銀座、新橋のサーマクール、ウルセラ、たるみ治療、美肌、スキンケア、専門美容皮膚科 ダリア銀座スキンクリニック DAHLIA GINZA SKIN CLINIC

ピコレーザーとは?照射方法&機器の種類とシミ取り放題の症例写真を紹介

ピコレーザー

「シミやそばかす、くすみのない美肌になりたい」「ニキビ跡が気になる」「毛穴の開きを改善したい」「タトゥーを除去したい」など、お肌にはさまざまな悩みがつきものです。

ピコレーザーでは、ピコトーニング・ピコスポット・ピコフラクショナルという3つのモードを使い分けることで、一人ひとりの肌悩みや希望に合わせた治療ができます。

ピコ秒という短い時間で照射を行うため、肌へのダメージや施術時の痛みを抑えて治療できることが特徴です。

この記事では、ピコレーザーについて詳しく解説します。また、ピコスポットでのシミ・そばかす取り放題の症例写真も合わせてご紹介しますので、これからピコレーザーを受けてみたいとお考えの方は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

目次

ピコレーザーとは?

ピコレーザーは、シミやくすみを始めとしてさまざまな肌悩みの治療ができるレーザー機器です。

これまで、シミ治療に使われてきたのは「ナノ秒(10億分の1秒)」単位の照射ができるレーザーでしたが、ピコレーザーではナノ秒の1000分の1秒の「ピコ秒(1兆分の1秒)」で照射可能です。

ピコレーザーは照射時間が極めて短いため、肌が受ける熱ダメージや痛みや少なく、色素沈着のリスクも軽減されました。

ピコレーザーの3つの照射モード

ピコレーザーには、以下の3つの照射モードがあります。悩みに合わせて照射モードを使い分けて治療を行います。

  • ピコトーニング
  • ピコスポット
  • ピコフラクショナル

一人ひとりの肌の状態や悩み、希望によっても適した照射モードは異なるため、カウンセリングでしっかりとドクターと話し合った上で自分に合った治療を受けましょう。

ピコトーニング:肝斑、くすみ、肌質改善

ピコトーニングは、低出力のレーザーを顔全体に照射することで、シミやくすみの原因であるメラニンを少しずつ減らしていく治療法です。シミやくすみ、肝斑、肌質改善におすすめの照射モードです。

肝斑は治療が難しいシミといわれ、高出力レーザーではかえって症状を悪化させてしまいかねないというリスクがありました。弱い力のレーザーを照射するピコトーニングの場合、肝斑の治療も可能です。

痛みやダウンタイムがほとんどないため、なるべくダウンタイムを抑えて治療したい人にもおすすめです。

【関連記事】

ピコレーザートーニングの特徴と効果、より高い効果を得るためのポイントも紹介

ピコスポット:シミ、そばかす、ほくろ

ピコスポット(ピコショット)は、シミやそばかすなど、気になる部分にピンポイントに高出力のレーザーを照射して、除去する治療法です。

出力は高いものの、ピコ秒という短い時間で照射を行うため、痛みやダウンタイムを軽減して治療が可能です。クリニックによってはピコスポットによるシミ・くすみの取り放題メニューなどもあり、気になるシミが多い場合におすすめです。

ダリア銀座スキンクリニックでも、ピコスポットの取り放題メニューをご用意しています。

【関連記事】

ピコスポットは薄いシミにも効果あり?効率的に消す方法も紹介

ピコスポットは濃いシミに効果あり!メリットや施術の流れなども紹介

ピコフラクショナル:凹凸・クレーター、毛穴開き

ピコフラクショナルは、強力なレーザーを無数の点状に照射することで肌の真皮層にまで刺激を与え、新しい皮膚の再生を促す治療法です。他の2つの照射モードとは異なり、肌の色味ではなく凹凸・ニキビ跡のクレーター、毛穴開きなどの改善に向いています。

