銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

コラーゲン配合の化粧品に効果は期待できる?コラーゲンの上手な補い方も詳しく解説

コラーゲン 化粧品 効果

日頃、化粧品をどのような基準で選び取っていますか?

中には「コラーゲン」のワードをヒントに、化粧品を手に取っている方もいるかもしれません。

「コラーゲンは若々しい肌の元」といったイメージがありますが、化粧品に含まれるコラーゲンに効果を期待することができるのか、正直疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、コラーゲンの概要や美容効果、コラーゲン配合化粧品の効果、コラーゲンを肌の内外から上手にアプローチさせるポイントについて解説します。

コラーゲンとは?

コラーゲン 化粧品 効果

コラーゲンとは、身体を構成するたんぱく質のひとつで、主に細胞の外側にあり、細胞同士をつなぎ合わせる役目を果たしています。

ヒトの身体の約20%を構成するといわれるたんぱく質のうち、約30%がコラーゲンです。

特に皮膚に多く含まれていて、肌を構成する成分の約70%も占めています。

また、皮膚以外にも、骨や軟骨、血管にもコラーゲンは多く含まれており、その割合は50%を上回るほどです。

コラーゲンの効果

コラーゲン 化粧品 効果

まずはじめに、コラーゲンの代表的な効果について解説します。

美肌になる

コラーゲンは肌に多く含まれていることもあり、コラーゲンがしっかりと機能している肌はふっくらとしてハリとツヤがあります。

実際に、コラーゲンの効果を測るための実験において、コラーゲンの量が多いほど、角層の水分量が増加する傾向にあることが認められています。

角層は肌の表層を構成しており、特に体内から体外へと水分が抜けていくことを防ぐバリア機能を有しているのが特徴です。このバリア機能はコラーゲンが担っているものでもあります。

【関連記事】

コラーゲンとヒアルロン酸の違いとは?肌におけるはたらきやサプリメントの選び方を解説

関節痛が緩和する

コラーゲンは関節部分で骨と骨のクッションの役割を果たす軟骨に多く含まれており、コラーゲンが劣化・不足すると、軟骨の形や弾力性を維持することができず関節痛が生じるようになります。

コラーゲンを体外から摂取することで関節痛の痛みが緩和したというデータもある他、老化によって変形してしまった関節の改善も図られたことが明らかとなっています。

骨を丈夫にする

コラーゲンは骨を構成するうえで重要な役割を担っており、網の目状のコラーゲンが骨内のカルシウムをつなぎとめ、しなやかな骨を作り出しています。

コラーゲンを摂取することで骨密度の増大、改善効果が確認された実験結果が得られています。

コラーゲンが不足してしまう原因

コラーゲン 化粧品 効果

ここでは、コラーゲンが不足してしまう原因について解説します。

加齢による減少・生成力の低下

若々しく健やかな肌を維持することはもちろん、健康的な肉体で過ごし続けるために重要なコラーゲン。

しかしながら、肌内部のコラーゲンは加齢とともに減少していくことが明らかとなっています。

年齢を重ねるに連れて、肌のハリがなくなる、たるみやシワが目立つようになるといった悩みを抱えるのは、コラーゲンの減少が原因にあります。

また、コラーゲンは身体内の細胞によって生み出されており、加齢によって新たなコラーゲンの生成能力が低下してしまうことも原因となっているのです。

紫外線によるコラーゲンへのダメージ

コラーゲンは紫外線のダメージを受けやすく、適切なUVケアを行わなければ肌内部のコラーゲンはみるみるうちに分解されてしまうため、日常的に日焼け止めアイテムで紫外線を防ぐことが重要だといえるでしょう。

また、普段からスキンケアを行うことも重要です。肌が乾燥していると、バリア機能が低下し、紫外線や乾燥した空気・ほこりなど、外部ダメージを受けやすくなります。

スキンケアを習慣化していた人と怠った人との肌内部のコラーゲンを比較したところ、後者の方がコラーゲン減少量が大きかったというデータが挙げられています。

洗顔・化粧水・乳液による基本的なスキンケアをきちんと行うようにしましょう。

コラーゲン配合化粧品の美容効果とは?

コラーゲン 化粧品 効果

ここでは、コラーゲン配合化粧品の美容効果について解説します。

肌内部のコラーゲンと化粧品配合のコラーゲンは別物!

コラーゲン配合化粧品と謳う商品も多様に販売されていますが、読者の中には「コラーゲン配合化粧品を使うことで肌内部のコラーゲンも補充できる」と思っている方もいるのではないでしょうか?

結論をお伝えすると、コラーゲン配合化粧品を使うことで肌内部のコラーゲンが増加することはありません。

肌内部のコラーゲンは、皮膚を構成する細胞組織(線維芽細胞など)から生成されるものです。そして、生成されたコラーゲンは3重のらせん構造を成分の基本形として、紐状・網状といった形でつなぎ合わせて肌の一部となっているのです。

コラーゲン配合化粧品で肌のバリア機能を維持する

コラーゲン配合化粧品の使用によって、肌内部のコラーゲンが増加することはありません。

しかし、コラーゲンには高い保水力があり、肌に浸透させることで肌の乾燥を防いでくれるようになるため、結果的に、肌に潤いが保たれることで肌のバリア機能を高めることができます。

また、バリア機能が維持されることで、肌内部のコラーゲンが破壊されるリスクが減少し、若々しい肌を維持できるようになります。

コラーゲンの効果的アプローチには分子化が重要!

