銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

美白ケアにオススメ!内服薬ランキングと同時に行うべきセルフケアを紹介

美容内服薬

紫外線は曇りの日や家の中にいるときでも対策が必要だということをご存じですか?

夏に向けて強くなっていく紫外線ですが、実は夏だけではなく年中降り注いでいるものです。

この記事では、紫外線について、美白ケアにオススメの美容内服薬ランキング、内服薬と一緒に行うべきセルフケアをご紹介します。

紫外線対策に内服薬を検討している方、美白を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

紫外線とは

美容内服薬

太陽の光は、目に見える可視光線の他にも、目に見えない紫外線や赤外線が含まれています。そのなかでも、紫外線は地表に届く光の中でもっとも波長が短いもの。

地表に届く紫外線は「UV-A」と「UV-B」に分けられます。

UV-Aは地表に届く紫外線の約9割を占めていて、波長が長く雲やガラスも通過して肌の真皮にまで到達します。メラニン色素を作り出し、皮膚にしわ、たるみを作る原因となります。

UV-Bは地表に届く紫外線の約1割ではあるものの、浴びると肌表面に急激な炎症が起こり「日焼け」状態を作り出してしまいます。また、メラニン色素を増やしてシミやそばかすを作る原因にもなるのです。

紫外線が肌に与える影響

美容内服薬

紫外線は肌にシミ、しわ、たるみを作る原因となるだけではなく、さまざまな影響を与えるとされています。

ここからは、紫外線が肌に与える影響についてご紹介します。

乾燥

繰り返し紫外線を浴びた肌は、外的刺激から肌を守ろうと余分な角質をため込んでしまい、角質肥厚という状態になります。角質肥厚が起こると、肌はごわついてザラザラした状態に。

さらに、乾燥している肌は本来もっているバリア機能が低下した状態なので、皮脂膜や角質層の間に隙間が目立つようになり、肌内部の水分が蒸発してさらに肌が乾燥するという悪循環が起こります。

光老化

肌の老化の80%は紫外線によるものとされていて、年齢によるものよりも多くの割合を占めています。

真皮にあるコラーゲンは、ハリや弾力をもたらすために重要な成分ですが、肌が紫外線を浴びるとコラーゲンが分解されて減ってしまいます。

わずか数分間紫外線を浴びただけで、コラーゲンを分解する酵素が発生するとされており、ハリや弾力を失った肌はたるみを引き起こす大きな原因となるのです。

DNAの破壊

紫外線を数秒でも浴びると、体内でフリーラジカルが生成されてしまい、健康な細胞を傷つけて細胞にダメージを与えます。

深刻な例でいうと、皮膚がんを引き起こす原因にもなるため、紫外線対策は念入りに行う必要があるのです。

美白ケアにオススメ!美容内服薬ランキング

美容内服薬

紫外線対策や美白ケアをしたいという方にオススメしたいのは、クリニックで処方される美容内服薬の服用です。副作用も少なくシミやそばかすのケアができるため、服用している方も多くいらっしゃいます。

ここからは、美白ケアにオススメの美容内服薬ランキングをご紹介します。

1.シナール

シナールは、アスコルビン酸(ビタミンC)とパントテン酸カルシウム(ビタミンB5)が配合されている内服薬で、アスコルビン酸にはメラニン色素の生成を抑制する働きのほかにも、抗酸化作用やコラーゲンの生成を促す働きがあります。

アスコルビン酸の働きを高める役割をパントテン酸カルシウムが担っており、肌の健康に欠かせないビタミンCを効率的に補給することが可能。

シミやそばかす、くすみのできにくい美白肌を目指すことができるとともに、ニキビなどの肌荒れも起こりづらくなるという特徴があります。

2.トランサミン(トラネキサム酸)

トランサミンはトラネキサム酸とも呼ばれる、人工的に生成されたアミノ酸の一種です。人体に存在する血液を溶かしたり、炎症を引き起こしたりする「プラスミン」の作用を抑えます。

メラニンを生成する細胞を活性化させる作用もあるプラスミンに対して、その働きを抑えることでシミ、そばかす、肝斑の改善効果が期待できます。

さらに、のどの痛みや口内炎などの炎症を抑えることや、止血効果があることでも知られており、さまざまな用途で処方されている内服薬です。

3.ユベラ

ユベラはトコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)を主成分とする内服薬で、シミやそばかす、肝斑を改善することができるとして治療に用いられます。