レーザーによって目には見えないほどの微細な穴を空けることで創傷治癒力を引き出し、皮膚の再生を促します。コラーゲンやエラスチンの生成を促進する作用もあるため、肌のハリ・弾力アップといった効果も期待できます。

ピコ秒で照射可能なピコフラクショナルの場合、従来のフラクショナルレーザーと比べて刺激やダウンタイムを抑えて治療できることもメリットです。タトゥー・刺青の除去にも使われます。

ピコレーザーの施術で期待できる効果

ピコレーザーでは、3つの照射モードを使い分けることで、以下のようにさまざまな肌悩み・肌トラブルの改善を目指すことができます。

  • シミやそばかすの除去
  • くすみや肝斑、色素沈着の改善
  • 肌のトーンアップ
  • 毛穴の開き、ニキビ跡、小ジワ
  • アートメイクの除去
  • タトゥー除去・ほくろ除去 など

ピコスポットでシミ取りをして、ピコトーニングでくすみや肌質を改善するといった組み合わせ治療も可能です。

【関連記事】

ピコレーザーの5つの効果と平均的な治療回数を紹介

ピコレーザーはニキビ跡に効果あり!照射モード別に最適な症状を解説

ピコレーザーの効果が出るのはいつから?

ピコレーザーの施術後は、レーザーによって破壊したメラニン色素が肌のターンオーバーによって排出されていくため、施術から1ヶ月ほどすると効果を実感しやすいでしょう。

ピコスポットの場合、照射から2週間ほど経過する頃にはシミがかさぶたになって剥がれ、新しい皮膚が現れてきます。

ピコレーザーの効果的な施術頻度・回数は?

ピコレーザーを受ける施術頻度や回数は、治療の目的によっても変わってきます。

1回だけの施術でも肌のトーンアップ効果を感じられることがありますが、基本的には肌悩みや希望に応じた回数の施術を繰り返し受けるのがおすすめです。

以下は、ピコレーザーの照射モード別の施術頻度・間隔と施術回数の目安です。

照射モード 施術頻度・間隔の目安 施術回数の目安
ピコトーニング 2週間に1回 3~4回(肝斑の場合は5〜6回)
ピコスポット 6ヶ月に1回 2~3回
ピコフラクショナル 1ヶ月に1回 3~4回

「シミを消したい」「濃いシミを薄くしたい」など、一人ひとりの希望によっても必要な回数は変わってくるため、気になる方は事前のカウンセリングで大体どのくらいの回数が必要になりそうか、ドクターに聞いてみるといいでしょう。

【関連記事】

ピコトーニングはどのくらいの間隔で受ける?その他の施術との併用についても解説

ピコレーザーの機器の種類

ピコレーザーの機器には、さまざまな種類が存在し、それぞれ特徴が異なります。

クリニックによってどのピコレーザーの機器を取り扱っているかが異なるため、カウンセリング予約前に前もって確認しておきましょう。

以下で、ピコレーザーの機器の中でも代表的な5つの機種を表でご紹介します。

  波長 パルス幅 特徴
ピコウェイ(シネロンキャンデラ社)
  • 532nm
  • 730nm
  • 1064nm
300~450㎰
  • 厚生労働省、FDA認可
  • すべての色調に対応し、さまざまな濃さのシミ・くすみ、タトゥーに効果的
ピコシュア(サイノシュアー社)
  • 532nm
  • 755nm
550~750㎰
  • FDA認可
  • 世界初のピコ秒レーザー
  • 755nmの波長を持つアレキサンドライトレーザーを搭載
スペクトラピコ(ルートロニック社)
  • 532nm
  • 595nm
  • 660nm
  • 1064nm
750㎰
  • 4つの波長を使い分けることでほぼすべての色の除去が可能
  • 従来レーザーは難しかった小さな粒子の破壊が可能で、小さなシミにも効果的
エンライトンⅢ(キュテラ社)
  • 532nm
  • 670nm
  • 1064nm
750~2000㎰
  • 厚生労働省、FDA認可
  • ピコレーザーとナノレーザーの両方を照射でき、さまざまなシミに対応
  • 他のピコレーザーに比べてパルス幅が長い
  • 最大パワーが強い
ディスカバリーピコプラス(クアンタ社)
  • 532nm
  • 694 nm
  • 1064nm
370~450㎰
  • 厚生労働省、FDA認可
  • 短いパルス幅での照射により痛み・ダメージを軽減
  • 色ムラ改善、タトゥー除去に効果的

