銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

医療脱毛とサロン脱毛に違いはある?脱毛方法の種類や特徴を詳しく解説!

医療脱毛とサロン脱毛

セルフケアよりも主流になりつつある、美容サロンや医療機関などでの脱毛。

脱毛方法には種類があり、大きく「医療脱毛」と「サロン脱毛」に分けることができますが、脱毛方法の違いやそれぞれの特徴などを把握していない方も少なくありません。

この記事では、医療脱毛とサロン脱毛の違いを中心に、脱毛方法の種類や脱毛方法の選び方を詳しく解説します。

脱毛方法の種類

医療脱毛とサロン脱毛

セルフケアではない脱毛方法は、大きく分けて「医療脱毛」と「サロン脱毛」の2種類に分けられます。

まずは、医療脱毛とサロン脱毛について、どのような脱毛方法なのかそれぞれ解説します。

医療脱毛

医療脱毛とは、その名の通り医療機関で施術が可能な脱毛方法で、黒いメラニン色素に反応する医療用の強い出力で照射できるレーザーを使用して施術を行います。

医療脱毛用のレーザーを脱毛したい部分に照射すると、毛根のメラニン色素が反応し、レーザーで照射された時の熱によって毛根にある毛乳頭と呼ばれる毛を成長させる部分を破壊します。

医療脱毛は毛根の組織自体を破壊するため、施術を重ねれば治療開始前よりも毛が生えづらくなり、永久脱毛の効果を得ることができます。

サロン脱毛

サロン脱毛とは医療脱毛とは異なり、エステサロンや脱毛サロンなどの医療機関ではない美容サロンで施術を行う脱毛方法で、美容脱毛とも呼ばれています。

サロン脱毛では光脱毛(フラッシュ脱毛)が一般的で、光脱毛器で脱毛したい箇所に光を照射すると毛根のメラニン色素が反応し熱が加えられ、施術後に一定の期間が経過すると自然と毛が抜け始めます。

サロン脱毛も照射を重ねると毛が細くなり目立ちにくくはなりますが、医療脱毛のような永久脱毛効果ではなく、減毛や抑毛効果が期待できます。

医療脱毛とサロン脱毛の違い

医療脱毛とサロン脱毛

ここからは、医療脱毛とサロン脱毛についてどのような違いがあるのか、項目ごとに詳しく解説しましょう。

施術場所・資格

まず、医療脱毛とサロン脱毛の大きな違いとして、施術を受けられる場所が挙げられます。

脱毛方法 施術を受けられる場所 施術をする人
医療脱毛 医療機関 医師や看護師
サロン脱毛 脱毛サロンやエステサロン サロンスタッフやエステティシャン

前項でも解説しましたが、上記の表の通り、医療脱毛は美容クリニックなどの医療機関でのみ施術が受けられる脱毛方法で、よく広告などで目にする脱毛専門サロンではサロン脱毛を受けることが可能です。

医療脱毛とサロン脱毛ではそもそも脱毛方法が異なりますが、医療脱毛で使用される脱毛機はサロン脱毛で使用されるものよりも出力が強いため、医療機関でのみ施術が可能とされています。

また、脱毛の施術を受けられる場所だけではなく、施術をする人もそれぞれの脱毛方法で異なります。

医療脱毛は医療用の脱毛器を使用するため、資格を持った医師や看護師のみ施術が可能です。

一方で、サロン脱毛の場合は、エステティシャンや研修などを受けたサロンスタッフが施術を行うため、資格を取る必要はありません。

脱毛効果

脱毛というと、永久脱毛という言葉を聞いたり見たりすることがありますが、永久脱毛ができるのは医療脱毛だけです。

そもそも、永久脱毛は「永久脱毛=一生毛が生えてこない」ではなく、「一定の脱毛施術を行った後に再発毛する本数が長期間において減少し、その状態が長期間に渡って維持されること」とアメリカ食品医薬品局(FDA)によって定義されています。

医療脱毛は、照射を重ねれば永久脱毛、すなわち、長期間毛が生えづらくなる状態を維持する効果が期待できます。

サロン脱毛は、永久脱毛をすることはできませんが、施術をすることで毛を生えにくくする抑毛効果や、毛を減らせる減毛効果が期待できます。

効果を感じるまでの回数

医療脱毛とサロン脱毛をはじめてから、効果を実感できるまでの回数は、下記のように差がでます。

脱毛方法 効果を感じるまでの回数
医療脱毛 約3回
サロン脱毛 約6回〜10回

医療脱毛もサロン脱毛も、回数を重ねることで脱毛効果を発揮しますが、医療脱毛のほうが出力が強いので施術を開始してから約半年、照射3回〜5回ほどで毛が薄くなっている実感をする方が多いです。

サロン脱毛は、照射出力が医療脱毛と比べると弱いため、施術を開始してから約1年、照射6回〜10回ほどで毛の状態が変化していることに気づき始めるでしょう。

また、脱毛が完了するまでにはご自身の理想とする状態によって異なりますが、医療脱毛で約1年から1年半(照射5回〜8回前後)、サロン脱毛で約1年半〜2年以上(照射15回〜20回前後)かかります。

医療脱毛の施術回数について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

医療脱毛が5回で終わらない理由と必要な施術回数について

医療脱毛が完了する平均回数は7回以上!通院期間や効果に差が出る理由を解説

料金

脱毛料金は、全身脱毛5回分の料金で比べた場合、下記のような料金相場になります。

脱毛方法 全身脱毛5回
医療脱毛 約20万円〜35万円
サロン脱毛 約10万円〜20万円

以前と比べて医療脱毛の料金が安くなっていますが、サロン脱毛と比べると比較的医療脱毛のほうが料金が高くなる傾向にあります。

サロン脱毛は、施術1回ごとに支払いをすることももちろんできますが、定額制や通い放題など、さまざまなプランが用意されていることが多いため、ご自身の予算に合わせた支払いがしやすいでしょう。

