銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

ヒト幹細胞とヒトプラセンタの違いは?それぞれの効果や選び方を紹介

ヒト幹細胞 ヒトプラセンタ 違い

肌の老化を防ぐアンチエイジングに効果的とされている「プラセンタ」。アンチエイジング効果が得られるとして、古くから活用されてきました。

しかし近年、プラセンタを超えるアンチエイジング効果をもつ成分として「幹細胞」を培養した際に分泌される培養液が話題となっています。

両者ともヒトや動物、植物由来のものがあり、豊富なサイトカイン(細胞の増殖や分化を促進するタンパク質全般のこと)を含む成分です。その中でもヒト由来の成分は、人体への親和性が高く効果も得られやすいといわれています。

では、近年新しく登場したヒト幹細胞培養液と、従来使用されてきたヒトプラセンタには、どのような違いがあるのでしょうか。

この記事では、ヒト幹細胞培養液とヒトプラセンタの美容効果をご紹介するとともに、2つの成分の違いや選び方もご紹介します。

ヒト幹細胞培養液の美容効果とは

ヒト幹細胞 ヒトプラセンタ 違い

ヒト幹細胞とは、ヒト由来の幹細胞です。ヒトの皮下脂肪から採取された幹細胞は安全性も高く、医療や美容分野でよく使用されています。

美容分野ではヒト幹細胞を培養する際に分泌される「ヒト幹細胞培養液」を使用した治療が行われており、肌細胞そのものを活性化させることが可能だと考えられています。

では、ヒト幹細胞培養液から得られる美容効果には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

以下は、ヒト幹細胞培養液の美容効果です。

  • シミやシワ、たるみの改善
  • 肌のキメを整える
  • 潤いやハリを与える
  • 美白効果
  • ターンオーバーを整える
  • 肌荒れを防ぐ

ヒト幹細胞を培養する際、培養液の中には幹細胞から分泌した豊富なサイトカインや成長因子、抗炎症因子、神経再生因子などが分泌されます。

それらが老化した細胞の力を呼び覚ますカギとなり、コラーゲンやヒアルロン酸などを増生してシミやシワ、くすみ、たるみを改善するなどのエイジング効果をもたらします。

ヒト幹細胞培養液は、ヒトの脂肪細胞などから採取されることが多いです。脂肪由来の幹細胞は、骨髄幹細胞や臍帯血幹細胞などよりも採取が容易にできるのが特徴です。その上、幹細胞の含有量が多いため、コスメの原料としても活用されています。

幹細胞について、こちらで詳しくご紹介しています。

幹細胞とは?美容に用いられる治療の特徴を紹介

幹細胞を用いた再生医療で得られる美容効果と治療の流れを紹介

幹細胞治療で若返りができる3つの理由と費用や副作用について紹介

幹細胞注射で効果が得られる肌悩みって?持続期間などを紹介

幹細胞でアンチエイジングが叶う?間葉系幹細胞の効果と病気の予防について紹介

幹細胞治療はほうれい線に効果あり?ヒアルロン酸との違いやおすすめの投与方法などを紹介

ヒトプラセンタの美容効果とは

ヒト幹細胞 ヒトプラセンタ 違い

ヒトプラセンタとは、ヒト由来の胎盤のことです。タンパク質やアミノ酸、ビタミン、ミネラルなど胎児の成長に必要な栄養素や成長因子が詰まっているため、美容分野でもよく使用されています。

古くから薬として活用されており、クレオパトラやマリーアントワネットもアンチエイジングのためにプラセンタを活用したといわれています。

以下は、ヒトプラセンタから得られる美容効果です。

  • シミやシワの改善
  • くすみの改善
  • 乾燥肌を改善してハリを与える
  • 美白効果
  • ターンオーバーを整える
  • 肌荒れを防ぐ

プラセンタは、牛や豚、馬などの哺乳動物からも採取できますが、ヒト由来のものの方がアレルギーを起こしにくいとされています。

ヒトプラセンタは、1個の受精卵をわずか10ヶ月ほどで約3kgにまで成長させられるほどの力を持つ栄養の塊です。

体内に原液を注入するプラセンタ注射や点滴での接種が効果的だといわれていますが、質と配合量がしっかりとしているコスメであれば、スキンケアに取り入れてみてもよいかもしれません。

ただし、コスメにはヒトプラセンタは配合されておらず、豚や馬などのプラセンタが使用されることが多いです。

牛由来のプラセンタは、狂牛病の発生を境に厚生労働省より原料としないことが通知されているため、基本的に市販されていることはありませんが、念の為原材料を確認するようにしましょう。