ピコレーザーのメリット・デメリット

ピコレーザーには、メリットもあればデメリットもあります。治療を受ける際には、メリット・デメリットの両方を把握した上で納得して治療を受けるようにしましょう。

メリット

まずは、ピコレーザーのメリットを見てみましょう。

  • 肌へのダメージや痛みが少ない
  • 少ない施術回数でも高い効果が期待できる
  • ダウンタイムを抑えられる
  • 炎症後色素沈着のリスクが少ない
  • 照射モードの切り替えでさまざまな肌悩みを治療できる

ピコレーザーは、従来のレーザーと比較して肌へのダメージが抑えられることや、少ないダウンタイムで治療可能です。ダメージが少ない分、炎症後色素沈着のリスクも軽減できます。

また、メラニン色素の粒子を細かく粉砕できるため、少ない施術回数で高い効果が期待できることもメリットです

また、ピコトーニング・ピコスポット・ピコフラクショナルという3つの照射方法を切り替えることでさまざまな肌悩みを治療できます。

デメリット

一方で、ピコレーザーにはデメリットもあります。

  • 施術料金がやや高い傾向にある
  • 色素沈着など肌トラブルを起こす可能性もある
  • かさぶたができることがある

ピコレーザーは、従来のレーザーに比べるとやや施術料金が高くなる傾向にあるようです。

また、ダメージを抑えて治療できるものの、肌トラブルや副作用のリスクがゼロになるわけではありません。安心して治療が受けられるよう、信頼できるクリニックで施術を受けることが大切です。

ピコレーザーは従来のレーザーと比べるとかさぶたができにくいものの、ピンポイントで照射するピコスポットなどではかさぶたができることもあります。かさぶたが出来た場合も自然に剥がれていくため、無理に剥がさないように注意しましょう。

ピコレーザー(ピコスポット)の症例写真

ここからは、当院でピコスポットのシミ・そばかす取り放題の施術を受けたYUKI様(@yuki__jsm)の症例をご紹介します。

Q:自分の顔の悩みなどを教えてください。特に気になる部位はどこですか?

これから年齢を重ねて行くにつれ、気になってくる箇所である薄いシミを今のうちからケアしていきたいと思っていました。

今まではコンシーラーの上から更にファンデーションを重ねて隠すメイクをして来ていましたが、マスク必須の時代になり、メイクのよれが気になる上、やはり厚化粧は避けたいという気持ちがありました。

目標を脱ファンデーションに設定し、毎月ダリア銀座スキンクリニックさんでピーリングを受けるように数年前からなってから、近年はパウダーファンデーションを薄く塗る程度のベースメイクに変えることができました。

メイクをしていると周囲からは分からないとは言われますが、自身ではメイクでは隠しきれない薄いシミが気になり、こう言った時にやはりコンシーラーでないとカバーしきれないなと感じます。

Q:ピコレーザーに決めたきっかけについて教えてください。

1番はやはりシミを今のうちに撃退しておきたい!この一心ですかね。あとはシミ取りだけでなく、くすみにも効果的と聞き、ピコレーザー治療を選ぼうと思いました。

1度でどれくらい日々気になっているシミが薄まるか、とても楽しみです。

Q:治療を受けるにあたって、不安な点や気になる点はありましたか?

