銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

エラスチンの効果とは?お肌と身体に必須であるエラスチンの秘密

エラスチン 効果

エラスチンは肌作りには欠かせない成分であり、特に弾力感の元となるものです。このエラスチンは、肌や体内でどのような働きをしているのでしょうか。

年々減り続けると言われているエラスチンを補う方法から種類まで、エラスチンの効果について徹底解説します。

ハリや弾力不足にお悩みの方は参考にしてみてください。

エラスチンって何?

エラスチン 効果

そもそもエラスチンとは、美容成分ということ以外あまり知られていないのではないでしょうか。

エラスチンが肌や身体でどのような働きをするのか、効果と共にエラスチンの正体を解説します。

エラスチンとは

エラスチンとは美肌に欠かせない成分です。

ヒアルロン酸やコラーゲンと共に皮膚に存在しハリや弾力、みずみずしさを保つ働きがあり、エラスチンは主に弾力の元となっています。

繊維状のタンパク質で伸縮性に優れ、ゴムのように伸び縮みする性質から「弾性繊維」とも呼ばれています。

肌や体内で重要な役割があるにも関わらず自己再生が出来ない特徴もあり、壊れていくだけのエラスチンを補うため、意識的にエラスチンを増やすこと・減少を緩やかにしないことには肌も身体にも不調をきたします。

美容や健康の観点からもヒアルロン酸やコラーゲン同様に重要な成分ですが、サプリメントやスキンケアでエラスチンがあまり表に出ていなかった理由として、水に溶けない独特な性質が関係していました。

しかし近年、研究が進みエラスチンを取り入れる方法や生成させるために必要なことが解明され身近な存在となり、取り入れやすいものとなりました。

生命維持に必要

美容成分としての認識が強いエラスチンですが、人体の生命維持に関しても重要な役割を担っています。

伸び縮みをするゴムのような特徴のあるエラスチンは血管、肺、靭帯や子宮など同じように伸縮する臓器にも多く含まれています。

老化と共に関節の曲げ伸ばしに影響が出ることや、血管系の不調もエラスチンの減少が原因とされています。

エラスチンが十分に備わっていると内臓機能や関節も不調を起こしにくいことは言うまでもありません。

エラスチンが減少するスピードを遅くして、意識的に取り入れ増やすことは美肌作りのみならず健康維持にも非常に重要といえるでしょう。

ハリと弾力のカギ

肌のハリや弾力にはコラーゲンを思い浮かべる方が多くいます。

コラーゲンももちろん肌の弾力に関して重要な役割を担っていますが、エラスチンとは反対に引っ張りに強い膠原繊維です。

エラスチンによってコラーゲンの強い柱を支えることで、肌のハリや弾力が保たれています。

たるみが進みハリや弾力が欲しい時、エラスチンを増やせばいいのかと思いがちですが、エラスチンは皮膚の中でコラーゲンを束ね、支えている状態にあります。

そのため、エラスチンとコラーゲンはどちらかが不足しても十分な効果が出ないほど共存しているのです。

コラーゲンは体内で作り出すことが出来ますが、反対にエラスチンは幼少期に生成された後はゆっくり減少し、基本的に再生しないと言われているので意識して取り入れることが重要となります。

