銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

白玉点滴の効果は地黒でも関係ない!美しい肌が叶う理由を詳しく解説

白玉点滴 効果 地黒

美白を目指してさまざまな方法を試している人のなかには、白玉点滴を検討・利用している人も多いです。

とくに生まれつき肌の色が濃い「地黒」の人は、色白の人同様の効果が望めるのか、疑問をもっているケースも。

この記事は、地黒とメラニン色素の関係や、白玉点滴を施術した場合の効果、白玉点滴の詳細、地黒であるからこそ叶う美肌の理由などについて紹介します。

地黒の人が美しい肌を目指すための参考になれれば幸いです。

なぜ地黒なのか

白玉点滴 効果 地黒

「色黒」とも呼ばれる地黒ですが、どのような理由で肌の色が違うのでしょうか?

地黒の仕組みやメリットを紹介します。

メラニン色素は敵ではない

メラニン色素はシミやそばかすを発症させるため、女性にとっては敵だと思われがちですが、紫外線や外部からの刺激によってシミができるのは、肌を守っているからです。

紫外線は日光障害や悪性腫瘍などの原因になるため、表皮が紫外線を浴びると、メラノサイトと呼ばれる細胞に信号が送られ、メラニン色素を生成し、その『色』によって肌細胞を守ります。

役目を終えたメラニン色素はターンオーバーによって徐々に角質に押し上げられ、最終的には垢となって剥がれ落ち排出されます。

しかし、紫外線を浴び過ぎて、そのサイクルに追い付かないほどのメラニンが生成されたり、ターンオーバーのサイクルが年齢などの理由で遅れたりすると、排出が追い付かないまま肌にメラニンが滞留し、シミやそばかすの原因となります。

メラニン色素の量が多い

地黒とは、肌細胞を守るためのメラニン色素の、生成能力が高い肌の証拠といえます。

ちょっとした紫外線でもメラニン色素を多く作りやすい、つまり日焼けをしやすいため、急激な変化にならず、徐々に黒くなっていても気が付かないことが多いのです。

そのため、本来の肌より黒く日焼けしている状態を『地黒』だと思っている場合も多々あります。

地黒のメリット

色白に憧れることが多い地黒の人ですが、色白にはないメリットがあります。

地黒は、遺伝などの先天的な理由からのものと、日焼けなどによる後天的な理由からのものとがありますが、実際、先天的な地黒を色白にすることは不可能です。

しかし、日々の日焼けに対する美白ケアに関しては、地黒にも色白と同様の効果があり、日焼けをした場合のダメージは色白に比べると、地黒の場合は小さく済みます。

そして地黒は元々のメラニンの量が多いため、色白に比べると、紫外線を浴びた際に新たに生成されるメラニンの量が限られています。

過ぎた日焼けがシワやそばかすの原因になりやすい色白の人に比べると、基本的な紫外線対策は必要ではありますが、地黒の人はシミはおろか、同じ紫外線トラブルであるシワなどにもなりにくいといわれています。

濃い色は収縮色であり、色白に比べ痩せて見えたり顔が小さく見えたり、健康的にも感じられるなど、地黒は思う以上にメリットがある肌色といえます。

白玉点滴とは

白玉点滴 効果 地黒

白玉点滴は、実は地黒の人を色白にすることはできないといわれています。

しかし地黒の場合、日々浴びている紫外線による日焼けが、色白の人より分かりにくい特徴があります。

そのため、美白に効果がある白玉点滴を施術することで、トーンアップを図ることは不可能ではなく、どの程度トーンアップ可能なのかは、色黒であろうと色白であろうと、個人差があるため、色黒であることがデメリットということはありません。

ここでは白玉点滴の効果について、詳しく紹介します。

白玉点滴の成分

白玉点滴の主成分は、人間の体内で生成されるアミノ酸であるグルタチオンです。

グルタチオンは強力な抗酸化作用を持っていますが、その生成量は年齢と共に減少していきます。

人間は酸化ストレス(身体のサビ)が蓄積すると、老化がすすんだり、生活習慣病などの病気にかかりやすくなったりします。

また、年齢に関係なく、処理しきれない酸化ストレスが蓄積すると、疲れやすさやだるさを感じるなど、身体に異常をきたします。

グルタチオンは、皮膚や眼球・肝臓などに多く含まれ、主に活性酸素による酸化ストレスから細胞を守ったり、とくに肝臓での解毒に必要な成分だったりと、非常に重要な役割を持っています。

白玉点滴についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

→「白玉点滴(白玉注射)は本当に効果ある?リスクや副作用・継続する重要性について解説

白玉点滴の効果

白玉点滴の効果は以下の通りです。

  • シミ改善・予防
  • エイジングケア
  • 抗酸化作用
  • デトックス
  • 疲労回復
  • 鬱傾向の改善・ストレス耐性
  • 抗アレルギー
  • 免疫力の向上
  • 肝機能改善
  • がん予防
  • 二日酔いの緩和