治療箇所がお顔と皮膚が比較的薄い敏感なパーツへの治療なので、痛みがあるのかどうかが不安でした。

【↓画像】ピコレーザーを受ける前の写真

ピコレーザー 施術前

ピコレーザー 施術前

施術前の丁寧なカウンセリングで悩みに合った治療を選択

Q:予約やカウンセリングはいかがでしたか?

いつもですが、今回もとてもスムーズに予約をさせていただけました。

カウンセリングもですが、いつも悩んでる内容をお伝えし、2、3個治療の提案をメリットと共に教えてもらい、その中から今の自分に必要な治療を納得してから決めています。

クリニックへ訪れたのはかれこれ3年程前だと記憶しておりますが、初めて訪れた時からとても清潔感に溢れていて綺麗で居心地がいいなと感じていました。

看護師さんは皆様穏やかで優しくいつも安心感があります。ドクターもカウンセリングをしっかりしてくださるので肌トラブルの相談がいつもしやすく悩みを打ち明けやすいです。

また、施術後は設備が整ったメイクルームへ案内してもらえるので治療後でも人と会うスケジュールを入れることも出来るのが有り難いです。

Q:施術前日の過ごし方や当日の用意について教えてください

施術前日の過ごし方は特に意識していません。施術後はやはり今回はじめてのピコレーザーですので、ダウンタイムが気になりLINEから質問させてもらった所、

「翌日からメイクは可能なのでコンシーラーで隠すことは出来ますが、かさぶたになる可能性もあるのでいつもよりはメイクがしにくい状態になるという事」と「大事なご予定がある場合はダウンタイムを1~2週間はお取りいただける日程でご予約を取ってください」と教えてくださったので安心できるスケジュールで前もって予約することができました!

また翌日からメイクも可能なので特に用意したりは今回してません。

ピコレーザーの施術開始!

Q:施術はどんな流れで進みましたか?

はじめに洗顔をしました。洗顔後は何もつけない状態で医師によるカウンセリングがあり、気になる箇所を話しながらマーキングをしてもらいました。

その後マークは一度メイク落としで拭き取り、施術室へ移動し顔全体に麻酔を湿布してもらい、20分後にまた医師による施術箇所を確認後、照射しました。

その後、看護師さんによるテープの貼り付けとお薬を塗って終了と言った流れでした。

【↓画像】ピコレーザー施術中の様子

ピコレーザー 施術中 ピコレーザー 施術中 ピコレーザー 施術中

ピコレーザー(ピコスポット)では、レーザーをお顔に照射するため、輪ゴムで弾かれるような痛みが生じることがあります。
我慢できる程度で、基本的に麻酔なしでも行なえますが、痛みが心配な方はご希望に応じて麻酔クリームや麻酔テープの使用が可能です。

YUKI様の場合、痛みの緩和のために麻酔クリームを塗布してから施術を行いました。

Q:施術直後の感想を教えてください。施術中・施術後の痛みはどうでしたか? 

痛いイメージがありましたが、麻酔をしてもらっていたおかげで痛みはほぼありませんでした。

強いて言うなら、頬骨辺りや目尻の箇所が少しパチンとゴムで弾かれるような感覚がありましたが、施術中は特に問題ありませんでした。

施術後は照射箇所が火傷した時のようなヒリヒリと痛む感じがありましたが、30分ほどで気にならない痛みへと変わりました。

Q:施術後、肌の見た目に赤みや腫れ・むくみなどはありましたか?

照射箇所が時間が経過するごとに少しずつ赤くなっていき、ぷっくりとした感じがしました。浮腫は気になりませんでした。

Q:外用薬などは処方されましたか?

