のスキルを身につけて施術を行っている場合があります。

資格取得と比較して研修受講のみの場合に不安を感じる方もいるかと思いますが、毛や肌に関する必要知識、専用機器の操作方法や接客マナー等、トラブルを避けるための適切な研修が実施されているケースが大半であるため、大きな不安を感じる必要はありません。

医療脱毛について、詳しくはこちらの記事もご覧ください。
医療脱毛をしたら毛が抜けるまでにどのくらいかかる?抜けやすくする方法も紹介

医療脱毛にデメリットはある?メリットも詳しく解説!

美容脱毛の効果が実感しづらくなるケース3選

美容脱毛 意味ない

美容脱毛は医療脱毛と比較した場合、脱毛効果を実感するまでに必要な施術回数が多くなる傾向にあります。

これは毛にダメージを与える光の照射強度によるものですが、以下のケースに該当する場合、美容脱毛による脱毛効果をさらに実感しづらくなる場合があります。

  • 頻繁に自己処理を行っている
  • 痛みに敏感である
  • 保湿不足・日焼け等で肌状態が悪い

頻繁に自己処理を行っていると成長期の毛に適切に照射を行えなくなります。美容脱毛は照射強度が小さいため、頻繁な自己処理がかえって脱毛効果を弱めてしまうことがあります。

また、肌が痛みに敏感である場合、照射強度を上げることが難しくなるため、結果的に毛に十分なダメージを与えられず、脱毛効果を得るまでに必要となる施術回数が多くなってしまいます。

痛みに弱い方は麻酔の取り扱いがあるクリニックや冷却機能付きの脱毛器を用いているサロンで施術を受けるようにすると良いでしょう。

最後に、保湿不足や過度な日焼けで肌状態が悪くなってしまっている場合、施術を原因とした肌トラブルを引き起こすことがあります。

そして、肌トラブルを回避するために、結果的に照射強度を弱めることとなり、脱毛効果を実感しづらくなります。

まとめ

美容脱毛について解説しました。

美容脱毛は医療脱毛と比較した場合、照射強度が弱いため、効果を実感するまでに時間を要するケースが多いです。

効果を実感できるまでの施術回数の目安を参考に根気強く施術を継続することが重要だといえるでしょう。

一方で、毛や肌へ与えられるダメージが緩やかであるため、痛みに不安を感じる方や敏感肌の方なども実施を検討しやすい点が利点だといえます。

脱毛施術を検討している方は、この記事の内容を参考に、美容脱毛と医療脱毛のどちらが適しているのかを考えてみてください。

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。