銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

額のボトックスで目が小さくなるのは失敗?原因や対策法を解説

額 ボトックス 目が小さく

「額のシワを消すためにボトックス注射を打つと目が小さくなる」「まぶたが重たくて目が開けにくくなって困っている」などの話を耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

額はボトックスの施術が可能な部位の中でもとくに難しく、シワをなくすことと、まぶたが重たくならないことの両方を同時に叶えるのはとても困難です。

しかし、だからといって必ず目が小さくなってしまうわけではありません。額のボトックス注射で重要なのはバランスです。ある程度シワを消しつつ、まぶたが重たくなりすぎない状態がベストだといえるでしょう。

この記事では、額のボトックス注射で目が小さくなる原因やそれを防ぐ対策法をご紹介します。額のボトックスで目が小さくなったと感じている方や、施術を検討している方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

額のボトックスは失敗すると目が小さくなる?

額 ボトックス 目が小さく

実際のところ、額のボトックス注射を打って目が小さくなった、目が重たくなったという問題はよく起こります。

眼瞼下垂や一重まぶたの方は、目を開けるときに額の筋肉も使っていることが多いので、額にシワができやすく、額のボトックスを希望する方も多いです。しかしそのような場合、ボトックス注射を打つことでさらに症状が悪化することもあるため注意が必要です。

施術後に目が小さくなってしまうと「失敗したのでは?」と不安になってしまうかもしれませんが、4〜6ヶ月ほどかけて徐々に元の状態へ戻っていくので、効果が切れる頃に再度ボトックス注射を受けるようにしましょう。

なお、こちらの記事では額以外の部位へのボトックス注射の失敗例やデメリットなどをご紹介しているので、ぜひ参考になさってください。

エラボトックスの失敗例とは?4つの対策を紹介

エラボトックスで後悔してしまう理由と失敗しないためのコツを紹介

肩ボトックスは失敗する?効果やリスクを詳しく解説

肩ボトックスにデメリットはある?メリットと比較して納得できる施術を

額のボトックスで目が小さくなる原因

額 ボトックス 目が小さく

額のボトックス注射は、正しい筋肉に打ったとしても目が小さくなったり、まぶたが重くなったりすることがあります。そのような状態になると、表情も固く怒ったように見えてしまうため、QOLを低下させる要因にもなりかねません。

では、なぜ額にボトックス注射を打つと、目が小さくなってしまうのでしょうか。ここでは、その原因について解説していきます。

もともと眉を持ち上げる癖がある

年齢や生まれつき、表情の癖など理由はさまざまですが、眉を持ち上げる癖がある方は、目を開く力が弱まっていることが多いです。眉を持ち上げることで、額の皮膚が余ってヨレてしまうので、シワができやすくなります。

そこにボトックス注射を打つと、眉を持ち上げていた筋肉がゆるんで作用しなくなり、眉付近の筋肉でサポートしていた分だけ目が開けにくくなります。そのため、目が小さくなったと感じてしまうのです。

まぶたが垂れ下がって目にかぶさっている

まぶたがたるんでいる場合も、ボトックスを打って眉が下がることで皮膚が垂れ下がって目にかぶさるため、目が小さく見えてしまいます。

そもそも、まぶたの形は左右対称であるケースの方がめずらしいのですが、ボトックス注射によって左右差がさらに目立ってしまうこともあるでしょう。

ボトックスが効きすぎている

まぶたが重く感じたり、目が開けづらかったりなどの症状がある場合、ボトックスが効きすぎている可能性があります。

額のシワの原因である「前頭筋」が、ボトックス注射によってまったく動かなくなってしまうと、眉を上げられないため、まぶたが重く目も開けづらいと感じてしまうかもしれません。

また、眉の近くに注入してしまった場合も、目の周りの筋肉にまでボトックスが効き、目が開けづらくなってしまいます。

この「効きすぎている」という状態は、シワに対するボトックスの効果はしっかり出ているとも言い換えられますが、日本人の場合は10単位以上注入してしまうと、量が多すぎて眉が下がってしまう可能性もあるので注意が必要です。

額のボトックス注射は、注入量だけでなく注入する部位や、シワや筋肉の強さなどを総合的に評価し、施術を行わなければいけません。

額のボトックスが向いていない方

額 ボトックス 目が小さく

ボトックスは非常に良い製剤ですが、安易に額への施術を受けてしまうと目が小さくなったり開けづらくなったりなど、薬剤の効果が切れるまでの数ヶ月間、困った症状に悩まされることもあります。

おでこにシワが定着してしまうのは、前頭筋を動かす癖が強い場合や、前額の皮膚のコラーゲンが減少したり骨が減って皮膚が余ったりしている場合、眼瞼下垂のために前頭筋を無意識に使っている場合、まぶたのたるみが重度の場合です。