塗り薬を処方していただきました。また希望をしたので別途、摩擦などから施術箇所を守る保護テープも一緒に出してもらいました。

【↓画像】ピコレーザー施術直後の写真

ピコレーザー 施術直後

ピコレーザー 施術直後

ピコレーザーの施術後〜ダウンタイム・経過

Q:ピコレーザー施術後の肌の変化・経過について教えてください。

◆施術当日夜

施術後、看護師さんよりお顔にテープとお薬を塗っていただいたので変化は目には見れなかったので分かりませんが当日夜はすでにヒリヒリ感もなく、シャワー浴にはなりましたがいつも通りのスキンケアをし、ぐっすり眠ることができました。

【↓画像】施術翌日

ピコレーザー 施術翌日

ピコレーザー 施術翌日

こちらも同様まだテープを貼ったままでの感想になってしまいますがテープ越しにうっすらと照射した箇所の色味が強まりホクロにテープを貼ってるのかな?と感じるような箇所が3箇所ほどありました。

(鼻上/目尻横2箇所)←特に元々自身で気になっていた部分になります。

【↓画像】施術から3日目

ピコレーザー 3日後

ピコレーザー 3日後

テープがちょうど剥がれスキンケアが更にしやすくなりました!見た目はそばかすのような感じです!

【↓画像】施術から7日目

ピコレーザー 7日後

ピコレーザー 7日後

ちょうど7日目から泡立てた洗顔後にかさぶたが綺麗に剥がれメイク時もコンシーラーで隠す必要がなくなりました!

【↓画像】施術から14日目

ピコレーザー 14日後

ピコレーザー 14日後

14日目はほぼコンシーラーを塗らなくても気にならない見た目になりました!またかえりシミにならない様日焼け止めをこまめに塗る様心がけております。

【↓画像】施術から1ヶ月後

ピコレーザー 1ヶ月後

ピコレーザー 1ヶ月後

元々目立つシミでなかった為 大きな変化はありませんが完全なシミになる前からこうして治療をして行く事が出来てよかったです!

特に肌荒れすることも無く無事に約1週間のダウンタイムをやる過ごしお肌の調子もいいです♪

Q:ダウンタイム期間中に赤み・腫れ・痛みなどはありましたか?

元々痛みに強い方なのもあり、今回自身のこれまで受けて来た中では無痛の施術に分類できると思いました。朝起きた時もお風呂上がりも特に痛みや違和感は直後からずっとありませんでした。

ダウンタイムですが、テープを貼っている方が少し大袈裟に目立つなと感じました。3日目よりテープが自然と剥がれましたので、そこからはテープ無しで過ごしてましたが、

マスクを外すと照射箇所がポツポツとそばかすがある人のような印象のダウンタイムでした。

Q:ダウンタイム中に気をつけていたことはありますか?

洗顔はいつも以上にモコモコの泡を作ってから優しく洗っていました。なるべく施術箇所に摩擦が起こらないよう、日中も寝る時も気をつけてました!

ピコレーザーの施術を終えて

Q:施術後、誰かに会いましたか?どんな反応がありましたか?

職場の同期とは毎日会っていて、私の施術前もダウンタイム中もその後も知ってくれているのですが『お肌元々綺麗だけどやって良かったね、私もやってみようかな!』って反応がありました♪

ちなみにその友人も、ダリア銀座スキンクリニックさんでピーリング通ってるそうです笑

Q:ピコスポットの施術を受けてみて気づいたことを教えてください。

メイクをすれば分からない程度のシミだったので、もしかしたらもう少しシミが目立ってからの施術でも良かったのかな?と思った時も何度かありました!ですがやはり早期発見!ではありませんが今回やってもらえてよかったです!

コンシーラーを使わなくなったのでよりベースメイクが自然になった上、時間も短縮できています♪

Q:ピコスポットの施術で一番どんな点に効果を感じましたか?

細かいシミはやはり反応が完全にしてない箇所もありますが、大きめ(ホクロサイズ)だとシミが薄まった感じがあります。

Q:施術を受けた全体的な感想を教えてください。

上記と少し被ってはしまうのですがダウンタイムが1週間と少し長いな、、、と初めは敬遠していた治療でしたが自分自身も満足しており、周りの人からの反応もとても良かったので思い切って体験してみてよかったです!