コラーゲン 化粧品 効果

コラーゲン配合化粧品を使うことで肌内部のコラーゲンが破壊されるリスクを軽減することができます。しかし、外からのダメージを防ぐだけでは若々しい肌を維持させることは難しいです。

肌内部のコラーゲンを増やしていくアプローチも併せて行うことが、コラーゲンの効果的なアプローチだといえます。

そして、肌内部のコラーゲンを増加させるために活用されている技術が「分子化」というコラーゲンの加工技術です。

ここでは、分子化の必要性を人体のメカニズムやコラーゲンの性質から解説していきます。

肌内部のコラーゲンはたんぱく質の消化吸収を経て作られている

まずは肌内部のコラーゲンについて、人体のメカニズムの観点から解説します。

コラーゲンはたんぱく質の1種です。食事から摂取したたんぱく質は、胃や腸で消化、アミノ酸へと分解されます。そして、吸収されたアミノ酸はコラーゲンを作り出す細胞組織へと再構築されます。

これが、肌内部のコラーゲンが生成されるメカニズムです。

消化吸収というプロセスを経て、細胞組織へと再構築されることから、コラーゲンを経口摂取したとしても、特定の組織や肌の合成に優先的に利用させることは基本的にはできないといえます。

【関連記事】

コラーゲンの効果が現れるのはいつ?効率いい飲み方と飲み過ぎの注意点について

効果的なアプローチのヒントはペプチド型コラーゲンにあり!

先述の点から、コラーゲンの経口摂取による有益性について疑問視する声も少なくありませんでしたが、近年の研究で、ペプチド型のコラーゲンは分解されることなく、そのままの形で吸収され、血中に運び込まれていることが明らかとなりました。

ペプチド型コラーゲンとは、消化・吸収しやすくなった、低分子化したコラーゲンのことです。

コラーゲンから分解された他のアミノ酸と結合した状態で吸収されること、血管を通じて全身を巡りながら、コラーゲン不足に陥っている部分の細胞組織に、コラーゲンを作るシグナルを送る機能を有していることが明らかとなりました。

経口摂取したコラーゲンが、直接コラーゲンとして身体に貢献するとは限りませんが、ペプチド型コラーゲンを取り入れることで、細胞レベルでのアプローチを期待することができるのです。

【関連記事】

コラーゲンは肌に塗っても効果がある?美肌効果を手に入れる方法を詳しく解説!

肌内部のコラーゲンを増やすためのポイント

コラーゲン 化粧品 効果

最後に、肌内部のコラーゲンを増やすためのポイントについて解説します。

動物性たんぱく質を上手に摂取する

コラーゲンは肉や魚といった動物性たんぱく質に含まれています。

特に、以下の食品にはコラーゲンが豊富に含まれています。

  • 牛すじ肉
  • 鶏手羽元
  • 鶏手羽先
  • 鶏皮
  • 豚足
  • うなぎ
  • ふかひれ
  • あんこう

上記の食品を見てわかるように、コラーゲンは動物性食品の中でも脂質分も多く含む部分から摂取できるケースが多いです。

コラーゲンそのものはたんぱく質ですが、コラーゲンと脂質分を食べ分けることは難しいため、過剰摂取につながらないように気をつけることが大切だといえます。

ビタミン類を一緒に摂取して合成の手助けを

摂取したコラーゲンは体内の消化酵素によってアミノ酸やペプチドに分解されてから吸収されます。

コラーゲンが直接、肌内部のコラーゲンに貢献するとは限りませんが、吸収されたアミノ酸がコラーゲンを作り出す細胞へと再構築されるように、その他の栄養素も併せて摂取することが効果的です。

より高い効果を得るために、細胞組織の合成をサポートするビタミンC、必須アミノ酸でありながら体内で合成されないトリプトファン、コラーゲンとともに肌組織を構成するエラスチンを摂取することが望ましいといえます。

ペプチド型コラーゲン含有のドリンクを活用

ペプチド型コラーゲンであれば、体内にそのまま吸収されるため、現在では多くのメーカーが、コラーゲンペプチド含有のドリンクを販売しています。

コラーゲンを作り出す細胞組織を活性化させる能力を有しているため、肌や身体への働きに期待することができます。

コラーゲンを含む食品の摂取に併せて、コラーゲンペプチドも上手に取り入れるようにすると、コラーゲンの美容効果をさらに高めることができるでしょう。

まとめ

コラーゲンの概要や美容効果、コラーゲン配合化粧品の効果、コラーゲンを肌内部からアプローチさせるポイントについて詳しく解説しました。

肌内部のコラーゲンと化粧品に配合されるコラーゲンは別物ですが、化粧品配合のコラーゲンは肌内部のコラーゲンを保護するために欠かせない存在です。

また、肌のバリア機能を維持しながら、食事をはじめとした生活習慣から肌内部のコラーゲンへアプローチすることで、若々しい肌を細胞レベルから生み出すことができるようになります。

この記事の内容を参考に、ぜひ上手なコラーゲンの活用を実現してみてください。

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。