ユベラにはターンオーバーを促進する作用があり、皮膚の表皮と真皮の間で生成されたシミを表皮へと送り出し、排出する力があるのです。

また、シミやそばかす、肝斑の治療だけではなく、血流を改善する効果があることから、手足の冷えや肩こりを改善する効果も期待できます。

4.ハイチオール

ハイチオールは、L-システインを主成分とする内服薬で、生体内のSH酵素と呼ばれる酵素を不活性化します。

メラニンの生成を抑えてターンオーバーを促進させるため、今あるシミやそばかすの改善とともに、新たに生まれるシミへの効果も期待できます。

肝臓の解毒作用などにも効果があることから、二日酔いの改善や疲労の改善といった働きがあることが特徴です。

内服薬と一緒に行うべきセルフケア

美容内服薬

内服薬を服用することで、効率的にメラニン色素の生成を抑えたり、ターンオーバーを促進したりすることができます。

しかし、内服薬を服用するだけではなく、ご紹介するセルフケアを一緒に行うことで、美白肌に近づくことができます。

外用薬を使用する

内側からのケアとして内服薬を使用するだけではなく、外側のケアとして外用薬を使用することで、より効果を実感することができます。

外用薬には以下のようなものがあります。

  • ハイドロキノン……メラニン色素の生成を抑制
  • レチノイン酸……ターンオーバーを促進する

これらは市販のスキンケアなどにも配合されていることがありますが、処方されるものとは成分の配合量が異なります。

本気の美白ケアをお考えの方は、クリニックで処方された外用薬を使用することをオススメします。

紫外線対策

紫外線対策に有効なのは、日焼け止めの塗布です。内服薬によってメラニンの生成を抑制したところで、新たに紫外線を浴びてしまったら意味がありません。

必ず日焼け止めを塗って、紫外線対策を行いましょう。

また、日焼け止めは3時間ほどで塗り直すことが推奨されています。メイクを直すときに、同時に日焼け止めも塗り直し、対策を怠らないようにしましょう。

さらに、飲む日焼け止めとしてヘリオケア(サプリメント)の服用もオススメできます。ヘリオケアはクリニック専売品となっているため、購入したいという方はクリニックへ問い合わせてみるようにしましょう。

ヘリオケアについて、詳しくはこちらの記事もご覧ください。

飲む日焼け止め「ヘリオケア」の効果とは?よくある質問も紹介

飲む日焼け止め「ヘリオケア」のおすすめポイント5つを紹介

飲む日焼け止めとは?皮膚科でもらえる「ヘリオケア」と同時におすすめできる施術と紫外線について紹介

規則正しい生活

ターンオーバーを正常化させるためには、ストレスを抱えないよう規則正しい生活や食生活を心がけることも重要です。

適度な運動と睡眠によってホルモンバランスを整え、ターンオーバーを正常化させましょう。

また、美白に欠かせないビタミンは以下のような食材に含まれています。

  • ビタミンC……赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、キャベツ、キウイ、イチゴなど
  • ビタミンA……レバー、うなぎ、バター、卵、ニンジンなど
  • ビタミンE……ピーナッツ、ホウレンソウ、ブロッコリーなど

このような食べ物は、積極的にとるよう心がけましょう。

さらに、糖質や脂質を摂りすぎると皮脂の分泌が増えたり、腸内環境が乱れたりする可能性があります。

過度な制限はあまりオススメできませんが、各栄養素をバランス良く取り入れて食生活を乱さぬよう気を付けましょう。

まとめ

紫外線は肌にシミやそばかすを作り出してしまうだけではなく、皮膚がんの可能性を高めるなどの悪影響を及ぼすため、できる限り対策をとって紫外線を浴びすぎないようにする必要があります。

日焼け止めやサプリメントで日常の紫外線を防御しつつ、美容内服薬を服用して内側からもケアしていくことをオススメします。

今回ご紹介した内服薬は、ドラッグストアでも購入できるようなものもありますが、実は市販されているものと、クリニックで処方されるものは成分の含有量が異なります。

市販されているものは有効成分が含まれている量が少ないため、本気の美白ケアをお考えの方は、クリニックで医師の診断を受けて内服薬を服用するようにしましょう。

美白ケアをはじめたいという方、内服薬はどれがいいのかと迷っている方は、ぜひこの記事を参考に、クリニックに足を運んでみてくださいね。

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術クマクリニック選びケミカルピーリングコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダウンタイムダリアブライダルコースデメリットトランサミントリニティ・プラストレンドニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射プラセンタプラセンタ注射ヘリオケアボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリフトアップレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法再生医療切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。