コンシーラーを使わなくなったのと、他にも私はこのクリニックで他の肌治療を前々からさせて頂いてる為、薄メイクでもとても自信が持てるお肌へと着々と近づけてる気がしてます♪ あとお仕事先や周りの友人からお肌がいつも綺麗だね!と褒められる機会がとても増えた事がなにより嬉しいですね♪

これまで私はメイクでどうにかカバーして来ましたが、スッピンでもお肌が綺麗!と言う幸せを今回、体感する事ができました!

ピコスポットをしてみようかと悩んでる人がいたら、是非1度試してみる事を私はおすすめしたいです♪ 

ピコレーザーのビフォーアフター

ピコレーザー ビフォーアフター

ここでは、ピコレーザー(ピコスポットのシミ・そばかす取り放題)のビフォーアフターをご紹介します。画像上から施術前・施術直後・施術1ヶ月後の経過です。

治療内容 ピコスポットは、気になるシミやそばかすにピンポイントでレーザーを照射する治療法です。
治療期間・回数 治療期間:1日、治療回数:1回
費用(自由診療となります) 総額:88,000円(ピコスポット取り放題)
副作用・リスク かさぶた、色素沈着、色調増強、強度の反応(発赤、ビッグクラスト)、疼痛、腫脹、乾燥肌

※ピコレーザー(ピコスポットシミ取り放題)の経過や効果には個人差があり、すべての方が同じ効果を得られるわけではありません。

※未承認医薬品・医療機器等
当院では、厚生労働省の承認を取得したSyneron-Candera社製(シネロン・キャンデラ)のピコウェイを使用しております。

※入手経路等
国内販売代理店経由で入手しております。

※国内の承認医薬品等の有無
同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。

※諸外国における安全性等に係る情報
米国でFDA(米国における厚生労働省)の認可を取得しています。

ピコレーザーのダウンタイム・アフターケアについて

ピコレーザーの照射後は肌が敏感な状態になるため、しっかりとしたアフターケアを行うことが重要です。

日焼け止め、日傘や帽子、サングラスなどで紫外線対策を徹底し、洗顔やクレンジング、スキンケアのときも摩擦を避け、患部を刺激しないように丁寧に行いましょう。

また、乾燥防止のための保湿ケアも大切です。シミに効果的なビタミンAなどが配合されたスキンケアアイテムを使ってケアをするのもおすすめです。

【関連記事】

ピコレーザー後のお肌はどうなる?注意点と後悔しないためのセルフケア

ピコレーザーで失敗することはある?

ピコレーザーはダメージやダウンタイム、痛みを抑えて治療できる方法ですが、場合によっては失敗につながってしまうこともあります。ピコレーザーの失敗例としては、以下のようなものがあります。

  • シミが消えなかった
  • シミが濃くなった、増えた
  • 肝斑が悪化した
  • 赤みや痛みが消えない
  • 色素沈着が起きた など

【関連記事】

ピコレーザーで失敗するとシミが悪化する?症状や対処法・予防法を解説

ピコレーザーで失敗・後悔しないためのポイント

ダウンタイムを抑えてさまざまな肌悩みを治療できるピコレーザーですが、失敗や副作用といったリスクもあります。以下は、ピコレーザーで失敗・後悔しないためのポイントです。

  • 経験と実績があり、信頼できるクリニックを選ぶ
  • クリニックのアフターフォロー体制を確認しておく
  • ダウンタイム中に念入りなアフターケアを行う

まずは、確かな技術を持った信頼できるクリニックでの治療を受けることが大切です。万が一肌トラブルが起こってしまったときのことも考えて、アフターフォローが充実しているかも確認しておきましょう。

