銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

ほうれい線は原因への早めの対処が重要!できる理由や目立たなくさせる方法を紹介

ほうれい線 原因

ほうれい線は顔の目立つ部分にあるので、改善したいと思っている方も多いかもしれませんが、そもそもなぜできるのか、原因をきちんとご存知ですか?

実は、ほうれい線の原因はシワとは異なります。

シワは肌のハリや弾力が失われて皮膚がよれたもののことで、ほうれい線は頬と口元の境目にできる溝で、皮下組織の構造上生まれる溝のことです。

ほうれい線は年齢に関係なくできてしまうこともありますが、その一方で若くても目立ってしまう場合もあれば、年齢を重ねても目立たない場合もあるのが特徴です。

この記事では、ほうれい線ができる理由や目立たなくさせる方法をご紹介します。ほうれい線が気になる、改善したい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

ほうれい線は原因への早めの対処が重要

ほうれい線 原因

ほうれい線とは、頬のたるみやフェイスラインのゆるみなどによってエイジングサインのひとつです。

小鼻の横からあごの先に向かってできるのですが、骨格や筋肉の影響も受けるため、進行には個人差があり、年齢が若くてもお悩みになっている方もいらっしゃいます。

そんなほうれい線は、早めに対処することが重要です。まずは自分のほうれい線がどの段階にあるのか知っておきましょう。

ほうれい線は三段階で進行

ほうれい線は、以下の三段階で進行していきます。

①乾燥が進み表情ジワが現れやすくなる

ほうれい線の始まりは、乾燥による表情ジワ。たるみがなくても、笑ったときに薄くラインが見えるのがほうれい線のサインです。

②肌のハリが不足してほうれい線が進行

乾燥にプラスして、紫外線による真皮層のコラーゲンやエラスチンにダメージが起こった状態。肌のハリが不足してゆるみが進行することで、ほうれい線がより目立つようになります。

③ホルモンの乱れも影響してほうれい線が定着

40代以降では、上記に加えてホルモンの乱れにも影響を受けます。コラーゲンが減少してエラスチンが変性するだけでなく、表情筋の衰えによりほうれい線が定着。徐々に深くなったり増えたりします。

上記のように、ほうれい線は肌の表面にとどまらず真皮層までトラブルが起こるため、できるだけ早い段階で治療を受けることが重要だといえます。

ほうれい線ができやすいのはこんな方

以下は、ほうれい線ができやすい方の特徴です。

  • 普段から下を向くことが多い
  • いつも片側を向いて寝ている
  • 食べるときはいつも歯の片側で噛んでいる
  • 肩こりがひどい
  • 紫外線ケアをしていない
  • 保湿をしていない

ほうれい線は、普段の生活習慣によってできやすくなります。

最近ではマスクをしている時間が長かったり、スマホの使用時間が増えたりしている影響で、ほうれい線が進行しやすい状況なので、年齢が若い方も注意が必要です。

ほうれい線ができる理由は主に5つ

ほうれい線 原因

ほうれい線ができる理由は、主に以下の5つです。

  • 加齢
  • 肌の乾燥
  • 紫外線の影響
  • 生活習慣
  • 骨格や筋肉

ほうれい線を目立たなくするには、原因を知った上できちんと対策することが大切です。ここでは、それぞれの原因について詳しく解説していきます。

加齢

加齢だけがほうれい線の原因ではありませんが、もちろん加齢による皮膚のたるみが深く関わっているのも事実です。

年齢を重ねると、ホルモンバランスが乱れてコラーゲンやエラスチンの分泌量や、肌のバリア機能が低下します。すると、肌のハリや弾力が失われてたるみが発生し、深く長いほうれい線となって定着してしまうのです。

また、加齢によって表情筋が衰えると、皮膚や脂肪が重力によって下がり、ほうれい線の原因となることがあります。特に普段あまり笑わない方や無表情の時間が長い方などは、表情筋が衰えやすいので注意しましょう。

肌の乾燥

肌の乾燥も、ほうれい線の原因のひとつです。肌の乾燥によってバリア機能が低下すると、外的ダメージを受けやすく、ほうれい線ができやすくなります。

また、肌が乾燥するとシワも目立ちやすく、乾燥が慢性化して頬のたるみも進行し、ほうれい線が定着しやすくなります。口周りの保湿が不十分な方は要注意! 年齢が若くてものちのちほうれい線に悩まされることになるでしょう。

