銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

医療脱毛はぶっちゃけ何回通う?エステ脱毛との違いや特徴など詳しく解説

医療脱毛 ぶっちゃけ

自己処理するよりもきれいな肌を手に入れられるクリニックやエステサロンでの脱毛は、現在、世代関係なく利用する方が増え続けています。

特に、施術回数が少ないのに脱毛効果を実感しやすい医療脱毛は、エステ脱毛と比べると短期間で毛のないスベスベ肌を手に入れられると人気が高まっています。

しかし、医療脱毛と検索すると、中には、「エステ脱毛よりも高いのに効果が出るまでに時間がかかる」といったマイナスな情報を目にすることもあります。

実際のところ、医療脱毛は何回くらい通えば効果を実感できるのでしょうか。

今回は、医療脱毛で効果を実感するまでにかかる回数や施術回数ごとの効果、医療脱毛とエステ脱毛の違い、医療脱毛の効果を十分に発揮させるための日常ケアについて、詳しく解説します。

医療脱毛とエステ脱毛の違いって?

医療脱毛 ぶっちゃけ

医療脱毛は、出力の高いレーザーを照射する脱毛方法で、光を照射するエステ脱毛とは異なり、医師や看護師が施術を行わなければいけない医療行為にあたります。

まずは、医療脱毛とエステ脱毛の主な違いについて、解説していきましょう。

脱毛効果

医療脱毛とエステ脱毛の1つ目の違いとして、脱毛効果が挙げられます。

エステ脱毛はエステサロンや脱毛サロンなどで、エステティシャンなどが脱毛したい部分にフラッシュライトを用いた光脱毛器を照射し、毛根にダメージを与えることで発毛を抑制させます。

一方、医療脱毛は、医師や看護師といった医療資格者が医療機関でのみ使用可能である強力なレーザー脱毛器を使って照射を行い、毛根の発毛組織を破壊します。

そのため、医療脱毛はエステ脱毛に比べても脱毛効果が高いと言われており、発毛させる組織自体を破壊するので、施術が完了すると毛が生えにくくなります。

脱毛にかかる費用

脱毛にかかる費用は、エステ脱毛と比べて医療脱毛のほうが高くなる傾向にあります。

エステ脱毛は、プランなどによって比較的安い料金で脱毛をすることができますが、前述したとおり、エステ脱毛で得られる効果は発毛を抑制する効果なので、期間を開けると脱毛した部分の毛が生えてくる可能性があります。

そのため、エステ脱毛で毛のない状態を保ちたいのであれば、定期的に施術を繰り返す必要があります。

医療脱毛は1度施術を行い発毛組織を破壊した部分は毛が生えにくくなり、施術を繰り返さなくても長い期間毛のない状態をキープすることができます。

そのため、1回の料金は医療脱毛のほうがエステ脱毛よりも高くなりがちですが、長期的に考えると、繰り返し施術を行う可能性が低い医療脱毛のほうが安く済むかもしれません。

通院回数

短期間でしっかりと脱毛効果を得たい場合は、医療脱毛が適しています。

医療脱毛はエステ脱毛と比べると照射出力が高いレーザーを使用するので、脱毛が完了するまでの施術回数を抑えることができます。

脱毛が完了するまでの目安として、医療脱毛が約5〜10回に対し、エステ脱毛は10〜20回以上と言われています。

医療脱毛のほうが1回1回の施術で効果を実感しやすいので、通院するのが面倒になりそうな方にもおすすめです。

医療脱毛の効果について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

医療脱毛1回目で感じる効果は?アフターケアや注意点も紹介

医療脱毛はぶっちゃけ何回通えば効果が出る?

医療脱毛 ぶっちゃけ

医療脱毛はエステ脱毛と比べると施術ごとに効果が出やすく、施術回数を抑えて脱毛を完了することができますが、ぶっちゃけ何回くらい通えば効果を実感できるようになるのでしょうか。

まずは、施術回数ごとに実感できる脱毛効果について解説しましょう。

医療脱毛の施術回数ごとの脱毛効果

医療脱毛で脱毛が完了するまで、約10回施術を受ける必要があると言われており、3回目のレーザー照射から効果を実感できる方が多くなります。

医療脱毛を受けた場合、回数を重ねるごとに下記の表のような効果を得られる可能性があります。

照射回数 実感できる効果
1回目 全体の20%ほどが脱毛できるが、毛の量にそこまで変化がない
3回目 毛が全体的に薄くなったと感じはじめ、自己処理が少しだけ楽になる
5回目 ご自身の毛量にはっきりとした変化がでて、毛が目立たなくなり、3回目よりも自己処理が楽になる
8回目 脇やVIOなどの毛が濃い部分や産毛以外のほとんどの毛が目立たなくなり、自己処理しなくても平気な肌になる
10回目 産毛などの薄い毛もなくなりツルツルな肌になる

