銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

美容点滴(美容注射)は意味ないといわれる理由とは?副作用や禁忌についても解説

美容点滴 意味ない

美容点滴(美容注射)は、患者さんのニーズに合わせて体の中からさまざまなお悩みを解消する施術です。

体に必要な栄養素は、基本的に日常の食事やサプリメントで摂取するのが基本ですが、それだけでは十分な量を摂取しきれないことも。そんなときは、不足しがちな栄養素を点滴で摂取するのがおすすめです。

しかし、美容点滴を実際に受けた経験のある方の中には「美容点滴は意味ない! 」と施術を受けるのをやめてしまった方もいらっしゃるようです。

この記事では、美容点滴は意味ないといわれる理由、副作用や禁忌について解説します。美容点滴を検討されている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

美容点滴(美容注射)は意味ないといわれる理由

美容点滴 意味ない

有効成分を体内へ直接注入することで、シミ・シワの改善や予防、疲労回復や健康維持などの効果が期待できる美容点滴(美容注射)。

体の中から理想の美しさをサポートしてくれることから、美容に熱心な方々の間ではすでにポピュラーなものとなっていますが、インターネット上では「美容点滴は効果なし」などの口コミを見かけることがあります。

それはいったいなぜなのでしょうか。ここでは、美容点滴(美容注射)は意味ないといわれる理由を3つご紹介します。

即効性がないものもあるから

美容点滴は、体内に直接美容成分を注入します。そのため、即効性があることで知られていますが、美容点滴の種類によっては、徐々に効果が現れるものもあることをご存知ですか?

例えば白玉点滴(白玉注射)には即効性はありません。なぜなら、白玉点滴は主成分の「グルタチオン」のメラニン色素を抑制・排出する作用により徐々に肌を白くするからです。体の内側から綺麗にするような施術は、1回で効果を実感するのは難しいのです。

このことから「美容点滴は意味ない」「美容点滴は効果ない」と感じる可能性もあるといえるでしょう。

白玉点滴の効果持続期間などについては、こちらで詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

白玉点滴(白玉注射)をやめたらどうなる?元に戻るのをできるだけ防ぐ方法を紹介

効果の感じ方には個人差があるから

美容点滴に限らず、どんな美容医療でも効果の感じ方や現れ方には必ず個人差があります。1回の点滴で欲しい効果が得られたという方もいれば、数回続けても思ったような効果が得られなかったという方もいらっしゃるのです。

美容点滴は、確かに即効性のあるものも多いですが、その反面1回の点滴の効果持続期間は3日〜1週間程度と短いのが特徴です。そのため、満足のいく効果を得るには、継続して施術を受け続けなければいけません。

美容点滴に対する期待が大きすぎる方は、1回の施術で劇的な変化を求めることが多いので、思っていたような効果が得られないと「効果がない」とやめてしまうケースも少なくないようです。

生活習慣が乱れているから

美容点滴は、生活習慣の乱れやストレスなどで不足している栄養素を効率的に摂取できる施術ですが、言うなれば薬で例えると「頓服」のような存在です。

経口摂取するよりも即効性があるため、毎日スキンケアに時間をかけられない方にとっては、救いの神のように感じるかもしれません。

しかし、乱れた生活習慣を続けていると肌荒れや肌疲れの原因になるだけでなく、積もり積もって大きな病気を招いてしまう恐れもあるので注意が必要です。

美容点滴(美容注射)は体に悪い?副作用や禁忌について

美容点滴 意味ない

美容点滴は、副作用が少なく安全性の高い美容医療のひとつですが、血管に直接成分を注入するため「体に悪いのでは?」と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、代表的な6つの美容点滴(美容注射)の副作用や禁忌についてご紹介します。

なお、当院の美容点滴(美容注射)の詳しい情報はこちらでご確認いただけます。ぜひ参考になさってください。

美容点滴・注射

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴は、高濃度のビタミンCを血管に直接注入することで、美白や肌のハリ・弾力改善、保湿、ニキビや肌荒れ改善効果が期待できる施術です。

これまでに高濃度ビタミンC点滴の重篤な副作用によって死亡に至った例はありませんが、まれに以下のような副作用が起こる可能性もあります。

  • 喉の渇き
  • 低カルシウム血症
  • 低血糖
  • 高血糖
  • 点滴を刺すことによる痛みや内出血

上記の副作用は点滴を受けている間に起こる可能性があるため、異変を感じたらすぐに医師や看護師に症状を伝えましょう。

また、以下のような方は高濃度ビタミンC点滴を受けられません。

  • G6PD欠損症
  • 心不全
  • 腎不全
  • 腹水や胸水などが体内に大量に貯留している

上記の方は、高濃度ビタミンC点滴を受けることで体調が悪くなってしまう恐れもあります。必ずカウンセリングで持病について伝え、医師の診断に従ってください。

白玉点滴(白玉注射)

