銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

ウルトラセルQプラスの最新カートリッジの種類と代表的な機器との比較

ウルトラセルQプラス

切開することなく、少ない痛みとダウンタイムでシワやたるみの治療が行えることで人気のHIFUは、肌の深くにあるSMAS筋膜に、超音波の熱エネルギーを集中させて照射する施術です。

美容に関するお悩みをもつ女性の中には、HIFUの施術を受けようと検討している方も多いですが、いざ施術を受けようとするとさまざまな機器があるため、機種選びで悩んでしまったという経験をされた方も多いのではないでしょうか。

ウルトラセルQプラスはHIFUの最新機種で、カートリッジの種類の豊富さが人気の施術です。痛みも少なく施術時間も非常に短いため、HIFUによるたるみ治療がはじめての方や、仕事が忙しくて通院にあまり時間をかけられないという方から注目されています。

この記事では、ウルトラセルQプラスの詳細とカートリッジの種類、代表的なHIFU機器との比較をご紹介します。ウルトラセルQプラスの施術を検討している方、自分に適したHIFU機器をお探しの方はぜひ最後まで読んでみてください。

ウルトラセルQプラスとは

ウルトラセルQプラス

ウルトラセルQプラスは、HIFU(高密度焦点式超音波)を使って肌を引き締め、たるみやシワを改善する最新のたるみ治療機です。従来、たるみに有効なのは外科的な手術のみとされていましたが、HIFUの登場によりメスを使用しないフェイスリフトが可能となりました。

たるみの根本的な原因は、SMAS筋膜という肌の奥にある組織です。HIFUはSMAS筋膜にピンポイントで熱エネルギーによる傷を与え、その後の自己再生能力を利用してコラーゲンの増産を促すことで、肌の奥深くからたるみを引き上げます。

ここではまず、ウルトラセルQプラスの適応部位やメカニズムについて詳しくご紹介します。

適応部位

ウルトラセルQプラスは、HIFUの中でも短時間での施術が可能で、痛みやダウンタイムも少ない機器です。たるみやほうれい線、フェイスラインの引き締め効果が高く、肌のハリや毛穴の開きが気になる方にも適応しています。さらに、ウルトラセルQプラスは他のHIFU機器では照射が難しかった目の周りも施術可能です。

また、対応しているクリニックは限られていますが、カートリッジを変更することで二の腕、お尻の痩身など全身の施術も可能となっています。

以下は、ウルトラセルQプラスの適応部位です。

  • 目周り
  • ゴルゴライン
  • ほうれい線
  • フェイスライン
  • 腹部
  • 二の腕
  • ふくらはぎ
  • お尻
  • ワキ肉

ウルトラセルQプラスは肌のハリが低下するなどの軽い初期たるみから、顔全体に現れた深刻なたるみまで効果を発揮します。肌の表面を傷つけることもありませんので、仕事帰りやお出かけのついでに安心して施術を受けられます。

メカニズム

上記でもご紹介したように、ウルトラセルQプラスはHIFUという超音波テクノロジーを照射して、SMAS層からリフトアップできるたるみ治療機です。

超音波の熱エネルギーを照射された皮膚内部では、組織分子の振動が起こり、分子間の摩擦により熱が生じます。この熱によってタンパク質の変性が起こり、組織が熱凝固することで肌の引き締め作用が働くため、施術後すぐに効果が実感できるのです。

さらに、その後は1ヶ月から3ヶ月かけて皮膚内部の損傷を回復させるためにコラーゲンが大量に産生されるので、肌に弾力と更なる引き締め効果、たるみやシワの改善効果が期待できます。

ウルトラセルQプラスは、初代のウルトラセルと比較すると施術時間が3分の1程度まで短縮されています。タンパク質の変性が起こる温度(60度)を少しだけ上回る温度で安定して照射できるため、従来のウルトラセルよりも格段に痛みが少なく、麻酔なしでの施術が可能です。

効果は半年から1年間程度持続するので、半年に1度くらいのペースで施術を受けるとよいでしょう。

カートリッジの種類

ウルトラセルQプラス

ウルトラセルQプラスは、照射部分のカートリッジを変更することで、肌の異なる層にアプローチできます。それぞれ異なる効果が期待できるので、一人ひとりのお悩みに適した治療が可能です。

ただし、ウルトラセルQプラスは韓国のJeisys Medical社から医師の個人輸入により入手されるため、所有しているカートリッジはクリニックによって異なるので注意が必要です。

ここでは、ウルトラセルQプラスのカートリッジの種類について詳しくご紹介します。

従来のドットハイフ4種類

従来のドットハイフは、熱エネルギーを点状に正確に照射でき、痛みを抑えながらたるみを改善できます。カートリッジは深達部の深さによって4種類あり、照射部分やお悩みに沿って切り替えたり、複数のカートリッジをコンビネーションで使ったりすることで、肌の各層へ総合的にアプローチできるのが特徴です。