紫外線の影響

紫外線は、シミやそばかすの原因となることはよく知られていますが、ほうれい線にも関係していることはご存知ない方も多いかもしれません。

紫外線の中でも「UV-A」という波長の長い紫外線は、肌の真皮層にまで悪影響を及ぼし、コラーゲンやエラスチンを減少させてしまいます。

これがいわゆる「光老化」というもので、長年蓄積された紫外線ダメージが肌のたるみを加速させ、ほうれい線の溝を深くしてしまうのです。

生活習慣

喫煙や食生活の偏り、間違ったスキンケアなど、日頃の生活習慣もほうれい線ができる理由のひとつになります。

喫煙や食生活の偏りがほうれい線の原因になることは想像しやすいですが、自分のスキンケアが間違っていることに気づかない方は意外と多いかもしれません。

例えば、クレンジングや洗顔、タオルで顔を拭くときにゴシゴシとこすったり回数が多かったりすると、肌に過度の刺激が加わってしまいます。そのような間違った方法でお手入れをしていると、気づかない間にダメージが蓄積されて、ほうれい線の原因になってしまうでしょう。

また、無理なダイエットも表情筋の筋力低下や栄養不足を招きます。肌のハリも失われてほうれい線が深くなってしまうので注意しましょう。

骨格

生まれつきの骨格も、ほうれい線の原因になることがあります。

頬や小鼻の周りの骨が華奢な場合や、頬骨があまり出っ張っておらず頬が平坦な場合などは、骨が頬の肉を支えきれず、ほうれい線が目立ってしまう可能性があります。

このような骨格は、アジア人に多いのが特徴です。10代や20代の若いうちからほうれい線ができている場合は、骨格が原因かもしれません。

年齢を重ねるごとに骨が萎縮したり、生活習慣によって骨格が歪んだりすると、ほうれい線がさらに深く目立ってしまう恐れもあるので注意が必要です。

ほうれい線を目立たなくさせるには

ほうれい線 原因

ほうれい線は一度できると深く刻まれて戻りにくくなりますが、自宅でのセルフケアや美容皮膚科、美容外科クリニックでの治療を取り入れることで、目立ちにくくしたり予防したりできます。

クリニックでの治療では、肌自体を若返らせてほうれい線を解消することも可能なので、ぜひ参考にしてみてください。

自宅でのセルフケア

ほうれい線を自宅でのセルフケアで完全に消すことは難しいですが、目立たなくできる可能性はあります。以下の対策を取り入れてみましょう。

【表情筋トレーニング】

舌を大きく回して内側からアイロンをかけるようにほうれい線を伸ばしたり、ひょっとこのように左右の頬を伸ばしたりする表情筋トレーニングは、ほうれい線を目立たなくさせるのに有効です。

鼻の下を思いっきり伸ばして口を「オー」の形にするのもよいでしょう。最近では、口の周りを鍛えられるフィットネスツールも販売されています。

【保湿】

肌にハリと弾力をもたらすためには、保湿が重要です。

洗顔後や入浴後は化粧水や乳液などで保湿をしている方も多いですが、マスクを外した後や外の空気が乾燥しているときも、クリームなどで乾燥を予防しましょう。セラミドなど肌内部の水分量を保つ成分が配合されたアイテムがおすすめです。

【生活習慣を整える】

栄養バランスの取れた食事や規則正しい生活は、ほうれい線を目立たなくさせるために欠かせません。肌のターンオーバーを正常に保ち、健康な肌をキープすることを心がけましょう。

喫煙やカフェイン、甘いものの過剰摂取に注意するのはもちろん、ビタミンやカリウム、カルシウムなどの栄養を積極的に摂取し、十分な睡眠時間を確保してください。

クリニックで治療を受ける

ほうれい線を改善したいと考えている方におすすめなのは、クリニックでの治療です。

美容皮膚科や美容外科クリニックでは、ヒアルロン酸注射やレーザー治療、PRP療法、幹細胞治療などでほうれい線を改善していきます。

ほうれい線の原因や希望する仕上がりによって治療方法が異なるので、どの治療が適しているかカウンセリングで医師に相談してみましょう。

クリニックで受けられるほうれい線治療については、こちらでご紹介しています。

ほうれい線は早めの治療が大切!5つの切らない美容医療と選び方

ほうれい線はヒアルロン酸で改善する?施術の特徴や向いている方・Q&Aを紹介

幹細胞治療はほうれい線に効果あり?ヒアルロン酸との違いやおすすめの投与方法などを紹介

まとめ

ほうれい線ができる理由や目立たなくさせる方法をご紹介しました。

ほうれい線の原因は加齢や肌の乾燥、紫外線の影響、生活習慣、骨格などさまざまです。これらが単一、もしくは複数重なり合ってほうれい線を目立たせている場合もあります。

ほうれい線は、顔の構造的にどうしてもできてしまうものですが、できるだけ目立たなくしたいものです。そんなときは、今回ご紹介したセルフケアやクリニックでの治療を試してみてはいかがでしょうか。

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。