例えば、疲労回復や二日酔いなどは、1回の点滴で効果が実感できますが、とくにシミ改善など、定期的に施術してはじめて効果が目に見える症状もあります。

白玉点滴の効果についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

→「白玉点滴(白玉注射)は本当に効果ある?リスクや副作用・継続する重要性について解説

白玉点滴と白玉注射

白玉点滴の他に、白玉注射がありますが、有効成分についてはどちらも同じとなるため、効果に違いはありません。

配合量は白玉点滴のほうが多く、施術に時間がかかりますが、通う頻度は少なくて済み、効果も長続きします。

それに比べて白玉注射は点滴ほどの量は注入できず、施術の頻度も高くなり、効果持続は短めですが、施術は早く済みます。

配合量やかかる時間、費用など、希望する条件は人それぞれとなるため、都合のよいほうを選ぶことができます。

白玉点滴の費用については、こちらの記事に詳しい解説があります。

→「白玉点滴の値段はいくら?相場や費用を抑える方法を紹介

白玉点滴の施術ペースについてはこちらの記事をご覧ください。

→「白玉点滴を受けるベストな間隔と美白を叶えるためにすべきこと

地黒でも叶う!透明感のある肌作り

白玉点滴 効果 地黒

美肌とは、決して白い肌に限ったことではなく、更にいうと『美白』とは、色白を目指すことではありません。

地黒でも目指せる美肌の条件である『透明感』を手に入れて、色白にも負けない『明るい肌』を育てましょう。

透明感のある肌とは?

透明感とは文字通り『濁りなく透き通った』様子を指しますが、これを肌に置き換えると、具体的には以下のようになります。

  • 潤いがある
  • キメが整っている
  • くすみ・黒ずみがない
  • 毛穴やシミ・シワが目立たない
  • ニキビなどの肌トラブルがない

乾燥が著しい、シミや黒ずみがある、キメが粗い、ツヤがなくボコボコしているなど、不健康な状態の肌は、例え色が白くても、透明感があるとはいえません。

そして肌の透明感に関しては光の反射が関係しているとされ『肌の表面で反射する光』と『肌に入って内部で反射する光』の、両方の光の反射量が多いほど『透明感がある』とされています。

そしてそれは、地黒であっても上記5つを満たしている肌にとって、不可能な話ではないのです。

透明感のある肌を作るには

地黒でも透明感がある肌を作るために必要なことは、色白の人が透明感を育てる条件となんら変わりはありません。

以下は、透明感のある肌を作るために必要なポイントです。

  • 朝と夜、しっかり洗顔をする
  • スキンケアで刺激を与えない
  • 化粧水をたっぷり使って潤いを与える
  • 紫外線対策を怠らない
  • 身体を冷やさない
  • 食べ物に気を付ける

食べ物に関しては、まずターンオーバーを整えるためにバランスよく栄養素を摂ることが基本です。

そのうえで、ビタミンB2B6や、ビタミンA・C・Eなどはターンオーバーに必要な栄養素ですが、その中でもとくに腸内環境を整える働きがある「水溶性植物繊維」と「発酵食品」を積極的に摂ると効果的です。

日焼け後のケアは色白も地黒も関係なし

うっかり日焼けしてしまったときのケアの方法は、地黒も色白も関係なく同様に、しっかりと行わなければシミを防げません。

日焼け後の大切な美白ケアをまとめました。

クールダウン

日焼けした後の肌にまずしなければならないケアは、クールダウンです。

例えば料理中に火傷をしたら、しっかりと冷やすのは当然ですが、肌も同様、見た目に大きな変化がない場合でも、日焼けは軽い火傷状態のため、冷やすことが効果的です。

そして、水分を奪われて乾燥しているため、保湿も必要です。

霧吹きなどで水をかけたり、タオルを濡らして冷やしたりすることで、皮膚の炎症を止め、そのあとは低刺激の化粧水をたっぷり使って、優しく十分な保湿をしましょう。

日焼け後の美白ケアは少し時間をおいてから

美白ケアの多くは、有効成分に抗酸化作用をもつビタミンCが含まれていますが、日焼け後の肌には刺激が強い場合があります。

まずは日焼けから1~2日ほど日にちを空け、肌の状態を落ち着かせてから、美白ケアを再開しましょう。

上述の通り、とくに保湿が必要だったり、日数が多少空いていたりするため、再開の際はいつもよりスペシャルなケアをするとよいでしょう。

週1~2回の集中ケアを約2ヶ月は続ける

日焼けをした際に大量のメラニン色素が生成されると、肌のバリア機能が低下し、ターンオーバーも乱れるため、特別なケアが必要です。

このターンオーバーの乱れは、日焼けによるシミができる理由の一つです。

正常化したターンオーバーで、役目を終えたメラニン色素をいつも通りに排出できるよう、通常よりも集中的なケアを2ヶ月間は続けましょう。

まとめ

白玉点滴は、

  • 日焼けによるシミやそばかすに対して、地黒・色白にかかわらず効果が期待できる
  • 先天的な地黒に対しては、根本から色白に改善できる訳ではない

ということを紹介しました。

美白のためのお手入れを毎日欠かさず続ければ美肌につながるということは、地黒でも色白でも変わりありません。

それは白玉点滴の効果に対しても同じことがいえるため、ぜひ1度、白玉点滴の施術をお試しいただくことをおすすめします。

今まで「地黒だから」と諦めていたせいで出会えなかった明るい美肌を、叶えることができるかもしれません。

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。