毛には、毛周期と呼ばれる周期があり、成長期、退行期、休止期の3段階を周期的に繰り返しています。

医療用のレーザー脱毛機では、毛周期の成長期にあたる毛に対して効果を発揮するため、1回の照射ですべての毛が脱毛効果を得られるわけではなく、全体の20%の毛のみを脱毛することができます。

次の毛が成長期にあたる時期まで施術期間をあけなければ、レーザー照射をしても十分な脱毛効果を発揮できないので、1度照射をしたら1ヶ月〜2ヶ月時間をあけてから施術をします。

1回目の施術ではあまり効果を実感できませんが、医療脱毛を経験した方の多くは3回目から毛の薄さや自己処理の手間が省けるなどの、目に見える効果を実感できます。

5回目〜8回目では、脱毛前のご自身の毛量と明らかに変化が生じ、自己処理をしなくても生活ができるようになる方や、中には、脱毛が完了する方もいますが、VIOなどの毛が太く濃い部分や、毛が薄くてレーザーが反応しづらい産毛は残る可能性があります。

10回目以降になると、医療用のレーザー脱毛器で反応しづらい色素の薄い産毛も脱毛でき、ツルツルとしたきれいな肌を手に入れることができます。

医療脱毛でも、脱毛効果が出るタイミングはご自身の毛の量や濃さなどによって個人差がありますが、エステ脱毛に比べると医療脱毛のほうが早い段階で効果が出はじめ、脱毛が完了するまでの期間も短くなるでしょう。

医療脱毛の施術回数について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

医療脱毛が5回で終わらない理由と必要な施術回数について

医療脱毛の間隔が1ヶ月では早い理由とベストな施術ペース

医療脱毛の効果を十分に得るためには日常のケアが大切

医療脱毛 ぶっちゃけ

医療脱毛は、比較的効果が出やすい脱毛方法ですが、1回ごとの施術で十分な効果を得るためには、ご自身で日常的にケアすることが大切です。

ここからは、医療脱毛の効果を十分にえるために必要な日常のケアについて、解説します。

紫外線予防をする

肌を見せることが多くなる夏に向けて医療脱毛を考えている方もいると思いますが、医療脱毛をする上で日焼けをしてしまうと、十分な脱毛効果を得られない可能性があります。

紫外線を浴びて日焼けをした肌は、乾燥しやすくなり肌のバリア機能が低下するので、医療脱毛をしても効果は発揮されにくくなります。

また、バリア機能が低下することで施術中の痛みを感じやすくなったり、日焼けをしすぎた肌はレーザーの種類によっては照射できなかったりする場合があるので、紫外線対策を日常的に行って日焼け対策をしましょう。

自己処理するときの方法を見直す

ご自身でピンセットなどで毛を抜いたり、脱毛用のワックスで毛を処理したりしている方は、医療脱毛するときにレーザー照射をしても毛根にしっかりと作用しない可能性があります。

脱毛効果を得るためにも、医療脱毛をする方は毛を抜くような処理方法を改めて、毛根を残せるカミソリや電気シェーバーを使用しましょう。

カミソリは、処理する部分の肌の状態によっては、カミソリ負けをして肌のバリア機能を低下させてしまう可能性があります。

そのため、自己処理の方法としては電気シェーパーのほうが好ましいですが、カミソリの場合はクリームなどを使用して肌に負担をかけないように注意しましょう。

肌の保湿ケアをする

肌を保湿ケアすることも、医療脱毛の効果を発揮させるために大切なポイントです。

前述したとおり、肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下しますが、肌の水分量が保たれていれば照射されたレーザーの熱が毛根までしっかりと届きます。

乾燥肌の方だけではなく、医療脱毛中は肌の保湿ケアを念入りに行って、肌の水分量を高めましょう。

医療脱毛で効果的に効果を得る方法を詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください

医療脱毛が完了する平均回数は7回以上!通院期間や効果に差が出る理由を解説

まとめ

今回は、医療脱毛の効果について解説しましたが、いかがでしたか?

医療脱毛は高い出力のレーザーで発毛組織を破壊するので、照射した部分に再度毛が生えてくる可能性を抑えられ、長い期間毛のムダ毛処理の手間を省くことができます。

医療脱毛はエステ脱毛に比べて高いイメージを持ちがちですが、以前よりも医療脱毛の料金が安くなっているので、エステ脱毛とあまり変わらない料金で行えるクリニックもあります。

医療脱毛の中には、レーザー照射することで脱毛効果だけではなく肌のシワやシミ改善、ハリ感のアップなど、他の効果を得られるものもあります。

日常的に肌をケアしながら効果的に医療脱毛をして、ツルツルな肌を手に入れましょう。

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。