プラセンタ注射について、こちらで詳しくご紹介しています。

プラセンタ注射が50代にもたらす効果とは?デメリットや副作用も紹介

プラセンタ注射を打ってはいけない人は?おすすめできる5つのケースを紹介

プラセンタ注射に副作用はある?3つのメリットを紹介

ヒト幹細胞とヒトプラセンタの違いとは

ヒト幹細胞 ヒトプラセンタ 違い

アンチエイジングに効果があることやヒト由来、動物由来のものがあることなど、共通点も多い「幹細胞」と「プラセンタ」。

その中でも同じヒト由来の成分である「ヒト幹細胞」と「ヒトプラセンタ」にはどのような違いがあるのでしょうか。

ヒトプラセンタは医療でのみ使用可能

ヒト幹細胞培養液は細胞そのものを含んでいないことから、医療をはじめコスメなどにも利用されています。

一方のヒトプラセンタは、細胞そのものであるため、法律によって医療用での使用しか認められていません。

海外では、ヒトプラセンタを使用したコスメも販売されており、個人輸入であれば入手もできます。しかし、感染症のリスクを完全に取り除くことができていないので、注意が必要です。

ヒト幹細胞培養液は加熱処理が必要ない

美容やコスメで肌の細胞を活性化させるには、現時点では「ヒト幹細胞培養液」がもっとも効果的だといわれています。

ヒト幹細胞培養液は、安全が確認された無菌状態のクリーンルームで幹細胞を培養し、抽出されているため、加熱処理の必要がありません。

しかしプラセンタは、安全性を確保するために加熱での滅菌・殺菌処理がされています。成長因子などは45度以上になると分解をはじめ、有効成分が失われてしまいます。これは、ヒトプラセンタに限らず、ヒト幹細胞とプラセンタ全体との違いです。

失活したからといってまったく効果がないわけではありませんが、有効成分が失われずに作られるヒト幹細胞培養液とは、同等の効果が得られない可能性の方が高いといえるでしょう。

ヒト幹細胞とヒトプラセンタはどっちが良い?どう選ぶ?

ヒト幹細胞 ヒトプラセンタ 違い

ヒト幹細胞はクリニックでの注射や点滴のほか、コスメなどでも手軽に取り入れられるのが特徴です。一方のヒトプラセンタは、クリニックでしか取り扱われていません。

ヒト幹細胞とヒトプラセンタのどっちを選ぶべきかお悩みの方は、自分が何を重視すべきかで選ぶとよいでしょう。

たとえば費用を重視する場合は、高額になりがちなヒト幹細胞培養液を用いたクリニックの治療ではなく、手軽に購入できるコスメでヒト幹細胞を取り入れてみるのがおすすめです。

ヒトプラセンタを用いたクリニックでの治療も、1回の費用が安く済むのでコストの面ではおすすめですが、比較的頻繁に通院する必要があるので、自身のライフスタイルや予算に合わせて選ぶようにしましょう。

また、効果を重視するのであれば、クリニックでヒト幹細胞培養液を用いた治療を受けるのが断然おすすめです。

しかしヒトプラセンタも、体の代謝を上げていく効果などがあるので、用途によって使い分けるのもひとつの方法です。どちらが適しているかわからない場合は、クリニックで相談してみるとよいでしょう。

セルフケアについては、基本的にヒトプラセンタが使われているものはないため、ヒト幹細胞美容液などのコスメを使用するのがおすすめです。

ヒト幹細胞美容液の効果や副作用などについて、詳しくはこちらでご紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

ヒト幹細胞美容液の効果と選ぶ際の注意点を紹介

ヒト幹細胞は危険なの?美容液の副作用やリスクについて解説

ダリア銀座スキンクリニックでは、クリニックで施術を受けられない方にも幹細胞治療の効果を届けたいという思いから、成長因子を500種類以上含有するヒト幹細胞順化培養液の原液を100%使用した「Stemcell Booster Serum」の監修をいたしました。

当院が幹細胞の研究で提携している日本国内のラボで製造しているので、安心してお使いいただけます。全成分たったの6種類のシンプル処方で、肌本来の力を引き出す極上のアンチエイジングを、毎日のスキンケアに取り入れてみてください。

なお、ダリア銀座スキンクリニックでは「美容医療のサブスクリプション」もご用意しております。スタンダード、スペシャル、プレミアムの3つのプランから、お肌の状態やライフスタイルに合わせて選択可能です。

ヒトプラセンタを用いたプラセンタ注射や、幹細胞培養上清液点滴がお選びいただけるプランもございます。定期的に医師の診察やメニュー提案も受けられる安心の美容医療を、ぜひお試しください。

まとめ

ヒト幹細胞培養液とヒトプラセンタの美容効果や違い、選び方をご紹介しました。

ヒト幹細胞培養液とヒトプラセンタの主な違いは、医療用以外での使用が認められているかと、加熱処理がされているかです。

ヒト幹細胞培養液は比較的新しいものなので、長年使用されてきたプラセンタの方が安心感を得られると思われるかもしれませんが、効果はヒト幹細胞培養液の方が実感しやすいといえるでしょう。

また、ヒト幹細胞培養液はコスメでの使用も認められていることから、セルフケアでも手軽に取り入れやすいのが特徴です。本気でエイジングケアしたい方は、ヒト幹細胞培養液を使用した治療やコスメを選ぶことをおすすめします。

タグ

2021最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエニシーグローパックエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術クマクリニック選びケミカルピーリングコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダウンタイムダリアブライダルコースデメリットトランサミントリニティ・プラストレンドニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ注射ヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法再生医療切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。