しかし、一見サロン脱毛のほうが料金を抑えられそうですが、サロン脱毛は医療脱毛に比べて照射回数を重ねないと効果を実感しにくいことがあります。

ご自身の毛の濃さや生え方などによっては、医療脱毛のほうが少ない照射回数で脱毛を完了できる場合があるため、その分料金を抑えられる可能性があります。

痛み

専用の脱毛器でレーザーや光を照射するときに、個人差がありますが痛みを感じる場合があります。

特に、医療脱毛はサロン脱毛よりも出力が強いため、輪ゴムに弾かれたような痛みを感じることが多いといわれています。

サロン脱毛は痛みというよりは暖かさを感じる程度となるため、痛みに弱い方でも施術が受けやすいでしょう。

医療脱毛を受ける方で痛みに不安がある場合は、施術するクリニックによってオプションで麻酔を追加できることがあるため、施術を受ける前に医師や看護師に相談しておくと安心です。

医療脱毛の痛みについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

医療脱毛は2回目でも痛い?痛みを感じる原因や軽減する方法を紹介

アフターケア

脱毛は、専用の脱毛器を使用して肌にレーザーや光を照射するため、少なからず肌に負担をかける施術です。

医療脱毛、サロン脱毛とともに、美容系の施術の中でも安全性が高いといわれていますが、少なからずリスクはあります。

脱毛によって起こりうる副作用には、下記のような症状が挙げられます。

  • 赤みやかゆみ
  • やけど
  • 毛嚢炎
  • 硬毛化
  • 照射ミス

万が一、医療脱毛やサロン脱毛を行った後に上記のような副作用がでたとき、どのようなアフターケアが受けられるかが重要になります。

医療脱毛の場合、施術を受けているのが医療機関であるため、副作用などがでてしまっても医師による診察や薬の処方が同じクリニック内ですぐに対応してもらうことが可能です。

美容クリニックによっては、アフターケアが医療脱毛の料金に含まれていることもあり、副作用を起こしてしまっても無料で迅速に他右往してもらえるケースもあります。

一方、サロン脱毛の場合は、脱毛サロンやエステサロン内では治療ができないため、他の医療機関を受診して対応をする必要があります。

サロンによっては、返金対応や再施術などを行ってくれることもありますが、医療脱毛とは違い医療従事者が常駐していないため、サロン内だけで対応することは難しいでしょう。

自分に合う脱毛方法の選び方

医療脱毛とサロン脱毛

ここまで、医療脱毛とサロン脱毛の違いについて解説しましたが、ご自身に合う脱毛方法を見つけるには、どのような点に気をつけるのが良いのでしょうか。

医療脱毛とサロン脱毛、それぞれオススメできる人の特徴をまとめて解説します。

医療脱毛がオススメな人の特徴

医療脱毛がオススメな人は、下記のような特徴が挙げられます。

  • 永久脱毛したい
  • 少ない回数で効果を実感したい
  • アフターケアを重視したい
  • 事前に肌を診察してから施術を受けたい
  • 施術自体に不安がある

医療脱毛は、脱毛方法の中でも永久脱毛ができるため、少ない回数で効果を実感し毛が生えにくい状態をキープしたい方にオススメできる脱毛方法です。

料金が高かったり痛みを強く感じたりする場合がありますが、脱毛効果をしっかりと感じやすいため、今まで毛の処理やムダ毛を気にしていた方も悩みを解消しやすいでしょう。

また、医療機関で医師や看護師による施術を受けられるため、施術を受けること自体に不安がある方や、万が一、副作用などが起きた場合に迅速に対応してほしい方にも安心できる環境で施術を受けやすいです。

サロン脱毛がオススメな人の特徴

サロン脱毛がオススメな人は、下記のような点が挙げられます。

 

  • 痛みに弱い
  • 料金を安く抑えたい
  • 肌への負担を抑えたい

サロン脱毛は、照射される出力が医療脱毛と比べると弱いため、なるべく肌に負担をかけずに脱毛を行いたい方にオススメの脱毛方法です。

施術中の痛みを感じることが少ないため、痛みに敏感で施術中になるべく痛さを感じずに進めたい方もサロン脱毛のほうが良いでしょう。

また、脱毛専用サロンは、定額制や通い放題のプランなどさまざまなプラン内容が用意されていて、料金を抑えて施術が受けられる場合があります。

しかし、1回の料金が安かったとしてもサロン脱毛は医療脱毛よりも回数を重ねないと理想とする脱毛効果を得られない可能性があるため、ご自身の毛の状態だとどのくらい通う必要があるのか事前に相談しておくことも大切です。

まとめ

今回は、医療脱毛とサロン脱毛について解説しましたが、いかがでしたか?

それぞれに特徴がありますが、毛が生えにくい状態を長期間保つことができる永久脱毛ができるのは医療脱毛で、回数を抑えて効果を実感したい方にオススメです。

脱毛は何回も施術をしないとしっかりとした効果を得られない可能性が高いため、料金を重視して脱毛方法を選んでしまう方も少なくありません。

しかし、脱毛の効果が持続する期間やアフターケアの迅速さ、痛みの有無など、料金以外にご自身が優先したいポイントを決めておくことも、ご自身に合う脱毛方法を見つけるうえで重要なポイントです。

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。