また、施術後の毎日のアフターケアも非常に大切です。丁寧なケアを行い、肌トラブルを予防しましょう。

クリニックの選び方については下記の記事でもご紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

ピコレーザーはシミ取りにおすすめ?クリニックの選び方と施術の流れも紹介

ピコレーザーの施術の流れ

ここでは、ダリア銀座スキンクリニックのピコレーザーの施術の流れをご紹介します。

  1. カウンセリング
  2. 洗顔・クレンジング
  3. ピコレーザーの照射
  4. アフターケア
  5. 終了

カウンセリングでは、患者さまのお悩みやご希望を伺い、適した波長や出力など治療についてご説明します。不安な点、気になる点があればどんなことでもお気軽にご相談ください。

施術中は出力を調整しながら照射を行っていきますので、気になることがあればお声掛けください。レーザー照射が終わりましたらアフターケアをして、治療終了です。

ピコレーザーでは直後からメイクしてお帰りいただくことが可能です。

ピコレーザーの費用相場

ピコレーザーの治療は原則として保険が適用されない自由診療で、治療にかかる費用はクリニックによって異なります。また、消したいシミやタトゥーの大きさも料金に影響する部分です。

あくまで目安ですが、ピコトーニング(全顔)で15,000円~60,000円、ピコフラクショナル(全顔)で30,000円~70,000円が目安です。

ピコスポットは直径5mm以内であれば5000円〜10,000円ほど、直径20mm以内であれば20,000円〜40,000円ほどが目安です。ピコスポットにはシミ取り放題メニューが設定されていることもあります。

ピコレーザーのQ&A

ここでは、ピコレーザーに関連するよくある質問をご紹介します。

Q:ピコレーザーは痛みはある?

A:ピコレーザーの痛みは、照射モードによっても変わってきます。

  • ピコトーニング……低出力のレーザーを広範囲に照射するため、痛みが少ない
  • ピコフラクショナル、ピコスポット……輪ゴムで弾かれるような痛みを感じることがある

出力の弱いレーザーを均一に照射するピコトーニングの場合、ほとんど痛みはありません。ピコフラクショナルやピコスポットの場合、輪ゴムでパチパチ弾かれたような痛みを感じることがあります。

タトゥー除去の場合は、チクチク刺すような痛み、熱による痛みを感じることもあるようです。痛みが心配な方は、施術前に麻酔クリームや麻酔テープを使用することで痛みの軽減もできるため、事前に相談しておくといいでしょう。

Q:ピコレーザーは他の施術と併用可能?

A:ピコレーザーは、他の施術とも併用可能です。

ダリア銀座スキンクリニックでは、ピコトーニングのオプションとして「サリチル酸マクロゴールピーリング」「マッサージピール」をご用意しています。その他の施術との併用については以下の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

ピコトーニングはどのくらいの間隔で受ける?その他の施術との併用についても解説

Q:ピコトーニング・スポット・フラクショナルは同時に施術できる?

A:クリニックによりますが、異なる照射モードのピコレーザーを同日に重ねて照射可能なところもあります。

「ピコトーニング+ピコスポット」「ピコトーニング+ピコフラクショナル」と2種類の同時照射を行っているところもあれば、3つすべてを1日で同時照射可能なクリニックもあるようです。

Q:ピコレーザーは保険適用される?

A:美容を目的としたピコレーザー(ピコトーニング・ピコスポット・ピコフラクショナル)による施術は、基本的には保険が適用されない自費診療となります。

ただし、シミの種類によっては保険が適用されるケースもあります。例えば、以下のようなシミです。

  • 太田母斑
  • 扁平母斑
  • 異所性蒙古斑
  • 外傷性色素沈着(外傷性刺青)

詳しくは下記の記事でも解説しているので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

ピコレーザーが保険適用になる可能性が高いシミとならないシミとは?

Q:ピコスポットとピコトーニングはどちらを先にやればいい?