美白が叶うとして有名な白玉点滴(白玉注射)の主成分である「グルタチオン」は、もともと体内に存在する成分であるため、ほとんど副作用はありません。

ただし、稀に以下のような症状が現れることがあります。

  • 発疹
  • 胸部の不快感
  • 熱感
  • 疼痛
  • 赤み
  • 針を刺すことによる痛みや内出血

白玉点滴で副作用が生じたとしてもほとんどの場合軽症ですが、稀にアレルギー反応を示す場合もあるので、初めて白玉点滴を受けた後はできるだけ安静にして過ごすようにしましょう。

また、白玉点滴は以下のような方は受けられないので注意が必要です。

  • 妊娠中・授乳中の方
  • 過去に白玉点滴でアレルギー反応が出た方

点滴中に吐き気や嘔吐、頭痛、アナフィラキシーショックなどの症状が見られる場合は、点滴を中止する場合があります。

幹細胞培養上清液点滴

幹細胞培養上清液点滴は、皮膚のシワやたるみの改善、増毛効果、さまざまな疾患の改善・予防効果が期待できる施術です。

幹細胞培養上清液点滴を含む再生医療は、安全性が確立されているため、副作用やアレルギーの心配はほとんどありません。

まだ新しい治療法なので、長期の経過によっては副作用が報告される可能性もありますが、現在のところ起こる可能性があるのは、患部の腫れや熱感、痛みなど針を刺すことによる副作用のみです。

クリニックによっては、20歳以下の方や妊娠中・授乳中の方、現在がん治療を受けている方もしくはがん治療後5年以内の方は受けられない場合もあるので、カウンセリングで相談してみることをおすすめします。

なお、幹細胞培養上清液点滴について、詳しくはこちらをご覧ください。

幹細胞培養上清液療法|5つの効果や副作用、症例を紹介

幹細胞培養上清液とは?点滴投与で期待される効果とメリットを紹介

ダイエット点滴

ダイエット点滴は、体脂肪の増加を抑えつつ、脂肪の燃焼を促す薬剤を点滴で注入する施術です。

針で刺したことによる痛みや内出血など以外で特に副作用はないですが、主成分である「α-リポ酸」は過剰摂取(1日1200mg)すると、吐き気や嘔吐、腹痛、下痢、倦怠感、不眠などの症状がみられるため注意が必要です。

また、以下のような方はダイエット点滴を受けられません。

  • 妊娠中・授乳中の方
  • 肝機能障害の方
  • 糖尿病をお持ちの方

ダイエット点滴は、運動や食事療法を併用することでダイエットを成功しやすくする施術です。点滴を受けたとしても、生活習慣によっては効果を得られない可能性があることを知っておきましょう。

ダイエット点滴のデメリットなどについて、詳しくはこちらを参考になさってください。

ダイエット点滴デメリットとは?効果を最大限に感じる方法も紹介

プラセンタ注射

プラセンタ注射は、アンチエイジング効果の高い美容点滴として知られていますが、稀に頭痛や肝機能障害(AST、ALTの上昇)が起こることも報告されています。他にも、ヒト由来の成分を含んでいるため、ショックを起こす可能性も否定できません。

また、プラセンタ注射は人の胎盤を原材料としているので、施術を受けると一定期間献血ができなくなる点にも注意が必要です。

そのため、献血を検討している方は、プラセンタ注射を打たないようにしましょう。なお、プラセンタ注射は妊娠中や授乳中の方でも受けられます。心配な方は、カウンセリングで医師とよく相談して納得してから施術を受けるようにしましょう。

にんにく注射

にんにく注射は、疲労や二日酔い改善に高い効果を発揮する美容点滴です。それに加えてシワやシミを改善する効果なども期待できるので、美肌になりたい方にもおすすめです。

にんにく注射に含まれるビタミンB群は水溶性であるため、余分に摂取しても体内に蓄積しませんが、稀に以下のような副作用が起こる可能性もあります。

  • アレルギー反応
  • 下痢
  • 頭痛
  • 湿疹
  • 蕁麻疹
  • 針を刺すことによる痛みや内出血

針を刺すことによる症状以外の副作用が現れた場合、今後はにんにく注射を受けないようにしましょう。また、ビタミンB1、B6、B12に過敏症の既往歴がある方は、にんにく注射を受けられないので注意が必要です。

まとめ

美容点滴(美容注射)は、体内に直接有効成分を届けられる上、副作用もほとんどない素晴らしい施術です。しかし種類によっては即効性がなかったり、効果の感じ方が人それぞれ違ったりするため「意味ない」「効果なし」とやめてしまう方もいらっしゃるようです。

また、どんな施術も稀ではあるものの副作用があり、受けられない方がいらっしゃいます。美容点滴を検討されている方は、それぞれの施術のメリットだけでなく、副作用などのデメリットも理解し、納得してから施術を受けるようにしましょう。

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。