真皮層に存在する線維芽細胞は、エラスチンやコラーゲンを生み出す働きをしているため、線維芽細胞をいかに活性するかがポイントとなります。

エラスチンを増やす方法

エラスチン 効果

日常生活では再生しないエラスチンを増やす方法4つをご紹介します。これらを参考に生活に取り入れ、エラスチンを増殖させましょう。

食事

エラスチンは牛や鶏の骨・関節部分に多く含まれています。しかし1度食したからといってエラスチンがすぐに増殖することは難しいため、日常的に取り入れる必要があります。

以下は、エラスチンを多く含む食べ物です。

  • 牛すじ肉
  • 鶏の手羽先
  • 軟骨

これらは、日々取り入れるには少し大変な食材で思うように摂取できないことが懸念されています。

エラスチンの生成には線維芽細胞とコラーゲンに深い関わりがあります。

コラーゲンが生成される過程で発生するコラーゲンペプチドという物質が線維芽細胞を刺激するという研究結果もあります。

エラスチンを多く含む物を摂取すると同時に、コラーゲンを多く含む食材の摂取も良いとされていますが、脂が多い特徴もありますので摂取量には注意が必要です。

サプリメント

エラスチンのサプリメントは効率よく摂取することができるのでおすすめですが、選ぶ際は原材料などを確認しましょう。

そもそもエラスチンは何から出来ているのでしょうか。

  • 豚由来
  • 魚由来

主にエラスチンのサプリメントはこの2種類に分けられています。豚由来エラスチンの原材料は豚の大動脈血管で、人間のアミノ酸の構造に最も良く相性がいいとされています。

魚由来エラスチンはマグロなどの回遊魚の動脈球です。弾力がある球体で心臓の補助ポンプとしての役割があるものです。

また、コラーゲンを効率よく摂取できるサプリメントと、コラーゲン生成に欠かせないビタミンCと鉄分の摂取が推奨されていますので同時摂取がオススメです。

スキンケア

ハリや弾力不足ではエラスチンが配合している化粧水や美容液を選びがちですが、化粧品として塗布する豚や魚由来エラスチンは、線維芽細胞から生成されたエラスチンではないので役割は全く異なります。

ハリアップなどと称されていても、エラスチン化粧品で得られるハリは保湿された状態での弾力感であり、エラスチンの本来の働きから出る弾力ではありません。

化粧品としての働きは皮膚表面の潤い保持であり、低分子化されていても浸透の観点ではなく、そもそも違う物質だということを理解する必要があります。

スキンケアでも効果的な方法は、線維芽細胞に働きかけるヒト由来である線維芽細胞順化培養液などが配合されたものです。

幹細胞のスキンケアも多く出回っていますが、ヒト幹細胞には種類があり得られる効果もそれぞれ異なります。出回っているヒト幹細胞スキンケアの多くは脂肪由来です。

エラスチン増殖を目的としている場合は、真皮幹細胞には線維芽細胞を活性する大元なので有効といえるでしょう。

ヒト幹細胞の種類と効果について詳しくはこちらの記事もご覧ください。

ヒト幹細胞とは?簡単にわかりやすく知りたい!種類や効果などを解説

幹細胞コスメの効果や注意点について詳しくはこちらの記事もご覧ください。

幹細胞コスメは効果なし?効くメカニズムと選ぶ時のポイント、注意点を解説

再生医療

医療でダイレクトに真皮に働きかけて施術する方法があります。

  • PRP法
  • 線維芽細胞治療

PRP法とは、血液に含まれる血小板を皮膚に注入し再生を促す方法です。

注射によって傷ついた皮膚を修復する過程でコラーゲンやエラスチンの生成が促進するものであり、この創傷治癒過程を利用した美容医療施術は多くあります。

PRP療法の美容効果について詳しくはこちらの記事もご覧ください。

prp療法の美容効果は?いつから実感できる?持続期間・副作用なども紹介

線維芽細胞治療とは、線維芽細胞そのものを採取し増殖させ移植する方法です。活性化するだけではなく線維芽細胞を増殖することができます。

自身の皮膚や血液から採取し戻す方法なのでアレルギーも起こしにくいことや、効率敵に線維芽細胞を刺激する方法なのでおすすめですが、高額であることやダウンタイムも考慮し行う必要があります。

エラスチンの減少を緩やかに気を付けること

エラスチン 効果

年齢と共に少なくなるエラスチンは、日常生活を少し気を付けるだけで減少を緩やかにすることができます。

細胞全体に共通することである2つのポイントをご紹介します。

酸化ストレス

酸化ストレスとは、主に紫外線や薬剤などの影響で起きる体内のサビストレスのことを指します。

活性酸素とも深い関係があり、疲労やストレスも活性酸素による酸化ストレスとも言われています。

本来活性酸素とは、細胞伝達や免疫機能としての役割がありますが、過剰に増えることで細胞を傷つけたり健康被害をもたらしたりする恐れがあります。

紫外線から肌を守ることは活性酸素がエラスチンやコラーゲンを分解することを防ぐことに繋がります。

また、ストレスも活性酸素が増える原因になるため、十分な睡眠を取ることや適度な運動も良いでしょう。

糖化ストレス

糖化ストレスとは言わば身体のコゲです。糖が引き金となり、体内で余った糖が体内でタンパク質や脂肪と結びつくと悪玉物質が発生し肌の老化に繋がります。

とは言え、糖を摂取しないことは不可能なので、腸内環境を整えることや規則正しい食生活を意識することで体内の細胞やエラスチンの減少を穏やかにするよう心掛けましょう。

まとめ

エラスチンとは誰でも備わっているもので、お肌のみならず生命維持には欠かせないものです。自己再生しない特徴があり、増殖させるのは意識的なことが必要です。

食事やサプリメントからの接種もおすすめですが、美容施術で外側から取り入れるのもおすすめです。

ハリや弾力を維持し健康的な肌、身体作りの参考になさってください。

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。