A:色の濃さや種類の違う複数のシミが顔にある場合などは、ピコスポットとピコトーニングの2つを組み合わせた治療も効果的です。

この場合、治療の順番は肌の状態や希望によっても変わってきます。

  1. 色のしっかりしたシミが多い場合、ダウンタイムを取れる場合……最初にシミにピコスポットを照射し、その後ピコトーニングを繰り返して薄いシミや色素沈着を薄くしていく
  2. 濃いシミと薄いシミが混在している場合、反応を見ながら治療を進めて行きたい場合……ピコトーニングを行いながら様子を見てピコスポットを追加する
  3. シミが薄い場合、ダウンタイムをなるべく短くしたい場合……ピコトーニングを繰り返して肌全体のシミやくすみにアプローチし、残ったシミにピコスポットを照射する

上記は一例ですが、適した順番は患者さま一人ひとり異なるため、詳しくはカウンセリング時にドクターに相談してみましょう。

ピコレーザーで悩みに合わせた美肌治療を!

ピコレーザーでは、従来のナノ秒レーザーよりも短い時間で照射ができるため、痛みを抑えて治療できます。ダウンタイムが気になってなかなかシミ取り治療に踏み切れなかったという方や、痛みを抑えて治療したい方にもおすすめです。

ただし、施術後は赤みが出たり、かさぶたができることもあります。施術後は保湿や紫外線対策など丁寧なアフターケアが必要になるため、きちんと余裕を持ったスケジュールを立てた上で治療を受けるようにしましょう。

ダリア銀座スキンクリニックでは、患者さま一人ひとりのお悩みやご希望に合わせたピコレーザー治療を行っております。ピコレーザーの他にもさまざまな美容医療の施術メニューをご用意しておりますので、「自分に合った治療がわからない」という方もぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

タグ

2021最新2024最新50代PRPPRP療法Q&AVIOアートメイクアイテムアイラインアートメイクアゼライン酸アフターケアいちご鼻インターバルヴェルベットスキンウルセラエクソソームエニシーグローパックエムディアエラスチンエラボトックスオーダーメイドサプリメントおすすめおすすめの施術カナグルクマクリニック選びグルタチオンケミカルピーリングコラーゲンコンビネーションサーマクールサプリメント処方シーセラムシナールシミスネコスゼオスキンセラピューティックプログラムセルフケアセルフダーマペンダーマペンダイエットダイエット点滴ダウンタイムダリアブライダルコースたるみデメリットドクターズコスメトランサミントリニティ・プラストレンドナビジョンニキビ跡ハイドロキノンハイフピーリングヒアルロン酸ヒアルロン酸注射ピコスポットピコトーニングピコトーニンングピコレーザープラセンタプラセンタ内服薬プラセンタ注射ヘアラインアートメイク、アートメイクヘリオケアほうれい線ボトックスマイルドコースマスクマッサージピールミラノリピールミラミンメディカルダイエットメリットメンテナンスプログラムリスクリビジョンスキンケアリフトアップリベルサスレーザーレーザーフェイシャル主成分併用使用方法全身脱毛再生医療切らないリフトアップ切らない施術副作用効果効果期間医療脱毛変化なし失敗失敗例対策幹細胞幹細胞コスメ幹細胞培養上清液幹細胞治療必要回数持続期間整形施術おすすめ施術ペース施術手順日焼け止め比較毛穴毛穴ケア毛穴悩み気をつけること水光注射治療回数注射注意点洗顔料点滴特徴特長痛み白玉点滴皮むけ目の下のたるみ眉アートメイク種類糸リフト組み合わせ経過美容内服薬美容医療デビュー美容点滴美容脱毛肌悩み肩ボトックス脱毛効果若返り術後の注意複数回治療費用過ごし方違い選び方配合成分長持ち長持ちさせるコツ間葉系幹細胞順番頬がこける高濃度ビタミンC注射高濃度ビタミンC点滴

お問い合わせCONTACT

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。