この中でボトックス注射が向いていないのは、眼瞼下垂が原因で前頭筋を無意識に使っているケースと、まぶたのたるみが重度のケースです。ボトックス注射が受けられないわけではありませんが、打ち方が非常に難しく、失敗してしまうことも少なくありません。

また、根本的に治すには、目を開けやすくするための手術や、皮膚のたるみを取る手術を行う必要があることも知っておきましょう。

なお、前額の皮膚のコラーゲンが減少したり骨が減って皮膚が余ったりしているケースでは、不足したコラーゲンや骨を補う治療が必要になります。ヒアルロン酸注射を中心に、ボトックス注射は少量にとどめることで、症状の改善が見込めるでしょう。

こちらの記事では、ヒアルロン酸注射についてご紹介しています。

ヒアルロン酸の4つの効果と注入できる部位を紹介

ヒアルロン酸注射がオススメの方は?メリットやデメリットを紹介

ヒアルロン酸注射の製剤別の料金とは?部位別の注入量目安も紹介

額のボトックスで目が小さくなるのを防ぐための対策法

額 ボトックス 目が小さく

ここからは、額のボトックスで目が小さくなるのを防ぐための対策法を3つご紹介します。

せっかく受けたボトックスで人相が変わってしまうことがないよう、カウンセリングでは医師とよく相談し、最適な施術を受けるようにしましょう。

ボトックスの注入量を最小限にする

ボトックスの注入量を最小限に抑えることで、眉が下がってしまうリスクを軽減することができます。

ただし、その分ボトックスの効果は減ってしまうため、シワが多少残ってしまったり戻りが早かったりする可能性もあります。

クリニックによっては、難しい額へのボトックス注入のリスクを軽減するために、ごく少量を多数の箇所に分散して注入するなどの対策を行っているようです。

術後は経過をよく観察しながら、数回通っていく中で自身に最適な量や打ち方を医師と一緒に見つけていくようにしましょう。

左右への注入量や位置を調整する

まぶたの形や開き具合は誰一人として同じではありません。さらに左右差があるのも普通のことなので、初回は少量ずつ注入し、効果を見ながら徐々に追加していくと、左右のバランスがちょうどよくなる注入量や位置が見つかります。

額のボトックス注射におけるベストな仕上がりとは、額のシワと目のまぶたの重さのバランスが取れた状態です。個人差がある上に左右差もあるので、ベストな注入量や位置を見つけるには、数回の調整が必要になると考えておきましょう。

原疾患を先に治療する

まぶたのたるみが重度な場合や眼瞼下垂の症状がある場合は、ボトックス注射よりも先に、原疾患の治療を行うことが重要です。

クリニックによっては、これらの症状がある場合にはボトックス注射を行わないこともあります。原疾患の治療を受けるかどうかなど、医師とよく相談して決めましょう。

額のボトックスはクリニック選びが重要

額 ボトックス 目が小さく

これまでご紹介してきた通り、額のボトックス注射には目が小さくなったりまぶたが重くなったりなどのリスクがあります。

年齢や癖、他の疾患が原因となることもありますが、医師の技術力によるところも大きいのも事実。額へのボトックス注射は、ボトックスの施術を頻繁に行う医師ですら難しいと感じるほど難易度が高いのです。

つまり、医師の技術が未熟な場合は、シワの改善とまぶたの下がり具合のバランスが取れず、目が小さくなる可能性も高まってしまうということです。

できるだけ目の大きさに影響を与えずに額のシワをなくすためにも、以下のポイントに注目してクリニックを選んでください。

  • メリットだけでなくデメリットも説明してくれるか
  • 症例数が豊富か
  • アフターケアが充実しているか

信頼できる医師、クリニックが見つかったら、毎回同じ医師に施術を担当してもらうと自身に最適な施術方法が見つかり、安定した効果が得られるようになるでしょう。

まとめ

額のボトックス注射で目が小さくなる原因や、それを防ぐ対策法をご紹介しました。

「額のシワを取りたければボトックス注射を受ければいい」と安易に施術を受けてしまう方もいらっしゃいますが、額への施術は経験豊富な医師でも難しいものです。場合によっては目が小さくなったりまぶたが重たくなって目が開けづらくなったりすることもあります。

そのような事態を避けるためにも、信頼できる医師やクリニックを見つけることが重要です。ぜひ、今回ご紹介した原因や対策法を参考にしてみてくださいね。

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエニシーグローパックエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術クマクリニック選びケミカルピーリングコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダウンタイムダリアブライダルコースデメリットトランサミントリニティ・プラストレンドニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ注射ヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法再生医療切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。