  • Q1.5(1.5mm):真皮層の浅い部分に到達する。コラーゲン再生によるリフトアップや細かいシワの改善に有効。目尻のシワや笑いジワ、毛穴の引き締めに効果を発揮する。
  • Q2.0(2.0mm):真皮層の中間部分に到達する。コラーゲン再生によるリフトアップや細かいシワの改善に有効。目元や表情ジワ、肌の引き締め、毛穴の引き締めに効果を発揮する。
  • Q3.0(3.0mm):皮下組織の手前の真皮層に到達する。タイトニングに有効。フェイスラインやほうれい線、二重アゴの改善に効果を発揮する。
  • Q4.5(4.5mm):SMAS筋膜に到達する。SMAS筋膜の収縮による深いシワの改善に有効。フェイスラインやほうれい線、二重アゴの改善に効果を発揮する。

頬や顎周辺などたるみがはっきりと現れ、脂肪などが多い部分には4.5mmや3mmを使用し、これまでHIFUでは難しかった目元などの皮膚の薄い部分には、2mmや1.5mmを使用して治療を行います。

最新のリニアファーム4種類

最新のリニアファームは、熱エネルギーを線状に照射できるのが特徴です。従来のカートリッジよりやや低めの温度の熱エネルギーを照射することで熱伝導率を上げ、効率的に脂肪細胞を破壊して排出を促します。線状照射で広域に熱を伝えられるので、顎下やボディなどの部分痩せが可能です。

  • Liner2.0(2.0mm):真皮層の中間部分に到達する。58度で線状に加熱することでコラーゲン変性を起こし、コラーゲンの再生を促進。肌質を滑らかにし、赤ちゃんのような透明感とハリ感を得られる。
  • Liner4.5(4.5mm):皮下組織に到達し、脂肪細胞を溶解する。それと同時に周辺の組織にも熱エネルギーによる皮膚のタイトニングを行い、照射した部分を引き締める効果がある。下顎や頬下、膝上のたるみに適している。
  • Liner6.0(6.0mm):皮下脂肪の厚みによってはより深達度の高い6.0mmを使用。ブラジャーからはみ出した脇の肉や、二の腕などに適している。
  • Liner9.0(9.0mm):6.0mmでも届きにくい皮下脂肪には、9.0mmを使用。お尻の下の肉や太ももなどに適している。

リニアファームのカートリッジで照射した部分は脂肪細胞自体が減少するため、半永久的な効果が期待できます。

また、ドットハイフのカートリッジと比べて約2倍の速度で治療が行えます。短時間で施術を行うことで、皮膚へのダメージを最小限に抑え、施術後のダウンタイムもほとんどない脂肪溶解治療が可能です。

代表的なHIFU機種との比較

ウルトラセルQプラス

HIFUはクリニックによって扱っている機種が異なるため、ウルトラセルQプラスの施術を受けたい場合は取り扱っているクリニックを探す必要があります。HIFUは基本的に同じ技術を用いていますが、機種の種類によってそれぞれ特徴があり、打ち方や頻度も異なります。

痛みは強めでも効果は高い機種、痛みを抑えて短時間で施術ができる機種など、さまざまな特徴がありますので、ウルトラセルQプラスだけでなく他の機種の特徴を知って自分に適したHIFU機器を選ぶようにしましょう。

ウルトラセル

ウルトラセルは、ウルトラセルQプラスの先代機種です。HIFUと高周波、SSRによる3つの効果が1度の施術で得られるのが特徴です。SSRで肌表面の若返り、高周波で表皮と真皮層のコラーゲンの産生の促進、HIFUでSMAS筋膜を引き締めることで、肌の深い部分からの若返りが叶います。

ウルトラセルQプラスは、ウルトラセルよりも痛みが少なく、施術時間も短縮されていますが、高周波での治療も同時に受けたい方にはウルトラセルが向いています。

ウルセラ

HIFU機器の代名詞ともいわれる有名機種。その効果は、日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAに唯一認められています。

HIFU機器の中でもっとも熱量が強く、1度の施術で高い効果が長い期間得られます。しかし、高温で照射するため、ウルトラセルQプラスよりも痛みを強く感じるかもしれませんが、リフトアップ効果だけでなくコラーゲン産生効果が高いのも特徴です。

ウルトラフォーマー3

ウルトラフォーマー3は、カートリッジが7種類と豊富なHIFU機器で、1.5mmから13mmの深さまで施術できるのが特徴です。照射速度が早く、目の際の皮膚の薄い部分まで照射できます。

深達度の高いカートリッジでは脂肪の厚いボディの施術も可能で、従来のHIFU機器よりも超音波の点状の熱を小さいサイズで照射できるため、比較的痛みが少なくて済みます。

施術時間はウルトラフォーマー3の方が長いので、忙しい方はウルトラセルQプラスを選んだ方がよいでしょう。

まとめ

ウルトラセルQプラスの詳細とカートリッジの種類、代表的なHIFU機器との比較をご紹介しました。

ウルトラセルの最新機種であるウルトラセルQプラスは、カートリッジを変更することにより、たるみやシワの治療だけでなく脂肪溶解効果による部分痩せが可能なHIFU機器です。

リニアファームの登場で、熱エネルギーを点ではなく線状に照射できるようになったため、効率的に短時間で施術を行えるようになりました。

代表的なHIFU機器との比較もご紹介しましたが、それぞれの機種に特徴があり効果や痛み、ダウンタイムなども違うので、自分の希望が叶うHIFUの施術を受けるようにしましょう。

ウルトラセルQプラスの施術が気になる方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。